キャンプ場

佐賀県の「七ツ釜キャンプ場」は知る人ぞ知る無料の穴場スポットだった!

「佐賀県にあるおすすめのキャンプ場が知りたい!」

福岡県からほど近い佐賀県唐津市は「イカ」が有名で人気の観光名所です。

そんな唐津市内から30分程度で行ける穴場のキャンプ場に「七ツ釜キャンプ場」があります。海が近く釣りも楽しめます。

そしてなによりも嬉しいのが利用料が無料である点!

しかし、ネット上にはあまり詳しい情報が載っていないので、実際に家族3人(妻・3歳の息子)で利用してどんなキャンプ場なのかチェックしてきました!

  • どこにあるのか?
  • どんなところ?
  • おすすめのポイントは?

など詳しくまとめていきます。

佐賀県唐津市「七ツ釜キャンプ場」ってこんなところ

出典:唐津観光協会

アクセス・基本情報

七ツ釜キャンプ場は、国の天然記念物にも認定されている「七ツ釜」に隣接した無料のキャンプ場です。当然、チェックイン・チェックアウトなどの時間も自由で、予約なども必要ありません。

ちなみに天然記念物の「七ツ釜」とは、玄界灘の荒波で浸食された七つの釜(洞窟)を擁する景勝地のことです。

七ツ釜の上は整備された芝生で展望台や遊歩道が整備されていています。

また釣り人にも人気のフィッシングスポットでもあり、休日には多くの観光客・釣り人でにぎわっています。七ツ釜の洞窟内にはの遊覧船”イカ丸”・”ジーラ”でクルージングができます。

電話なし
住所〒847-0135 佐賀県唐津市屋形石3618
料金無料
駐車場あり
予約不要

佐賀県唐津市「七ツ釜キャンプ場」までの道のり

ナビを使って「七ツ釜キャンプ場」まで行こうとすると、近くまでは案内してもらえますが、正確な場所までは案内してくれません。

なので、道に迷わないようにキャンプ場までの道のりの写真を載せておきます。

ナビに”七ツ釜キャンプ場”と入力すると「お食事処 清月」という、広い駐車場のある場所につきます。

ここからキャンプ場までは「七ツ釜観光遊覧」の看板がさす方に、狭い道を進んでいきます。普通車が1台通れる程度の幅なので慎重に進みましょう。

すると左手に開けた場所があり、ここに車を駐車することができます。人が少なく場所に余裕がある場合には、テントに車を横付けすることも可能です。

※管理人や管理棟などはなく、テントサイトの区切りもありません。人が多い場合にはゆずり合いましょう

この駐車場の奥がテントサイトになっています。テントサイトは平らな所が少なく、全体的にゆるい下り坂になっています。また日陰も少ないので、夏のキャンプの場合にはしっかりとした暑さ対策が必要です。

テントサイト内には、テーブルやイスも備え付けてあります。「玄海国定公園」としてしっかり管理してあり、芝生もきれいにカットされていてフカフカの地面でキャンプできます。写真の右側に少しの木陰があり、そこには手作りのブランコもありました。

※地面は芝生なので「直火」での焚火は禁止です!

キャンプ場全体は、4~6人用のテント15張りできるくらいの広さで、上段・中段・下段に分かれていました。上段と中段は景色はいいですが、狭くなっていて、4~6人用のテント2張り程度の広さになっています。

七ツ釜キャンプ場にある施設案内

かまど

無料のキャンプ場ですが「かまど」が5台分あります。しばらく使われていないらしく、植物が生い茂っていました。もともとは屋根がついていたんだと思いますが、風で吹き飛んでいて現在は無くなっていました。

「かまど」自体は頑丈に作られてるので、まだまだ使える感じでした。大人数でのグループキャンプの際には役に立つと思います。

トイレ

キャンプ場内にトイレはありませんが、キャンプ場入口の近くに広くてきれいなトイレがあります。もちろん電気も付いているので、夜でも安心して使うことができます。

広々としたトイレなので、小さな子供がいても使いやすかったです。トイレットペーパーも完備してありました。

水道

キャンプ場内の水道は使えませんでした。もともとは水道があったであろう蛇口が2つありますが現在は撤去されていました。ここの他に水道は見当たらないので、必要な水は持参しないといけません。

