オシャレなだけじゃない!キャンプが快適になる人気のポータブル電源「PowerArQ2」を徹底解説!

おだんご頭
おだんご頭

ポータブル電源があると、どんな場所でも家電製品を使用することができ、キャンプがより快適になります。最近ではキャンプだけでなく、災害時の備えとしても注目を集めています。

今回紹介するポータブル電源は、オシャレなだけでなく、機能も充実している人気の「Smart Tap PowerArQ2」です。

実際に使用した感想や基本スペック、使える家電製品など徹底解説していきます!

Smart Tap「PowerArQ2」とは

出典:Smart Tap公式サイト

Smart Tap(スマートタップ)「PowerArQ2(パワーアーク2)」とは、2012年に創業した「加島商事株式会社」が立ち上げたブランド「Smart Tap」から発売されているポータブル電源です。

PowerArQ2の他にも、「PowerArQ mini(346Wh)」、「PowerArQ(626Wh)」、「PowerArQ Pro(1000Wh)」が発売されています。

どの製品も人気があり、楽天市場で4.70の高評価レビューを獲得し、シリーズ累計販売台数が70,000台を突破しています。

その中でもPowerArQ2は、家電の情報雑誌「家電批評」の防災家電部門で「家電批評ベストバイ・オブ・イヤー2020」を受賞しました。

キャンプギアとしてだけでなく、防災グッズとしても人気のポータブル電源です。

基本スペック

出典:Smart Tap公式サイト

カラーバリエーション チャコール、レッド、ジェットブラック、スノーホワイト、コヨーテタン、オリーブドラブ
サイズ 幅29.5×奥行19.5×高さ19.1㎝
重量 6.2kg
電気容量 500Wh / 45,000mAh
入力 充電方式:CCCC方式/MPPT方式、入力-電圧/電流:14-40V/最大10A、入力パワー:120W
出力 AC:100V/3A、DC:9.6-12.6V/3A、DC/シガーソケット:9.6-12.6V/10A、USB Type-A:5V/3A(二口合計)、USB Type-C:5V/3A,9V/3A,12V/3A,15V/3A,20V/2.25A、ワイヤレスチャージャー:5W/7.5W/10W
内蔵バッテリー リチウムイオン電池45,000mAh
フル充電時間 約6~7時間
使用可能温度 -10~45℃
LEDライト 520ルーメン
付属品 本体、専用ACアダプター、MC4ケーブル、シガーソケットケーブル、USB Type-C to Cケーブル、取扱説明書

充電方法と充電時間

PowerArQ2はACアダプター、シガーソケット、ソーラーパネルから充電することができます。

ACアダプターとシガーソケットケーブルは付属していますが、ソーラーパネルは別途購入する必要があります。

出典:Smart Tap公式サイト

ソーラーパネルがあると、エコに発電することもできますし、長期間のキャンプや停電時にも使えて便利です。

PowerArQ Solar折りたたみ式210W

出典:Amazon

価格 55,000円
サイズ 収納時:幅68.6×奥行2.2×高さ55.2㎝、展開時:幅68.6×奥行0.5×高さ166.6㎝
重量 7.05kg
ピークパワー 210W

 

またPowerArQ2は、給電しながら機器を使用することができるパススルー充電にも対応しています。

パススルー充電はバッテリーの劣化を早めるので、推進はされていませんが、緊急時に使用可能なので非常に便利な機能です。

ACアダプターで家のコンセントから充電した場合、約6~7時間で満充電にすることができます

実際にバッテリー残量が0%の状態から充電してみたところ、1時間後に20%、2時間後に40%、4時間後に60%となり、約7時間後には100%まで充電することができました。

今回は検証のためバッテリー残量0%から100%まで充電しましたが、バッテリーの劣化を防ぐために、20%~80%程度の容量で維持することをおすすめします。

緊急時に助かる520ルーメンのLEDライト

PowerArQ2の背面には520ルーメンのLEDライトがついてます。

LEDライトは「明るく点灯」、「暗めに点灯」、「明るく点滅」の3パターンで点灯可能です。

メインライトほどの明るさはありませんが、停電などのいざという時に役に立ちます

私はキャンプの就寝時に枕元に置いて、スマホを充電しながら寝る前までの照明として使っています。寝袋に入ってから、照明を消すためにわざわざ立たなくていいので便利ですよ!

