テント

/

バックパックキャンプの定番!ネイチャーハイクのコスパ最強ソロテントを紹介!

ZEEN
ZEEN

なぜだか寝癖がもやい結び… 元アウトドアショップスタッフのZEENです。

バックパックキャンプ始めたいなぁ〜! でも色々揃えるとなるとお財布がぁ〜汗
初めてのソロテント選び♬ お財布に優しくてコスパ最強のテントって無いかなぁ〜?

そんな風に問われたら、声が若干裏返りながら興奮気味に答えるのが【ネイチャーハイク

ネイチャーハイクのアウトドアギアは高機能なのにビックリするぐらいの低価格!
初めてキャンプ装備を買い揃えようと検討中の初心者さんにおすすめのアウトドアブランドです。

今回は、バックパックキャンプデビューを控えた初心者さんに向けて、ネイチャーハイクのコスパ最強!ミニマムテントをご紹介します。

コスパ最強で話題のネイチャーハイクとは?


出典:amazon

Naturehike(ネイチャーハイク)は2010年 中国で設立されたアウトドアブランド。
ECサイトを軸に、高品質な商品を提供しながらその価格は5〜6割程と圧倒的なコストパフォーマンスの高さで話題のファクトリーブランドです。2020年より日本で本格進出となり、旋風を巻き起こしています。


出典:Naturehike-Japan

テントや寝袋やフォールディングベッドなどなど…トレッキングやソロキャンプに最適なウルトラライトギアを幅広く展開。

特に「Cloud up(クラウドアップ)」シリーズや「Hiby(ハイビー)」シリーズなどULテントの注目度が非常に高く、バックパックキャンパーにとっては目が離せないブランドです。

 

バックパックキャンプ初心者におすすめしたい!コスパ最強ミニマムテント

バックパックキャンプ初心者が120%味わうであろう最初の試練が荷物の重さ。
そしてバックパックに入れてきたであろう装備品が帰りにはパンパン過ぎて収まりきらない現実…

なので初めてのテント選びには重量コンパクト性を重視するのが、心置きなくバックパックキャンプを快適に楽しむ成功の近道です。

そしてお財布に優しい金額も…笑

今回は、ネイチャーハイクを代表する超軽量ミニマムテントを厳選して2モデルご紹介します。

軽さを追求したシングルウォール 「VIK ウルトラライト シングルテント」


出典:Naturehike-Japan

商品名 VIK ウルトラライト シングルテント
参考価格 ¥19,800(税込)
重量 1.06kg
サイズ 210×(65+80+50)×95cm 収納サイズ:46×Φ16cm
耐水圧 フライ:PU 2,000mm フロア:PU 4,000mm
材質 フライ:15D Silicone Nylon
フロア:20D Silicone Nylon
ポール:7001高強度アルミニウム

 

重量わずか1.1kg!!ウルトラライトを追求した超軽量ミニマムテント


出典:Naturehike-Japan

「VIK ウルトラライト シングルテント」は、重量わずか1.1kgのシングルウォールミニマムテント。
バックパックキャンプに最適な「ウルトラライト」を追求したおすすめ軽量テントです。


出典:Naturehike-Japan

初心者でも設営簡単!吊り下げ式のシングルウォール

シングルウォールとは、フライシートを必要とせずインナーテントのみで雨風を凌げるよう設計されたテントの構造。

フライシートが不要なのでテント自体の総重量を軽量化出来るのが最大のメリット。

テントを背負って歩くトレッキングやバックパックキャンプには非常に有利です。

また設営もポールにテントをぶら下げるだけの吊り下げ式だから、テント初心者でも簡単に設営可能です。


出典:Naturehike-Japan

テントの入り口は、ペグダウンして前室のスペースを確保可能。またトレッキングポールを使えばより広く前室のスペースを広げることが出来ます。

雨や強い日差しを遮りながらの自炊や荷物を置くスペースに使えます。

ソロキャンプに丁度よいサイズ感


出典:Naturehike-Japan

テント内は就寝おひとり様用サイズ。

シングルのマットレスがスッポリ収まるサイズです。

あぐらを組んで座っても、少し余裕の感じられる高さを確保。

ソロテントなので少々荷物の置き場を工夫する必要がありますが、就寝するには問題ないサイズ感です。

バックパックに楽々収納可能なコンパクトモデル


出典:Naturehike-Japan

テント本体の収納サイズは46✕16cm。

これでも十分バックパックに収納出来ますが、コンプレッションバックで圧縮すれば大きめのペットボトルサイズまで縮小可能。

40Lクラスのバックパックでも楽々収納することが出来ます。

お財布に優しい!初めてのテント購入ならこれ一択!

