テント

/

【2021年】この夏おすすめしたい5万円以下で買えるファミリーテント7選!

FUKUHARA
FUKUHARA

「家族でテントキャンプしてみたいな・・・」毎年キャンプに行っていて、そろそろテントデビューをしてみようと考えているお父さんは多いのではないでしょうか?

確かにバンガローはストレスもなく快適ですが、テントキャンプでは「バンガローキャンプにはない、わくわく感」を楽しめますよね。

ぜひ、家族にも味わってほしい、そう考える方も多いはず。

そこで今回は「夏でも涼しく過ごせる」「5万円以下で買いやすい」という2つの観点から見て、おすすめのファミリーテントを5選ご紹介いたします。

夏におすすめなファミリーテントの選び方

 

出典:pixabay

メッシュ部分の多いテントを選ぼう!

まず、メッシュ部分が多いテントであるのは非常に重要です。

メッシュ部分が多いと通気性がよく、蒸れることがないので夏でも非常に涼しく過ごせます。

しかしながら、余りにもメッシュ部分が多すぎると、外から丸見えでプライベートが無くなることもありますので注意が必要です。

素材はポリコットンがおすすめ!

素材はポリコットンのテントがおすすめです。
ポリコットンとはポリエステルとコットンの良いところを兼ね備えている合成繊維です。
そのため、コットン素材の遮光性が高いというメリットも引き継いでいます。夏の暑さを和らげてくれるので、おすすめという訳ですね。

「それだったらコットンでもいいんじゃないのかな?」と思うかもしれませんが、コットン素材のテントは高機能なだけあり非常に高価です。

10万円を超えるテントもざらにあるので、手を出しにくいと思います。ですので、ファミリーテントをお求めの方にはそれなりにお手ごろで、高機能なポリコットン素材のテントをおすすめします。

ポリコットンのメリット
  • 丈夫
  • しわになりにくい
  • すぐに乾く
  • 通気性がいい
  • 遮光性が高い
ポリコットンのデメリット
  • 汚れが付きやすく落ちにくい
  • カビがでやすい
  • 重量がある
  • 雨の時は重くなる

【5万以下】夏におすすめなファミリーテント7選

 

出典:photoAC

それでは、

  • メッシュ部分が多い
  • ポリコットン素材

どちらかの条件を満たしているファミリーテントを7つご紹介いたします。

ワンポールテントM5人用

出典:DOD公式HP

DODから発売されているワンポールテント。軽く、持ち運びも便利。さらに設営も簡単なのでキャンプ初心者の方には非常におすすめの逸品です。

出典:DOD公式HP

天井は200㎝と、腰を下げる必要もありません。内部はそれなりに広く、大人が2人、子供1人なら窮屈な思いをすることないのも大きなメリット。少人数でのファミリーテントとしては安心して使えます。

出典:DOD公式HP

また、インナーは全面メッシュ素材のため通気性も抜群。他にも熱や湿気を排出する、ベンチレーター機能もついています。この機能美で20000円以下というのは驚異的。非常に人気ですので、見つけたらぜひとも購入することをおすすめします。

ワンポールテントM5人用の詳細

値段 19,997円(Amazon)
重量 (約)4.5kg
サイズ 使用時(約)W370×D325×H200cm
収納時(約)W58×D18×H18cm
素材 ポリエステル
収容可能人数 大人5人

ワンポールテントM5人用のレビュー

始めて一人でテントの設計をしましたが、ワンポールということもあり、簡単に設計できました^^
デザインも思ったとおりシンプルで、説明書もザっと目を通しただけで女性でも簡単に立てられました!
収納がコンパクトなところが◎
たくさん使っていきたいと思います!

ポリエステルベルテント

 

出典:Amazon

ポリエステルベルテント。こちらの商品は高い機能性が特徴のテントです。4mもあるのに、重量は11㎏と非常に軽いですし、uv加工にpu加工もされています。また、メッシュ部分は210tの厚さですので、遮光性がそれなりにあります。他にも、同サイズのテントと比べると抜群に設営がしやすいのも嬉しい点!

