ノウハウ

/

キャンプ女子目線で見たオススメの冬キャンプ用持ち物リストをご紹介!

happeaceflower
happeaceflower

昨今のキャンプブームで、春夏秋はもちろんのこと、冬キャンプを楽しむ人も増えましたよね。もちろん、女子キャンパーも冬キャンプを楽しみたい!

しかし、やはり気になるのは防寒対策です。今回は、女子キャンパーならではの目線で、冬キャンプ用の持ち物リストをご紹介します!

これから冬キャンプに挑戦してみたい!という方も、ぜひ参考にして見てくださいね。

冬キャンプに持って行くものリスト

それではさっそく、冬キャンプに持って行くものリストをご紹介します。さらにおすすめのギアも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • テント
  • コット
  • シュラフ
  • チェア
  • 焚き火台
  • ランタン
  • ストーブ
  • 調理器具や食材など
  • 防寒具など

テント:LOGOS(ロゴス)ナバホ Tepee 400セット

出典:楽天市場

値段 ¥43,780(税込)
サイズ 【本体】:組み立てサイズ(約)幅400×奥行345×高さ235cm、収納サイズ(約)長さ56×幅21×奥行21cm、【専用インナーマット】:(約)幅375×奥行325cm、収納サイズ(約)直径30×高さ60cm、【専用グランドシート】(約)幅380×奥行325、収納サイズ(約)幅19×奥行29×高さ6cm
重量 約10.4kg
素材 【フレーム】:7075超々ジュラルミン、【フライシート】:難燃性ポリエステルタフタブリーザブル撥水加工、【フロアシート】:ポリエステルタフタ耐水圧3000mm、【メッシュ】:ポリエステル、【専用インナーマット】表面:ブリーザブルポリエステル、内部:発泡ポリウレタン、裏面:PVCシート、【専用グランドシート】PEラミネートクロス

ストーブをテント内に入れることを考慮して、冬のキャンプは大きめのテントが便利です。さらに雪の降る地域においては、雪の積もらないワンポールテント(三角のとんがりテント)がおすすめ。

LOGOS(ロゴス)のナバホTepee400は、専用のグランドシートやインナーマット、飾り付けに使えるガーランド(三角のフラッグがついた飾り)がセットになっています。

冬でもおしゃれにキャンプしたい女子キャンパーにおすすめですよ!

コット:Helonox(ヘリノックス)タクティカルコットコンバーチブル

出典:Helinox

値段 ¥52,000(税込)
サイズ 【使用時】:幅190×奥行68×高さ16cm、【収納時】:幅54×奥行16.5cm
重量 【本体重量】2363kg、【総重量】2540g
素材 【フレーム】:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ【先端部】:ナイロン、【表面加工】フレーム(アルマイト)【シート】ポリエステル

冬キャンプでも快適に寝るには、コットで地面からの冷気を防ぐことが大事。

しかも、組立が簡単で軽量なので、女子キャンパーにおすすめ。

コット本体の色や柄も数種類から選べますし、別売りのコットレッグで、ハイコットにすることも可能です!

シュラフ:ISUKA(イスカ)エアプラス810

出典:Amazon

値段 ¥69,800(税込)
サイズ 【本体サイズ】84(肩幅)×208(全長)cm、【収納サイズ】φ21×37cm
重量 1280g(羽毛量810g)
素材 【外装素材】:ナイロン、【充填素材】ダウン

マイナス25度の気温でも使用が可能な冬用のシュラフです。

氷点下でのキャンプや山キャンプなどで活躍します。

女性にとって冷えは大敵!暖かく包み込んでくれるイスカのシュラフは女子キャンパーにおすすめです!

撥水性能も優秀で、結露による濡れも防止してくれるスグレモノです。

チェア:DOD(ディーオーディー)スゴイッス C1-774-TN

出典:DOD

値段 ¥69,800(税込)
サイズ 【組立時】幅60×奥行66×高さ69/86/90/94cm、【収納サイズ】幅46×奥行き42×高さ7cm
重量 約2.3kg
素材 【フレーム】アルミ合金、ナイロン【生地】コットン【生地補強材】600Dポリエステル

組立が簡単、サイドとバックにポケットがついた実用性抜群のチェアです。

女子キャンパーは細々とした道具が多くなりがち。チェアに収納があるととても便利です。

そして、前後の脚を伸縮したり、内部に固定することで、様々なスタイルに変幻自在!

ロースタイル・ミドルスタイル・ハイスタイル・リラックススタイル・ディナースタイル・焚き火スタイル・星空スタイルなどにできます。

焚き火台:UNIFLAME(ユニフレーム)ファイアグリル

出典:UNIFLAME

値段 ¥7,500(税込)
サイズ 【使用時】約430×430×330(網高)mm、【収納時】約380×380×70mm
重量 約2,7kg
素材 【炉・ロストル】ステンレス鋼、【スタンド・焼網】鉄・クロームメッキ

冬は、脚が高めでしっかりした焚き火台がおすすめです。

ユニフレームの焚き火台は、さまざまな調理や、夜の焚き火にも使えて一石二鳥!