アウトドアメーカーの平均的なソロ用テントの相場が大体3万円前後。

ハイスペックモデルなら4〜5万円となかなか手が出ない金額ですが、VIK ULシングルテントなら約5〜6割で購入可能。

お財布に非常に優しく、機能スペックも十分なソロテントがゲット出来ます。

 

コスパ最強!!軽さと快適性を併せ持った〈クラウドアップ2 ULテント20D〉


出典:Naturehike-Japan

商品名 クラウドアップ2 ウルトラライトテント 20D
参考価格 ¥17,800(税込)
重量 1.72kg
サイズ (60+210)×125×100cm 収納サイズ:13×40cm
耐水圧 フライ:PU 4,000mm フロア:PU 4,000mm
材質 フライ:20D Silicone Nylon
フロア:20D Silicone Nylon
ポール:7001高強度アルミニウム

快適性を重視した自立式ダブルウォールテント


出典:Naturehike-Japan

クラウドアップ2 ULテント20DはネイチャーハイクのULテントが誇るベストセラーモデル。軽さと快適性を併せ持った、コスパ最強!

イチオシの2人用ウルトラライトテントです。

フライシートとインナーテントのダブルウォール構造なので雨風や結露に強いのが特徴。

スリーシーズン対応型です。

夏に使用しました。インナーテントのメッシュ部分が広く、夜は暑さをしのぐためにフライシートをめくって過ごしました。途中、雨にも遭遇しましたが、防水性も高いです。インナーテントの広さは女子2人で寝たので問題なかったですが、体格のいい男性2人だと少しきつかも?とても軽くて設置しやすく、自立式なところも気に入っています!
引用:Naturehike-Japan

この価格でこのクオリティはすごい!
キャンプ場で1人で使用しましたが、スペースに余裕があってとても快適でした。
荷物を前室などに置けば、2人でも使用できると思います。
引用:Naturehike-Japan

 


出典:Naturehike-Japan

インナーテントはマイクロメッシュ仕様。

通気性に優れ、スリーシーズン快適に過ごせます。また付属のフットプリント(グランドシート)を使用すれば、フライシートとポールだけで自立するのでシェルターとしても使えます。

二人が就寝可能な快適サイズ&コンパクトな収納サイズ


出典:Naturehike-Japan

マットレスが2枚並べられるスペースを確保しているので2人がゆったり就寝しても快適サイズ。もちろんデュオで使っても良し、ソロでゆったり荷物置き場を確保しながら就寝しても良し!


出典:Naturehike-Japan

ダブルウォール構造&2人用テントにも関わらず、「VIK ULシングルテント」よりコンパクトな収納サイズ!

さらにコンプレッションバックを使用すれば2人用サイズでも楽々とバックパックに収納出来ます。

圧倒的コストパフォーマンス

結露を軽減するダブルウォール構造に加え、2人が就寝できるテントサイズ。

さらには高耐水圧なハイスペックにも関わらず、圧倒的なコストパフォーマンス!!!

ジャパンリミテッドモデル


出典:Naturehike-Japan

クラウドアップ2 ULテント20Dは日本限定のジャパンリミテッドモデルもラインナップ。

まとめ

今回は、コスパ最強ULブランド〈ネイチャーハイク〉をご紹介してみました。バックパックキャンプ初心者にぜひおすすめしたいコスパ最強ブランドです。

特にご紹介した「クラウドアップ2 ULテント20D」は、軽さと快適性を併せ持った、初めてのテント購入にはコスパ最強過ぎるULテントです。

バックパックキャンプを始めるならウルトラライトな装備から!ぜひこの機会にネイチャーハイクのミニマムテントをチェックしてみてくださいね!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!