Smart Tap「PowerArQ2」の5つの魅力

実際にPowerArQ2を使用して感じた魅力を紹介します。

魅力①オシャレな外観と豊富なカラーバリエーション

PowerArQ2の一番の魅力は、やはりオシャレな外観です。私もinstagramで見かけ、おしゃれなデザインに惹かれて購入を決めました。

ポータブル電源はかっこいい見た目のものが多いですが、PowerArQ2はマットな質感で、全体的にコロンとした可愛らしい形をしています。

 

出典:Smart Tap公式サイト

またカラーバリエーションも豊富で、6色発売されています。

落ち着いた色から鮮やかな色まであるので、自身のキャンプサイトにあった色のものを選ぶことができるのも魅力の1つです。

魅力②コンパクトで車載しやすい形状

前モデルの「PowerArQ」や「PowerArQ mini」は、持ち運び用のハンドルが上部についており、上に荷物を置くことができませんでした。

しかしPowerArQ2は、ハンドルを格納できるデザインに変更されています。上部がフラットになるので、上に荷物を置くことができるようになりました。

この車載しやすい形状もPowerArQ2を選んだ理由の1つです。

魅力③非常に便利なワイヤレス充電

PowerArQ2を購入するまで、ワイヤレス充電は別になくてもいい機能だと思っていました。しかし実際に使用してみると、便利すぎる!

ポンっと置くだけでスマホを充電することができ、取るときもサッと取ることができます。充電ケーブルを何本も持っていかなくていいので、荷物も少なくなりますし、見た目もスッキリします。

 

また置くだけで簡単に充電できるだけでなく、急速充電も可能です。

iPhoneXSのバッテリー残量0%の状態から満充電まで約3時間ほどで充電することができました。早く、楽に充電することができる素晴らしい機能です。

魅力④充実した出力ポート

PowerArQ2の出力ポートは以下の通りです。

  • AC×2口
  • DC×2口
  • シガーソケット×1口
  • USB Type-C×1口
  • USB Type-A×4口
  • ワイヤレス充電×1口