専用の焼き網付きでバーベキューも楽しめます。

本体は軽くて扱いやすく組立も簡単なので、女性キャンパーにもおすすめです。

とはいえ、20kgの重しにも耐えるほど頑丈な作りなのも特徴。ダッチオーブンを置いて調理もできますよ。

ランタン:FEURHARD(フェアーハードランタン)276ジンク

出典:Amazon

値段 ¥10,500(税込)
サイズ 【本体】幅260mm×幅150mm、【タンク容量】340cc
重量 約500g
燃料 灯油、ランプ用オイル

ドイツ軍で正式採用された、ランタンです。燃料が灯油なので、氷点下の真冬や強風にも耐えるスグレモノ。

しかも、灯油ストーブと燃料を共有できるので便利です優しく暖かい炎で、冬のキャンプを彩ります。

ガソリンランタンといえば、ポンピングが必要だったり、何かとハードルが高いイメージですが、フェアーハードランタンは燃料を入れたら火をつけるだけなので、女子キャンパーにもおすすめです。

ストーブ:TOYOTOMIレインボーRB-250

出典:Amazon

値段 ¥22,000(税込)
サイズ 【本体】38.8×38.8×47.5cm【タンク容量】340cc
重量 約6.2kg
燃料 灯油

冬キャンプには欠かせないストーブ。レインボーの炎がとても癒やされる、トヨトミレインボーがおすすめです。

レインボーの炎の他に燃焼継続時間が長いこと。タンク容量が4.9Lで、約20.2時間〜40.2時間燃焼します。

コンパクトなので、女子にも移動がラクラク。

ストーブの上面で簡単な調理ができるのも嬉しいポイントです。

買ってよかった!冬キャンプにおすすめの冷え対策とは?

冬のキャンプで重要なのがなんと言っても足元や手元です。ウェアはたくさん着込めば暖かいですが、足元はソックスを何枚重ねても冷えたりしませんか?手元の冷えも気になりますよね。

特に私は北海道の氷点下の元冬キャンプをしますので、足元や手元の冷えはとても辛いのです・・・。そこで、私が冷え対策のために買ってよかったものを紹介します。

ブーツ:SOREL(ソレル)Caribou(カリブー)

出典:楽天市場

値段 ¥18,700(税込)
サイズ 23cm、24cm、25cm
重量 約904g(片足)
素材 【本体】ヌバックレザーアッパー、【インナーブーツ】9mm厚サーモプラスフェルト

このブーツを買うまでは、冬のキャンプの悩みと言えば「足元が寒い&痛い!」ということでしたが、ソレルのブーツを買ってから悩みが解消されました!

しかも底面で雪をしっかりとグリップするので、雪の降る地域の方にとてもおすすめです。

ソックス:DexShell(デックシェル)防水通気靴下DS630W

出典:Amazon

値段 ¥5,600(税込)
サイズ S・M・L
素材 【インナー】90%アクリル、10%ナイロン、パイル生地【アウター】96%耐摩耗ナイロン、3%ポリウレタン、1%カフ収縮素材

防水ソックスですがとても暖かく、ブーツから多少雪が入っても大丈夫です。

ソレルのブーツと合わせると、最強に暖かいのでおすすめです。足元の冷えは女子に大敵!しっかり対策しましょうね!

充電式カイロ:mottole(モバイルバッテリー機能付)MTL-E007

出典:楽天市場

値段 ¥2,420(税込)
サイズ 幅70×奥行20×高さ122mm
重量 132g
素材 【本体】ABS・アルミニウム合金、【ストラップ】皮革、【収納バッグ】ナイロン

ナチュラルな紐がかわいい充電式のカイロ。

充電式なので、繰り返し使えるのが便利ですよね。連続使用時間は5時間、温度は45〜50度とちょうどよい暖かさです。

付属のUSBケーブルは二股に分かれていて、カイロ機能の他にスマホの充電もでき、モバイルバッテリーとしても使えるスグレモノ!

収納バッグがついているのも女子には嬉しいポイント。

まとめ


今回は、キャンプ女子におすすめしたい、冬キャンプの持ち物リストとおすすめのギアをご紹介しました。女子にとって冷えは大敵です。しっかり防寒して、おしゃれに冬キャンプを楽しみましょうね!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

happeaceflower

happeaceflower

アウトドア全般が趣味の外遊び大好き女子です。キャンプ歴は16年。友達や家族とキャンプを楽しんでいます。そして、4年前に念願のソロキャンプデビューを果たし、現在では年間10回以上行く程ドハマりしています。キャンプギアマニアでアウトドアショップを巡る日々。オシャレキャンプからミニマムキャンプまで、色々挑戦中!