キャンプ用品

/

WANDERLUST EQUIPMENTをキャンプのお供に! 軽量グッズを探しているあなたにお届けします!

ten
ten

新たなブランドのアウトドア分野への参入が激化する中で、軽量化に拘ったギアを見かけるようになりました。

そうなると実力を発揮してくるのが、山などのフィールドで使用する事を前提で作られた軽量なギア達ではないでしょう。

軽量化はもちろん、コンパクトで持ち運びもスマートなのでキャンプにも使えるギア必ず見つかりそうですよね。

すでに、流行に敏感なオシャレキャンパーさんのサイトでもチラホラ見かけるようになりましたが、今回は、そのようなブランドの中でもオシャレさが際立つWANDERLUST EQUIPMENT(ワンダーラストエクイップメント)をご紹介しますね。

WANDERLUST EQUIPMENTとは

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

WANDERLUST EQUIPMENTは、「旅の道具」というコンセプトで軽量とシンプルさに拘ったガレージメーカーになります。

軽量素材を用いたバックパックやクッキングギアを2013年から展開し、多くのガレージブランドと共に日本のウルトラライトカルチャーを先導しています。

具体的には、縦走登山や雪山、クライミング、沢登りなど、日本のフィールドと四季に応じた様々なアクティビティに適用できる軽量でシンプルな道具ばかりです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

ここで、ブランド紹介の一文にドキッ!とした文言を見つけたのでご紹介します。

「自然を旅するために必要なものは”道具”ではありません。目的のために何が必要か、何が必要でないかを知り選びとる”勇気”です。軽量でシンプルに考えこまれた道具こそが、その行為を助けてくれると私たちは考えます。」

過酷な自然環境からある程度守られたキャンプ場で過ごすキャンパーにも、何か通じるものがありますよね。

早速、WANDERLUST EQUIPMENTのギア達をご紹介しましょう!

WANDERLUST EQUIPMENTのギア達

ピコグリル398

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

WANDERLUST EQUIPMENTのピコグリル398は、自然をこよなく愛しスキー・バックカントリー製品の開発製造を行なってきたブルーノ氏の構想によって作られた軽量焚火台です。

従来品には習わず、工業デザインの技法と長年にわたるアウトドアの実践的な経験値を活かして開発されたピコグリル398。

これまでの焚火台には見られない唯一無二の斬新なデザインをしているのが特徴になります。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

WANDERLUST EQUIPMENTのピコグリル398を初めて見た方は、その美しさに見入ってしまったのではないでしょうか。

機能性と合理性をとことん追求しつつ、2枚のプレートを組み合わせてフレームに固定する独自のデザインは本当に美しく素敵です。

機能性か?美しさか?と選択することが多いアウトドアギアの中で、両方を兼ね備えたピコグリル398は、自然の中にあるべき必要な道具としてのお手本になっているのかもしれません。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

WANDERLUST EQUIPMENTのピコグリル398は、見た目だけではありません。

本体442g、A4サイズに折り畳んでバックパックに収納出来るという、軽量でコンパクトな焚火台ということでしょう。

収納ケースもあり、薄型PCでも入っているかのような見た目です。

キャンプの際はもちろん、バイクツーリングの長旅でも積載のストレスはなさそうですよね。

積載容量の少ない軽自動車であっても、ピコグリル398であれば積載から泣く泣く除外と言うことにもならなそうです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

さらに、過酷な山の環境にも負けない火付きの良さと火力維持に長けているピコグリル398は、キャンプ初心者や焚火に慣れない女性にとっても心強い相棒になってくれるのではないでしょうか。

ピコグリル398は、薪を一方向に並べることで空気が通りやすくなっている構造になっているため着火しやすくなっています。

そして、ピコグリル398と同等の他の焚火台と比べて、長い薪でも一定量くべることが出来るので、頻繁に薪をくべる必要がないのも手がかからず有難いですよね。

調理のための火力を維持しつつ薪の追加に追われることがないため、ピコグリル398があるお陰でゆっくりとした時間を過ごすことができるでしょう。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

調理の際は、標準で付属している2本のスピット(串)をセットし、鍋を置いたり串焼きができます。

スピットを横渡しする事ができる五徳を兼ねたフレーム構造にした事で、スピットにソーセージなどを刺して串焼きにしたり、好みのサイズの焼き網を置いて直火調理するなどの自在なセッティングが可能になっているのです。

ピコグリル398は、ただ単に焚き火ができるだけでなく、そこで調理もできることが重要であると合理性にまで拘ったブルーノ氏の熱意が込められています。

4~5kg程度までの調理鍋なら積載可能ですが、元が軽量な焚火台なので転倒には十分に気を付けましょう。

サイズ 33.5 x 23.5 x 1.3 cm
重量 442g (フレーム202g、シェル164g、スピット38gx2本)、専用袋47g
素材 ステンレス鋼
内容 プレート、フレーム、スピットx2本、専用袋、日本語説明書

フライトタープ

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

WANDERLUST EQUIPMENTのフライトタープは、他にはない独特の台形型をしたソロ用軽量タープになります。

一見、とてもシンプルなタープですよね。

しかし、過酷な山の天候に対応するためにはシンプルな形状であることが求められるのです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

