キャンプ場

【東京】お昼以降の遅いチェックアウトが出来るキャンプ場5選!

もめ
もめ

こんにちは、もめ(@momecamp0121)です。

キャンプしていると、たまに思いますよね…「チェックアウトがもう目前だ!!」と。

時間に余裕が無いのが嫌だな~なんて人は、チェックアウトが遅めのキャンプ場を選んでみるのがおすすめ!今回は東京にあるキャンプ場で、お昼以降の遅いチェックアウトができるキャンプ場を紹介します。

お昼以降の遅いチェックアウトが出来るキャンプ場【5選】

①若洲公園キャンプ場

出典:若洲公園キャンプ場

若洲公園キャンプ場は東京の広い海上公園内にあるキャンプ場で、東京にいながらBBQやキャンプを楽しめると人気のキャンプ場です。

そんな若洲公園キャンプ場の特徴の一つに、その利用料の安さがあります。追加料金を支払って11時から翌日の21時までいたとしても1人900円。とってもお安いですよね。

しかも21時まで利用できるキャンプ場は、なかなかありません。

東京湾に面する海上公園なので、自然豊かなキャンプ場とは少し違いますが、広々した芝生でのキャンプやBBQはとっても気持ちいいはず。

たっぷりと気軽にキャンプを楽しみたい!なんて方にはおすすめのキャンプ場ですよ。

サイトの種類 芝生(区画)
料金例 900円/人(11時~翌21時まで)
チェックイン/アウト 11時/翌10時or21時(追加料金)
その他備考
  • 休場日有り(毎週火曜・年末年始)
  • 事前予約制(電話のみ)
ホームページ https://www.tptc.co.jp/park/03_09/camp#p-cont04

②川井キャンプ場

出典:川井キャンプ場

川井キャンプ場は、東京奥多摩地域にある広い河原が特徴のキャンプ場です。自然豊かな川沿いのキャンプ場にも関わらず、都心からは車で2時間の好アクセス。

気軽に自然豊かなキャンプを楽しむ場所にぴったりです。

そしてチェックインが早く、追加料金を支払えば2日目は16時まで利用することができるのもこのキャンプ場の特徴です。

8時半にチェックインして、翌日の16時までいることができたら、のんびりキャンプができること間違いなしですね。

さらに直火ができるキャンプ場としても貴重な場所です。

サイトの種類 河原・林間
料金例(河原フリーサイト) 1000円/人+600円/人(延長分)
チェックイン/アウト 8時半/翌10時or16時
その他備考
  • 別途駐車場料金有
  • 直火可
  • 1グループ5名まで。6名以上10名以下の場合は5名以下に分散。最大10名。
  • 備品・レンタル販売有
ホームページ https://www.okutamas.co.jp/kawai/

③氷川キャンプ場

出典:氷川キャンプ場

氷川キャンプ場も先ほどの川井キャンプ場と同じく奥多摩地域に位置する、自然豊かなキャンプ場です。

テント泊の他、ロッジのような宿泊施設も用意されているので、外で寝るのはまだちょっと不安、、、なんて方にもおすすめのキャンプ場です。

このキャンプ場も追加料金を支払えば最大で翌日の16時までいることができるので、ゆっくりキャンプを楽しみたい方も満足できる時間を過ごせるはずです。

場内にはカフェがあったり、周辺にはカヌー・カヤックの体験教室があるそうです。キャンプ以外にも楽しめますね!

サイトの種類 河原
料金例 1000円/人+600円/人(延長分)
チェックイン/アウト 8時半/翌10時or16時
その他備考
  • 土曜日・連休中のみ予約制。それ以外は当日受付。
  • 1グループ5名まで。6名以上10名以下の場合は5名以下に分散。最大10名。
  • 備品・レンタル販売有
ホームページ https://www.okutamas.co.jp/hikawa/

④城南島海浜公園キャンプ場

出典:城南島海浜公園キャンプ場

城南島海浜公園キャンプ場は、東京湾に面する海上公園内のキャンプ場です。

こちらのキャンプ場も追加料金を支払えば最大で翌日21時まで利用することができるのんびりキャンプにぴったりなキャンプ場。

そしてこのキャンプ場の最大の特徴は羽田空港と隣接していること。え?空港と隣接しているなんでうるさいのでは?と思いますよね。

実際、騒音はすごいようです(笑)。

でも、空港に隣接しているキャンプ場なんて他にありませんよね。そういう意味では飛び立つ飛行機をテントから眺められる貴重なキャンプ場なんです。

飛行機鑑賞キャンプなんていかがですか?

サイトの種類 芝生(区画)
料金例 900円/人(11時~21時まで)
チェックイン/アウト 11時/翌10時or21時
その他備考
  • 休場日有(毎週水曜日・年末年始)
  • 羽田空港や工場と隣接したキャンプ場
ホームページ https://seaside-park.jp/park_jonan/bbq/#01

⑤清水苑キャンプ場

出典:清水苑キャンプ場

清水苑キャンプ場は、奥多摩地域にある川を望むことができるキャンプ場。このキャンプ場の特徴は、通常のチェックアウト時間が他のキャンプ場よりも少しだけ遅いこと。

チェックインは12時で、チェックアウトも12時です。通常は10時頃チェックアウトのキャンプ場が多いですが、清水苑は2時間ほど長くて12時です。

追加料金なしで12時まで利用できるって、結構嬉しいんですよね。

まず朝はのんびりできるし、です。キャンプではこの2時間の差って意外と大きい。

大人から子供まで楽しめる川が横に流れているので、たっぷり川遊びがしたいファミリーキャンパーさんなんかにもおすすめのキャンプ場ですね!

サイトの種類 林間
料金例 2000円/張
チェックイン/アウト 12時/翌12時
その他備考
  • 11月~4月休場
  • 備品・レンタル販売有
ホームページ https://hinohara-kankou.jp/member/shimizuen/

東京でも!遅いチェックアウトができるキャンプ場でゆったりキャンプを楽しもう

出典:筆者Twitter

今回は東京都内にあるキャンプ場で遅いチェックアウトができるキャンプ場を紹介しました。

キャンプでの朝、起きた時に「あぁ…これからすぐにテント撤収するのか…」と、いつもちょっと落ち込んでしまうみなさん。

チェックアウトが遅いキャンプ場で、心にゆとりが生まれるのんびりキャンプを味わってみてはいかがでしょうか!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

もめ

もめ

ゆるキャン△のしまリンに憧れて、2019年冬にキャンプデビュー。ソロキャンプや一人旅が大好きです。バイクの免許を取ってキャンプツーリングの旅に出るのが直近の目標。キャンプや一人旅についてのブログも運営中(https://momesolo.com/)。