 

出典:Amazon

入り口がメッシュになっているのに加え、換気部分が5つもあるので通気性が抜群!内部部分も非常に大きく、ファミリーでの使用でもゆとりがあるのも魅力的です。

ポリエステルベルテントの詳細

値段 49,341円(Amazon)
重量 約11kg
サイズ 使用時:W400×D400×H250
収納時:W76xD24xH24
素材 ポリエステル
収容可能人数 8人

ポリエステルベルテントのレビュー

家族4人で、コット4台並べて寝ましたが、十分な広さがありました。
高さもあり、背の高いパパも中腰にならず楽でした。
コスパも良いです。
ただ入口がメッシュしかファスナーが無くて、風がダイレクトにテントの中に入って来ます。
夏の暑い時期は良いでしょうが、少しでも寒い時期は厳しいので、星3つです。

4人用テントDodona

 

 

出典:Amazon

Soomloomから発売されているDodona。

こちらの商品はポリコットン素材で作られています。

そのため、遮光性が非常に高いです。その上、インナーもメッシュ素材で、風通しも抜群。夏の暑さに非常に強いテントです。しかし、サイズ的に大人2人に子ども1人の3人家族ならギリギリ入れるくらいですので、5人家族、6人家族の方にはあまりおすすめできません。

出典:Amazon

テントのフロアに防水シートが敷かれていたりして雨対策が抜群なのは、地味にうれしいですよね。突然の雨でも安心して過ごせます。また、小物入れポケットがついていたりするのも魅力的。

4人用テントDodonaの詳細

値段 33,700円(Amazon)
重量 (約)11㎏
サイズ 使用時:(約)W305xD190xH150cm
収納時:(約)W60 x D25 x H25 cm
素材 ポリコットン
収容可能人数 大人4人

4人用テントDodonaのレビュー

2人には丁度いいサイズ 小窓もあり風の通りがよく夏でも過ごせそうです 耐水性についてはまだわかりません 付属のペグもちゃんとしていてそのまま使えますね 一つ惜しいのはテントのケースの生地が薄くて何回か使ってると破けそうなので星4にさせていただきました。 soomloomさんのは愛用させて頂いてるのでこれからも新商品楽しみにしています

ワンポールテントL

 

出典:dod公式サイト

DODから発売されているワンポールテント。こちらの商品は冒頭で紹介したワンポールテントと同じタイプですが、こちらの方が多くの人数を収容可能なのが特徴です。そのため、こちらもインナーは全面メッシュで風通し抜群です。さらに設営も簡単で、コンパクトに収納できる魅力的な点も。こちらのタイプなら大人数のご家族の方にでもおすすめできます。

出典:dod公式サイト

製品は8人でも収容可能とありますが、個人的に8人はかなり圧迫感はあると思います。しかし、内部は非常に広々ですので、5、6人が寝転がってもゆとりがあるほどなのは間違いなしです。
また、見栄えがいいというのも大きなメリットですね。
それなりに大家族でテント内のゆとりが欲しいという方にはおすすめです。

ワンポールテントLの詳細

値段 41,980円(Amazon)
重量 12㎏
サイズ 使用時:(約)W460×D460×H300cm
収納時:(約)W62×D25×H25cm
素材 ポリエステル
収容可能人数 8人

ワンポールテントLのレビュー

4人家族で使用してますが、充分すぎる広さ!
でも、フライシートとインナーにだいぶ隙間があるので、冬キャンプには向かないかもしれないです。
夏と、秋は快適に過ごせました。
自作スカートで冬キャンプも挑戦してみたいです!