ちなみに、我が家は家族3人で、4リットルの水を持って行きましたが、1リットルほど余りました。

※トイレに水道はありますが食器などを洗うのはやめましょう

自動販売機

近くにある食堂「お食事処 清月」の前に自動販売機があるので、ここで必要な飲み物を購入することができます。

ジュースの種類は豊富にありますが、アルコールの販売はしていません。

また、キャンプ場から歩いて行ける範囲に食品の販売をしているお店はないので、食材は事前に準備していきましょう。

下記の”周辺情報”でおすすめの食品販売所について詳しく解説しています。

海が近いので釣り・浅瀬探索が楽しめる

キャンプ場を奥に進むと遊覧船の発着場があり、ここで釣りをすることができます。

海はとてもきれいで、底が見えてました。唐津市はイカの名所なので、イカも泳いでいましたよ。

釣りでも有名な場所なので、釣り初心者でも簡単に魚を釣ることができました。

また、釣り以外にも浅瀬では、磯の探索もできるので「ビーナ(小さな貝)」「カメの手」などもとれました。

この周辺の海は遠浅なので、子供が小さくても安心です。子供と一緒に楽しみながら晩御飯のおかずを追加できます。

天気がいいと海に沈む夕日も見られる

海の近くのキャンプ場ならではの、きれいな夕日を見ることもできます。波の音を聞きながらのんびりキャンプを楽しむことができます。

それから、バッタやコオロギ・アリなどは見かけましたが「蚊」に刺されることはありませんでした。蚊が苦手な方にもおすすめです。

七ツ釜キャンプ場のおすすめのポイントまとめ

出典:Pixabay

「七ツ釜キャンプ場」のおすすめのポイントをまとめると次の通りです。

  • 予約不要・無料
  • 海が近く釣りが楽しめる
  • トイレがきれい
  • 食堂が近くにあり、昼ごはんを食べられる
  • 穴場なので人が少ない
  • 天気がいいと、海に沈む「きれいな夕日」を見ることもできる

水道とお風呂がキャンプ場にないのは残念ですが、それ以外は満足できるキャンプ場でした。特に海が好きな方・波の音が好きな方は大満足できると思います。

周辺情報

必要なものは何でもそろう「Aコープ 湊」・「玄海 みなとん里」

キャンプ場から車で10分程度の所にあります。田舎のスーパーマーケットですが、キャンプで必要な食材などはここで全てそろえることが可能。

地元の直売所「玄海 みなとん里」も隣接しているので、新鮮な野菜も手に入ります。「玄海 みなとん里」には牡蠣小屋もあり、店内で購入した肉・野菜・海産物さらに、いけすを泳ぐ魚をバーベキューで楽しむこともできます。

地元の”かあちゃん”手作りのお弁当やお惣菜・手作りまんじゅうなどもあるので、キャンプにピッタリです

毎月第4日曜日の午前中には「みなとん市」というイベントが開催されていて、そうめんやぜんざいを無料で振るまってくれます。

【Aコープ 湊】
住所佐賀県唐津市湊町780-1
電話(0955)79-1122
営業時間9:00~18:00
【玄海 みなとん里】
住所佐賀県唐津市湊町777-1
電話(0955)79-0709
営業時間8:00~18:00

獲れたて新鮮な魚介類「大漁鮮華」

キャンプ場から車で12分程度のところにあり、呼子の新鮮な食材を販売しています。イカはもちろん、ウニ・サザエ・アワビ・アジ・タイ…など数多く取り揃えてあります。魚はどれも格安で、購入した魚は刺身にしてもらえます。

【大漁鮮華】
住所佐賀県唐津市呼子町呼子1740-11
電話(0955)82-3331
営業時間9:00~18:00

展望露天風呂付「呼子 台場の湯」

先ほど紹介した「大漁鮮華」の横にはきれいな温泉があり、露天風呂つきなので玄界灘を見ながらお風呂に入れます。広い休憩室もあるのでのんびりできますよ。

【呼子 台場の湯】
住所佐賀県唐津市呼子呼子町1740-11
電話(0955)82-2111
営業時間10:00~20:00
定休日毎月第3水曜日・年末年始
料金大人(中学生以上)520円
大人(中学生以上)午後5時以降410円
子供(4歳~小学生)310円
子供(4歳~小学生)午後5時以降200円

※4歳未満は無料

透明度の高さが好評「相賀の浜海水浴場」

出典:唐津観光協会

車で10分程度のところに「相賀の浜海水浴場」があります。水質・透明度に優れている佐賀県内でも人気の海水浴場です。

比較的に波が穏やかで、砂浜もとてもきれいです。有料のシャワーを設けた海の家が3軒あり、浮輪などのレンタル品・設備も充実しています。

【相賀の浜海水浴場】
住所佐賀県唐津市相賀
電話(0955)72-4963
営業期間7月上旬~8月中旬
定休日なし
駐車場440台・無料

天然記念物「七ツ釜」をクルージング

出典:唐津観光協会

記事の最初でも紹介しましたが、7つの洞窟の中を遊覧船でクルージングすることができます。船は30分毎に出航していて、繁忙期には増便もあります。冷房の効いた船の中から七ツ釜の絶景を楽しむことができます。

【観光遊覧船 マリンパル呼子】
住所佐賀県唐津市屋形石
電話(0955)82-3001
営業時間9:30~16:30
駐車場50台・無料
料金大人:1800円
子供:900円

佐賀県唐津市でのキャンプは「七ツ釜キャンプ場」で決まり!

今回は「七ツ釜キャンプ場」を紹介しました。福岡市内からも2時間程度と行きやすく、唐津の観光スポットへのアクセスも抜群のキャンプ場でした。

穴場的なキャンプ場で人も少なく、静かでのんびりする事ができます。この日はバイクで来てソロキャンプしている人が数人いました。

バイクを使ったソロキャンパーはもちろん、ファミリーキャンプ・グループキャンプでの利用にもピッタリです。佐賀県にあるおすすめのキャンプ場は「七ツ釜キャンプ場」で決まりですね!ぜひ利用してみてください。

ABOUT ME
マーボ
マーボ
福岡在住のアラフォーおじさん。主に格安(無料)キャンプ場をメインに家族3人でファミリーキャンプをしています。料理が得意な妻と、アニメONE PICEが大好きな4歳の息子と一緒に過ごすのが何よりも幸せな時間です。「必要な物はなるべく自分で作る」がモットーなので、最近は築100年以上の古民家を自分で改装中