10個の出力ポートとワイヤレス充電があり、スマホを充電しながらカメラの充電や扇風機など使用することができます。

シガーソケットがあり、車中泊でも使用可能です。防塵用のカバーもついています。

ACポートは2つあり、合計300Wまでの家電製品を2台同時に使用することができます。

USBでスマホ等を充電すると、ACアダプターでスマホを充電する際に生じる電気の変換ロスがなくなるので、より効率的に電気を使用することができます。

PowerArQ2にはUSBポートは4つあり、同時に複数のスマホを充電することができます。電気の変換ロスもなく、使う順番待ちをしなくていいので便利です。

またUSB Type-Cが搭載されているので、Macbookの充電やGalaxy S10などの端末も急速充電することもできます。

出力ポートが充実しており、さまざまな機器に対応できるので、非常に使い勝手がいいポータブル電源です。

魅力⑤数日キャンプに最適な電気容量500Wh

PowerArQ2の電気容量は500Whで、1泊~2泊のキャンプに最適な電気容量です。スマホの充電はもちろん、電気毛布や扇風機も使用することができます。

冬キャンプでは電気を使い切ることもありましたが、その他の季節ならバッテリー残量を50%以上残して帰宅することも珍しくありません。

実際に-2℃の日にキャンプで電気毛布を使用しましたが、7時間以上使うことができました

合計300Wまでなので、複数人の防寒対策をPowerArQ2だけに頼るのは少し難しいですが、ソロやデュオなら問題ありません。

Smart Tap「PowerArQ2」の注意点

PowerArQ2を実際に使用してわかった注意点を紹介します。

注意点①ファンの音がする

スマホの充電や小さい消費電力の家電製品を使うときは、ほとんどファンの音はしません。

しかし本体の充電中や消費電力の大きい家電製品を使用すると、「ブオー」とファンの音がします

私はそこまで気になりませんが、ファンの音が小さいポータブル電源をお探しの方はご注意ください。

注意点②バッテリー残量が5段階表示のみ

PowerArQ2のバッテリー残量は、20%、40%、60%、80%、100%の5段階で表示されます。

カラー表示で見やすいのですが、バッテリー残量が少なくなってくると、いつバッテリーが切れるかわからずヒヤヒヤします。私はバッテリー残量が20%を切るまで使うことはあまりないので困りませんが、一応注意点として挙げておきます。

1%単位で表示されるようになると、もっと使い勝手がよくなると感じました。

Smart Tap「PowerArQ 2」で使える家電製品

PowerArQ2で使用できる家電製品は以下の通りです。使用時間は使う環境や製品、バッテリーの劣化具合によって異なりますので、目安としてお考えください。

  • スマホ(15W):約28回充電
  • ノートパソコン(60W):約8回充電
  • 電気毛布(50W):約9時間 
  • 扇風機(30W):約14時間
  • ヘアアイロン(150W):約3時間
  • テレビ(98~156W):約2.5時間
  • 小型プロジェクター(300W):約1時間
  • ミニ冷蔵庫(60W):約7時間
  • 小型炊飯器(250W):約2回
  • LEDランタン(3W):約141時間
  • LED捕虫器(5W):約90時間

キャンプで使いたい電気毛布や扇風機はもちろんのこと、小型炊飯器やミニ冷蔵庫も使用することができます。

ドライヤーの消費電力は1000Wほどあり、基本的に使用することはできません。しかし実際に私物のドライヤーで試したところ、冷風または温風弱であれば使うことができました

ドライヤー冷風(255W) 約1.5時間

ドライヤー温風弱(183W)約2時間

ヘアアイロン(169W) 約2時間

朝のヘアセットや髪の短い方ならドライヤーも使用可能です。

とはいえ、電気ポットや電子レンジなど消費電力の高い家電製品は、使用することができませんのでご注意ください。

長期間キャンプに使用したい場合や消費電力の高い家電製品を使用したい場合は、上位モデルである1000Whの「PowerArQ Pro」が発売されているので、そちらを購入することをおすすめします。

PowerArQ Pro

出典:Smart Tap公式サイト

価格 132,000円
電気容量 1002.4Wh
サイズ 幅33.3×奥行23.5×高さ27.3㎝
重量 10.4kg
出力ポート AC×3、USB×2、USB Type-C×2、シガーソケット×1、

電気容量が1000Whもあり、AC出力も通常1000W、瞬間最大2000Wまで対応しているシリーズ最大容量のモデルです。

電気ポットは約3回、ドライヤー(温風強)は約50分も使用可能で、PowerArQ2では使えなかった消費電力の高い家電製品を使用することができます。PowerArQ Proは余分な機能をなくし、大容量・高出力に特化しています。

長期間のキャンプや車中泊で使用したい方や消費電力が高い家電製品を使用したい方におすすめのポータブル電源です。

オシャレなSmart Tap「PowerArQ 2」で快適なキャンプを楽しもう!

PowerArQ2はワイヤレス充電やLEDライト、USB Type-Cを含んだ10個の出力ポートなど充実した機能が備わっています。機能性はもちろんですが、オシャレなカラーと洗練されたデザインも魅力的です。

電気容量と機能、価格のバランスが取れた優秀なポータブル電源と言えます。

今回の記事を参考にご自身のぴったりのポータブル電源をゲットして、快適なキャンプをお楽しみください!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

おだんご頭

おだんご頭

口癖は「キャンプをしたい!」、福岡在住の新人キャンパーのおだんご頭です♪休日にはトイプードルの愛犬2匹を連れて、キャンプを楽しんでいます。大自然の中で、お気に入りのキャンプギアを眺めながら飲むビールは格別♪キャンプやギアの魅力を発信していきます。