 ワンポールテントT/C400

 

出典:FIELDOOR公式HP

FIELLDOORから発売されているこちらのワンポールテントもポリコットン素材です。

そのため、遮光性が高く、おすすめです。また、換気個所も備えられており、中で空気が蒸れないように工夫されています。

出典:FIELDOOR公式HP

また、収納も非常にコンパクト。上図のように片手でも楽々持てるほどの重さですので、「テントが重くなるのは嫌だ」という方にもお勧めできます。

ワンポールテントT/C400の詳細

値段 21,900円(Amazon)
重量 7.4 kg
サイズ 使用時: (約)W400cm×D350cm×H215cm
収納時:(約)W63 x D24.5 x H22.5 cm
素材 ポリコットン
収容可能人数 3~4人

ワンポールテントT/C400のレビュー

ほとんどこのテント買ってからは、これしかテント使わなくなりました。普通に使うことももちろんできるんですけど、インナー外して、薪ストーブもOK!(自己責任)薪ストーブ使うなら実はこのテントで充分なのです。高いテント買う必要無し。
ファスナーはダブルジッパーじゃないので、クリップなどで止める必要ありますが問題ないです。
夏も冬も使えるし、色も良いので気に入って使ってます。安いので、二股に改造したり色々カスタマイズ可能ですから買って損はないと思います。(改造も自己責任で)

サーカスTC

 

出典:テンマクデザイン公式HP

ポリコットンテントと言えばサーカスTCと呼ばれるほど有名なテントです。

コットン混紡生地で遮光性も高いので、夏も冬も使うことができる万能性を持っています。

サイズ感がファミリーにちょうどよく、希少性が高く、かつコットン混紡生地なのが主な人気の理由です。初心者にも手が届きやすい値段なので、どのテントにしようかお悩みの方にはぜひおすすめしたいテントです。

出典:テンマクデザイン公式HP

オプションでメッシュ素材のインナーテントも付けることができます。公式サイトから購入した場合、5万円を少し超えてしまいますが、「少し超えてもいいからメッシュのインナーテントが欲しい」という方にはおすすめしたいです。通気性が抜群に良くなります。

サーカスTCの詳細

値段 49,800円(Amazon)
重量 10.8kg 
サイズ 使用時:(約)4,200×4,420×2,800(高)mm
収納時:(約)670×250(直径)mm
素材 ポリコットン
ポリエステル(スカート部分)
収容可能人数 大人2人

サーカスTCのレビュー

二股化し、カンガルースタイルで使用しているが、不満点のない素晴らしいテントだと思う。
夏は蚊帳を吊るし、ワンプッシュ型の殺虫剤を使えば、虫も気にならない。
雨天時も使用したが、水漏れもなく、特別問題を感じなかった。

THE TENT

 

出典:DOD公式HP

DODから発売されているTHE TENT。リビングスペースを作ることができ、そこで料理やおしゃべりを楽しむことができます。また、生地の厚みも150Dですので、遮光性も十分に高いです。また、コンセント用のファスナーがついており電源サイトで使う時にも便利な仕様となっております。

出典:DOD公式HP

フルメッシュですので、風通りがよく夏でも涼しく過ごせること間違いなしです。また、構造がシンプルなので、設営が非常に簡単というのも魅力的。内部も広々空間ですので、家族キャンプでもストレスなく過ごせます。初心者でも扱いやすいおすすめのテントですね。

THE TENTの詳細

値段 44,795円(Amazon)
重量 12kg
サイズ 使用時:(約)W310×D510×H205cm
収納時:(約)W62×D27×H27cm
素材 ポリエステル
収容可能人数 大人5人

THE TENTのレビュー

5月に買って4泊ほど使用しました。
家族キャンプですが20〜30分であっという間に立ちます。
中は広大で大人2人小学生2人でも余裕の居住性です。雨キャンもありましたが水を弾いて浸水等の心配は全くありません。
撤収は楽ですが、収納袋に入るように畳むのがちょっと面倒です。

まとめ

今回は5万円以下のファミリーテントをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?どのテントもインナーメッシュ、またはポリコットン素材のため夏でも涼しく過ごせること間違いなしです。ぜひこの夏、お手ごろ価格のファミリーテントでキャンプに出かけてみてはいかがでしょうか?

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

FUKUHARA

FUKUHARA

アウトドア歴3年のFUKUHARAです。渓流釣りが大好きなので川遊びができるキャンプ場が大好きです。特に奈良のキャンプ場にはよくキャンプに行きます。自然豊かリラックスできる上に美味しいアマゴも釣れる。さらに川のせせらぎが夏の暑さを忘れさせてくれてお気に入りです!キャンプの楽しさを伝えられたらな、と考えながら記事を書いています!