シンプルであるがゆえに、森林下で高く張ることで開放感のある雨よけになります。

逆に、山岳の稜線上に出たら、低く張ることで風をよけて耐候性を高める事が出来るのです。

風向きや地形などの状況に応じて柔軟に設営ができるために、あえてシンプルな形になっているのがWANDERLUST EQUIPMENTのフライトタープなのです。

キャンプ場でも、不意な雨や強風という気象条件はありますよね。

ソロキャンプの際にフライトタープをサクッと出して軽快に張れば、達人の雰囲気がさり気なく漂うことでしょう。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

また、従来のソロタープは長方形型が主流ですが、WANDERLUST EQUIPMENTのフライトタープは、ほぼ同面積でありながら台形型になるために頭部を広く足元を狭くという設営ができます。

長方形に比べると、タープ内で狭さを感じずに空間を有効活用できそうですよね。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

素材は30Dシルナイロン製で、3色のカラーバリエーションから選べます。

ここは、山というキャンバスを前にして他のギアとのカラーコーディネートに気合いを入れたいところです。

また、専用スタッフサックは、口幅に余裕があるのでガイラインやペグ等を含め収納しやすくなっているので、山であろうがキャンプ場であろうが、みなさんの次の活動への動きをスムーズにしてくれるでしょう。

サイズ 250cm x 198/132cm
重量 Sunlight Yellow270g、Red Ocean210g、Coyote Brown記載なし
素材 30Dシルナイロン製、
カラー Coyote Brown、Sunlight Yellow、Red Ocean

カンパラパック

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

山というフィールドではもちろんですが、キャンプの際にサコッシュやウエストポーチを身に着けていて、何か落ち着かないと言うか活動の妨げになったりする事ってないでしょうか。

出来たら、自分の体にフィットしてストレスを感じたくないと思う時があります。

そんな時に、WANDERLUST EQUIPMENTのカンパラパックでしょう。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

カンパラパックは、軽量でありながら背面が体にフィットするようなデザインになっています。

もちろん、中身に色々入っていても体に沿ったカーブが保たれるようになっているのです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

さらに、ペグ打ちで前かがみになったりシェルター設営などで様々な姿勢を取ったとしても、体につかえにくいようになっているので、キャンプでも最適なバッグと言えるでしょう。

また、カンパラパックには強度のあるダイニーマグリッド/X-PACの一枚布が採用されています。

耐久性の優れた防水生地の一枚布によるシンプルな構造により、43〜48gという軽量でありながらアウトドアのどのようなシチュエーションでもタフに扱えるのです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

さらに、左右どちらからでも開けるジッパースライダーを装備しているので、耐水性はもちろんですが、肩にかけたまま片手で開閉ができます。

アウトドアでは想定外の状況もあるので、とっても便利ですよね。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

そして、一見、耐荷重が気になるようなストラップですが、強度と軽量性を突きつめた他では見ないデザインになっています。

こう見えて、静止荷重300kgの重量に耐えられる頼れるバッグなのです。

カラー展開も豊富なのでセレクトする楽しみもありますよね。

ストラップ調整も可能なので、家族や恋人と共有するのも良いでしょう。

ただ、みんなのお気に入りになる可能性もあるので、買い足しは必須かもしれません。

サイズ 幅28.5cm(X-PACは幅26cm) x 高さ16cm x 奥行き8cm
重量 45g
素材 210Dダイニーマグリッド
容量 4L
カラー 15種類

スイングサック

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

なんだかオシャレ!

スイングサックはマルチユーティリティの軽量ストレージバッグですが、用途が多く「どんな場面で使おうかな?」と興味をそそられるバッグです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

容量は10Lあるので、収納袋のないキャンプギアを入れるも良し、アウトドア活動で汚れた衣類を投げ込んでも良しです。

また、アウトドアに限らず日常でも買い物バッグや日帰りのお出かけなどでお子様グッズを入れる

ために活用するのも良いですよね。

軽量でありながら、デザインもスタイリッシュなので性別に関係なくウケそうです。

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

使用方法も2通りあります。

トートバッグとして持ち運びのためのハンドルとショルダーストラップを備えているので、その時の気分や用途に応じて選んでみましょう。

収納は、ジッパー開閉のメイン収納とスナップボタンのスリットポケットになります。

スタイリッシュでありながら、お洋服のコーディネートを邪魔しないカラー展開なので気を遣わずガンガン使えそうですよね。

サイズ H31cm x W38cm x D10cm
重量 Cuben 33g, Tyvek 42g
素材 210Dダイニーマグリッド
容量 10L
カラー Cuben Black、Tyvek

WANDERLUST EQUIPMENTの軽量さを体感しよう!

出典:WANDERLUST EQUIPMENT

キャンプと自然とギアを考えた時、無駄を省き機能性と合理性を追求したWANDERLUST EQUIPMENTの軽量化されたギアは、キャンパーの手助けをしてくれる相棒になると思います。

もう積載から省くものはありません。

車にサクッと積んで、キャンプ場でサクッと設営をする。

WANDERLUST EQUIPMENTの軽量さを体感することで、キャンプ場で一目置かれるのは間違いないでしょう。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ten

ten

九州在住のママキャンパーです。 主人が強引に始めたキャンプに付き合わされた結果、私もハマってしまいました!(笑) 青空の下での御飯作り、愛用のチェアに座りながらの読書、思わず本音が出ちゃう焚火。 たくさんの失敗や経験を積み重ねながら、自分達が気持ち良いと思えるキャンプスタイルを楽しんでいます!