テント

【初心者向け】ロゴス「ナバホティピー400」の仕様・口コミを徹底解説!意外と知らないオプションアイテムも全公開

ナバホティピー400
アイキャッチ

キャンプグッズには様々なものがあり、いろいろ買い集めたくなりますが、キャンプに慣れてくると絶対に欲しくなるのがテントです。

2018年のマクロミル調査によると”アウトドアユーザの「今後欲しいキャンプグッズ」の1位がテント”という結果もあって、各テントメーカーは「コスパ良し」「質良し」「見た目良し」の3拍子が揃ったテントを数多く世に生み出しています。

テントの買い時はまさに”今”なのです。

といってもテント選びはシンプルではありません。
全体的に昔より質が上がっているといっても、それぞれのテントには「個性」があります。
実用性を取るか、見た目を取るかでテント選びに苦労している方は非常に多いです。

今回は、そんな方の悩みを解決する「見た目と実用性」を兼ね揃えたロゴスの定番!
「ナバホティピー400」の魅力・使い方・口コミを徹底紹介させていただきます!
 

ナバホティピー400が人気の理由とは?

ナバホティピー400

出典 楽天市場

ロゴス(LOGOS)のナバホシリーズは2014年から販売されており、ナバホ柄のデザインがおしゃれでかわいいため、女性同士や家族でキャンプを楽しむ方、おしゃれにこだわる男性に人気です。

ナバホシリーズは日本最大のロックフェスでオフィシャルレンタルテントにも採用されており、そのデザイン性と確かな品質によって多くのファンを得ています。

理由1.とにかく広い室内空間!

室内

出典 ロゴス公式サイト

ティピーシリーズには2種類のサイズ(300・400)がありますが、今回ご紹介するのは「ナバホティピー400」です。

ナバホティピーシリーズテントはワンポールのシンプル構造のテントです。

ナバホティピー400は組み立て後の高さがおよそ235㎝で男性でも広々と感じるサイズです。

広さは幅400cm×奥行き345cmと3〜4人がゆったりとくつろげる広さになっています。

最大で7名就寝できる広さとされていますが、大人の女性なら5~6人というのが現実的です。

このサイズなら、小さなお子様がいるご家族でも十分な広さで快適空間が楽しめ、夫婦2人で過ごすにはゆったりとロマンティックな雰囲気を楽しめます。

理由2.設営がとにかく簡単!なのに強靭!

出典 楽天市場

ナバホティピー400は1本のフレームポールを中心に立てるだけなのでとにかく組み立てが簡単です。

フレームポールは航空機にも使用される軽量で強い7075超々ジュラルミンを採用しているので強度も折り紙つきです。

7075超々ジュラルミンは、アルミ合金の中でもトップクラスの強度を持つ材料のひとつですので、強風でテントが倒れることもありません。

設営方法は次の通りです。

設営方法
  • STEP1
    インナーテントの用意

    インナーテントを広げ、6か所をペグで固定する(入口がロゴがある箇所です)

    インナーテント広げる

    出典 ロゴス公式サイト

  • STEP2
    メインポールの組み立て

    メインポールを連結して、天井に差し込み押し上げる

    ポール立てる出典 楽天市場

  • STEP3
    メインポールの設置

    メインポールの下側を床面中央のストッパーに差し込む

    ナバホティピー400は室内空間が広く高さもあるため、女性が一人で組み立てる場合4のフライシートをここでかぶせてから作業することをおすすめします

    フライシート被せる1出典 ロゴス公式サイト

  • STEP4
    フライシートの用意

    その上にフライシートを広げてかぶせ、ゴムリング6か所をペグで固定する

    出典:photoAC

  • STEP5
    フライシートの固定

    フライシートのロープを固定する

    フライシート被せる出典 ロゴス公式サイト

  • たったこれだけで広々としたテントができるのが驚きです。

    収納バック内にペグを打ち込むハンマーが入っていますので他の器具が一切必要ないのも利点なのですが、ハンマーは軽量優先で強度が弱いためペグの固定をもっと速やかに行いたい場合、重めのハンマーを用意しておくことをおすすめします。

    ロゴスで揃えるならおすすめはLOGOS パワーペグハンマー。

    どんなテントにも対応する最強ハンマーと言われています。

    フライシートをインナーテントと同じペグに通す方も多いようですが、別にしたほうがフライシートがピンと張れ、見た目もキレイに仕上がります。

    ペグ打ち出典 ロゴス公式サイト

    理由3.室内環境をコントロールする多彩で高い機能性

    出典 ロゴス公式サイト

    「ナバホティピー400」にはテント内で過ごすことを考え抜いた機能性が付加されています。その1つがフライシートに装備した開閉可能な換気窓です。

    湿気と湿度が調整でき室内環境を快適にコントロールします。

    また、中央のポールにランタンフックが装備されています。上部からの光があることで活動の幅が広がりアクティブに過ごせます。更に「ナバホティピー400」に合わせたおしゃれなランタンを下げればおしゃれでムーディーな空間を演出することが可能です。

    理由4.充実したオプションアイテムでもっと快適に!

    出典 楽天市場

    「ナバホティピー400」にはそれぞれの快適さのレベルや季節性に合わせて様々なオプションアイテムが準備されているのも魅力の1つです。

    その代表的な商品をご紹介します。

    Tepeeマット

    出典 ロゴス公式サイト

    専用のインナーマットを敷けばクッション性が増します。より快適な就寝を求める方や小さなお子様を快適に守りたい方におすすめです。

    Tepeeグランドシート

    出典 ロゴス公式サイト

    このシートをテントの下に敷くことで湿気や冷気を防げます(黒いほうを下に)。天候が悪い時や、寒い時の保温性を高めるのでもっと快適に過ごしたい方におすすめです。グランドシートがセットになって販売しているものもあるため最初から揃えておくのも賢い選択です。

    Tepee ブリッジヘキサタープ-AE

    出典:instagram@yuriyuri.83

    テントの出入り口の窮屈さが気になる方におすすめなのがTepee ブリッジヘキサタープ-AEです。天井部分にはめるだけで連結でき、かなり広いリビング空間が保持できるため夏場の暑さ対策、雨除けにも非常に便利なアイテムです。

    こちらのポールにランタンを付け、夜でもキャンプファイヤーやクッキングを楽しみたいです。

    ガーランドフラッグ(2m×2pcs)

    出典 ロゴス公式サイト

    こちらはナバホシリーズではありませんが、「ナバホティピー400」と見た目の相性は抜群!
    オシャレにとりつけて雰囲気を楽しめるフラッグです。ビジュアルを整えることでキャンプの楽しさを倍増させることができます。

    ナバホティピー400の口コミは?

    それでは実際にナバホティピー400を使用された方の口コミを良かった点・悪かった点に分けて見ていきましょう!

    良かった点
    • 結露がついても乾くのが早くてかたずけもラクラクだった。
    • 200を2人用として購入したが狭かったので400を再購入。快適で広くて最高です。
    • フライシート+インナーテントが薄すぎず、真冬でもそれ程寒くはありません。
    悪い点
    • 二人でもってたたむと空気がはいりたためない。下においてたたむのがおすすめ。
    • ペグが少し頼りないので他の物を使っています。
    • 出入口で砂が入りやすいです。靴の脱ぎ場を作ることをおすすめします。
    • メッシュ部分が少なく、熱がこもりやすく感じた。真夏の直射日光下の使用はおすすめしません。

    まとめ

    まとめ

    今回ご紹介しました通り、ナバホティピー400は初心者や女性でも簡単に組み立てられるにもかかわらず、他にはない個性的なデザイン性を持つテントです。そのため、機能性もデザイン性も兼ね備えた人とは違うテントが欲しい!という方におすすめなキャンプアイテムなのです。

    また、価格もテントの中では低価格で手軽に購入できるのがメリットで、これからキャンプを始めるという方が揃えておくアイテムとしても最適です。

    幅広いシーンで活躍でき、長く快適に楽しむことができるナバホティピー400。
    ぜひ手に入れてアウトドアライフを思いっきり楽しんでみてください。

    ABOUT ME
    Michi
    Michi
    アウトドア歴15年のMichiです。登山、トレラン、キャンプ、マラソンというアクティブな活動を通して趣味のバードウォッチングや山野草観察を楽しんでいます。進化しているアウトドアグッズや様々な挑戦を紹介していきます。