寝袋

/

【レビュー】アドベンチャークッションバッグC5は車中泊におすすめ!

きなこ

キャンプで快適に眠るために必要なシュラフ(寝袋)ですが、みなさんは何を使っていますか?

私はColemanの「アドベンチャークッションバッグ/C5」を使っています。

収納袋がクッション型になっているシュラフで、使わないときもクッションとして使えるのが魅力です。

しかも快適温度が5℃なので、春から秋まで3シーズン使用できます。

今回は、そんな「アドベンチャークッションバッグ/C5」の使用感をレビューします。ぜひシュラフ選びの参考にしてください。

アドベンチャークッションバッグ/C5とは?

出典:Coleman

アドベンチャークッションバッグ/C5は、Coleman(コールマン)が2021年に発売したシュラフ(寝袋)です。

収納ケースがクッション型になっており、シュラフを使わないときもクッションとして使用できます。

1枚のサイズが約150×190cmとなっており、ファミリーキャンプや車中泊に適しているのが特徴です。

定価は1万円を超えていますが、サイトによっては7,000~8,000円ほどで購入できます。

商品情報

商品名 アドベンチャークッションバッグ/C5
定価 11,800円
使用サイズ 約150×190cm
約75×190cm(分割時)
収納サイズ 約45×45×15cm
重量 約3.4kg
素材 ポリエステル
快適温度 5℃

ネット上の口コミ

普段はクッションとして後部座席に使用しています。収納時にも利用できるのがうれしいです。

ふかふかなので使い心地が良いです。家族と一緒でも、個人でも使えるのがうれしいポイント。ただ、ゴミやほこりは付きやすいです。

アドベンチャークッションバッグC5の魅力

ミニバン車中泊に適したサイズ感

出典:Coleman

アドベンチャークッションバッグ/C5は、1枚の幅が約150cmあります。

ミニバンに丁度よいサイズに作られていて、車中泊にも使えるのがポイントです。

また、小さな子どもがいる家庭では、家族みんなで使うシュラフとしても使用できます。

こちらは自宅のSUV、BMW X4に敷いた様子です。

シュラフの方が多少大きいですが、問題なく使用できますよ。

長く使える3シーズン用

アドベンチャークッションバッグ/C5の快適温度は5℃です。

シュラフを選ぶ際、実際は快適温度+5℃の外気温が目安になるため、このシュラフは「気温10℃前後」で使うのにピッタリ。

春先のキャンプにはもちろん、夏でも標高の高い場所では寒くなることがあるため、1つ持っていると安心できますよ。

封筒型なので温度調節しやすいのも魅力です!

収納時にクッションになる

出典:Coleman

アドベンチャークッションバッグ/C5は、使わないときにクッションとして使用できます。

車では後部座席に置いておき、自宅では普通のクッションとして使うなど、シュラフとして以外にも活躍の場があるのが魅力です。

クッションとして普段から車に積んでおけば、キャンプ中急に寒くなってきても安心ですよ。

洗濯機で丸洗いOK

シュラフを使っていて困るのがお手入れですよね。

アドベンチャークッションバッグ/C5は、素材にポリエステルを使用しており、自宅の洗濯機で洗濯ができます。

ただし、上下1枚ずつサイズが大きいので、2枚同時に洗うのは難しいです。

また、自宅の洗濯機で洗う場合、洗濯ネットに入れて洗濯した方が傷みにくくなりますよ。

分割すれば2枚で使える

アドベンチャークッションバッグ/C5は通常、約150×190cmの大きめサイズですが、上下を分解することで2人別々に使用できます。

分解した際の幅は75cmで、一般的な寝袋と同じサイズです。

私が車中泊で使用する場合は一人で使っているので、分解した状態で使用しています。

アドベンチャークッションバッグ/C5の使用レビュー

クッション型なので畳みやすい

通常のシュラフは畳む際にくるくる丸めたり、空気を抜いて小さくしたりと意外と重労働ですよね。

しかし、アドベンチャークッションバッグ/C5は折りたたむだけで大丈夫。

ここからは簡単に収納の仕方を紹介します。

まずは、大きく開いた状態から3分の1に折りたたみます。

折りたたむ際、間違えて2分の1に折りたたむとケースに入らないので注意しましょう。

3分の1に折りたたんだら、端と端から中央にさらに折りたたんでいきます。

最後にもう一度折りたたんで、ケースに入れたら終了です!

ケースが大きめなので、特別小さくする必要もありませんよ。

なお、専用ケースは2枚付きで通常は2枚別々に収納します。ただし、コンパクトに収納したいときは、ひとつのケースにまとめることも可能です。

収納サイズはイメージより大きめ

アドベンチャークッションバッグ/C5の少し残念なポイントとしては、収納サイズが思っていたよりも大きめだったことです。

車に積んでいると少し圧迫感があります。

画像左側が一般的なサイズのクッションです。

斜めから見ると、ドベンチャークッションバッグ/C5の厚みが分かりますよね。

このままの状態で車に2つ積むと、積載スペースは大きめに取られてしまいます。

出典:Coleman

よりコンパクトにしたい方は、ケースに2枚入れる収納方法がおすすめ。

ただし、こちらの場合はかなり小さくたたむ必要があり、手間がかかるので注意しましょう。

触り心地はツルツルよりふわふわ系

アドベンチャークッションバッグ/C5の表地、裏地、中綿は全てポリエステルを使用しています。

ツルツルよりもふわふわの触り心地です。

中綿もしっかりめに入っているので、薄手の掛布団のような印象があります。

デメリットとしては、表面にほこりが付きやすい点。ペットがいる家庭など、自宅で使いたい方には向かないでしょう。

アドベンチャークッションバッグC5で車中泊とキャンプを快適に!

今回は私が愛用しているColemanのシュラフ「アドベンチャークッションバッグC5」を紹介しました!

ファミリーキャンプや車中泊などに使えて、使わないときはクッションにできるのが嬉しいポイントです。

また、シンプルなデザインとカラーなので、使う人も選びません。

3シーズン使えるシュラフを探している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。現在、VANLIFE中で車中泊仕様の愛車バンと全国を旅しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています。