キャンプ場

【北海道5選】夏でも涼しいファミリーにおすすめの人気のキャンプ場はこれ!

出典:真狩焚き火キャンプ場公式ホームページ

夏真っ盛り!北海道の夏は短いとは言え、ここ何年かは温暖化の影響もあり、30度を超える日が続くことも珍しくはありません。

猛暑が苦手な人にとって、涼しい日をめがけてキャンプ場に行きたいところですが、そうもいかないのが現状。ましてやファミリーキャンプだと、ちゃんと予定を立てて行きたいですよね。そして、小さい子供のいる家庭では特に、熱中症に気をつけなければいけません。

今回は、熱い夏でも涼しく過ごせるキャンプ場を、5選ピックアップしました。

ぜひ、キャンプ場選びの参考にしてみてください。

涼しいキャンプ場の条件とは?

夏のキャンプは場所選びが肝心。熱中症対策にも限界がありますから、涼しいキャンプ場を選びたいですよね。

それでは、涼しいキャンプ場の条件には、どのようなものがあるでしょうか。

標高が高い

標高が100メートル高くなると、気温は約0.6度下がると言われています。山登りなどをする人は、平野部との気温の差に驚かれる事もあるでしょう。標高1,000メートルにもなると、平野部との気温差は約6度。熱い夏に、標高の高いキャンプ場が人気なのは、この事が理由です。

木陰がある

樹木の多いキャンプ場は、葉が生い茂り木陰ができるので、涼しく過ごせます。

樹木の蒸散(根から吸い上げた水分を葉から蒸発させること)により、気化熱によって涼しく過ごせるのも理由。

樹木を利用してタープ張ったり、ハンモックを吊るすことができるのも魅力です。

湖畔や川など、水辺の近く

水辺の周りの空気は、水が蒸発する際に周囲の熱を奪う気化熱により体感的に涼しく感じます。

流れがなく浅い川で水遊びが楽しめたり、湖畔でカヌーなどのアクティビティを楽しめるのも魅力。水の音も涼しさを演出してくれます。

【北海道5選】夏でも涼しいファミリーにおすすめの人気キャンプ場はこれ!

それでは、北海道でファミリーキャンプにおすすめの、涼しいキャンプ場をご紹介していきます!

朱鞠内湖畔キャンプ場

出典:朱鞠内湖畔キャンプ場公式ホームページ

林間・湖畔際など、好きな場所に車を乗り入れてテントを張ることができます。コインシャワー・ランドリーの設備も整う綺麗なキャンプ場です。

出典:朱鞠内湖畔キャンプ場公式ホームページ

薪が売ってますので、焚き火も楽しめます。

出典:朱鞠内湖畔キャンプ場公式ホームページ

湖で釣りができることでも有名な主鞠内湖。釣り竿のレンタルもしていますので、お子様の釣りデビューにもおすすめ。釣りをしたことがなくても、スタッフが丁寧に説明してくれますので安心です。湖でカヌーも楽しめますよ。

ログキャビンは、オールシーズン営業してますので、冬のワカサギ釣りも楽しめます。

【基本情報】

住所北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内
電話番号0165-38-2101
予約受付時間8:00〜17:00
施設利用時間IN 8:00〜17:00/OUT 10:00まで(レイクハウスはIN15:00)
料金キャンプサイト(大人):600円/1泊
キャンプサイト(子供):300円/1泊
電気使用料:200円/1泊
ログキャビン(1棟4〜6人):7,500〜9,500円/1棟1泊
※使用可能な場所はキャンプサイトマップでご確認ください
レイクハウス(素泊まり):5,500円
レイクハウス(1泊軽朝食付き):5,600円
レイクハウス(1泊朝食付き):6,500円
※手作り朝食か釣りパックのどちらか選べます
レイクハウス(1泊夕食付き):8,000円
レイクハウス(1泊2食):8,100円
※軽朝食
レイクハウス(1泊2食):8,500円
※手作り朝食か釣りパックのどちらか選べます
公式HPhttps://www.shumarinai.jp/accommodation/camping/

【アクセス】

士幌高原ヌプカの里

出典:士幌ヌプカの里公式ホームページ

士幌高原ヌプカの里は、十勝平野を一望できる、標高600メートルの場所にあります。大雪国立公園内に位置し、とにかく広くて涼しい高原のキャンプ場です。子供たちが遊べる木製の遊具があり、ファミリーキャンプにとてもおすすめ。

出典:士幌ヌプカの里公式ホームページ

キャンプサイトの他に、コテージもあり、バス・トイレ・キッチン・寝具も完備。

出典:士幌ヌプカの里公式ホームページ

焼肉ハウスでは、大自然で育った「しほろ牛」が食べられます。もちろん、北海道グルメの「ジンギスカン」も味わえますよ。(事前の予約が必要です)北の絶景を眺めながら、北海道グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

【基本情報】

住所北海道河東郡士幌町字上音更21-173
電話番号01564-5-4274
予約受付時間電話:10:00〜16:00
施設利用時間IN 15:00〜17:00/OUT 10:00まで
料金キャンプサイト(約50区画):500円/1区画1泊
コテージ(6棟/6〜11名まで):8,000円/棟
加算料金(GW・7月・8月):1,570円/1人1泊
※添い寝可能な未就学児は無料
キャンセル料:当日100%/前日50%/2日前30%
公式HPhttp://www.nupuka.jp

【アクセス】

兜沼公園キャンプ場

出典:兜沼公園キャンプ場公式ホームページ

天塩郡豊富町の、兜沼に面したキャンプ場です。林間のキャンプ場にプラスし、新たにオートキャンプ場が増設されました。

林間のキャンプ場は、樹木が多く残り、芝生の状態も良好で涼しく快適な空間です。池もありボートが楽しめるので、ファミリーキャンプには最適。バンガローや、大きな樹木に囲まれた「やすらぎの家」もありますので、テントを張るのが苦手な人でも安心ですね。

焼肉の鉄板や網、テントや寝袋のレンタルも行っています。手ぶらで行きたい方は、公式ホームページでレンタルできる道具をチェックしてくださいね。

出典:兜沼公園キャンプ場公式ホームページ

オートキャンプ場は、電源・水道が完備。

出典:兜沼オートキャンプ場公式ホームページ

【基本情報】

住所北海道天塩郡豊富町字兜沼
電話番号0162-84-2600
予約受付時間電話:9:00〜18:00/インターネット:24時間
施設利用時間IN 13:00〜/OUT 10:00まで
料金持参テント大(3名以上):1,040円/張
持参テント小(2名以上):830円/張
持参テント ライダー:520円/張
バンガロー(予約制)3人用5棟:1,570円/棟.
やすらぎの家(予約制)2人用1棟:1,570円/棟
やすらぎの家(予約制)4人用5棟:3,140円/棟
やすらぎの家(予約制)10人用2棟:5,230円/棟
公式HPhttps://kabutonuma-camp.com

【アクセス】

エルム高原リゾート 家族旅行村

出典:エルム高原リゾート公式ホームページ

エルム高原は、家族旅行村を中心に、温泉・貸別荘・オートキャンプ場などがある、総合アウトドア施設。

水遊びができる幌倉川が流れ、子供達で賑わっています。

出典:エルム高原リゾート公式ホームページ

子供に人気の、ロングすべり台もあり、ファミリーキャンプにとてもおすすめ。テニスコートや森林浴も楽しめます。
温泉も併設してますので、たくさん遊んだあとは、温泉でゆっくり癒やされてください。

出典:エルム高原リゾート公式ホームページ

【基本情報】

住所北海道赤平市幌岡町377番地1
電話番号0125-32-6160(家族旅行村)
予約受付時間9:00〜17:00
施設利用時間IN 13:00〜/OUT 11:00まで
料金キャンプ利用(小学生以上):520円
※幼児無料
バーベキューハウス(4コーナー):520円/1時間1コーナー
テニスコート(2面):1,040円/1時間1面
野外ステージ:90円/1時間
公式HPhttp://www.akabira.net/family/

【アクセス】

真狩 焚き火キャンプ場

出典:真狩焚き火キャンプ場公式ホームページ

真狩焚き火キャンプ場は、アウトドアの経験が少ない人でも、道具いらずで手軽にキャンプを楽しめます。初心者でも、スタッフがしっかりサポート。

出典:真狩焚き火キャンプ場公式ホームページ

ウットデッキに設置されたキャンプサイト「ベルテント」テント・寝具・バーベューグリル・焚き火台などがセットの、手ぶらキャンププランです。羊蹄山を眺めながら、おしゃれキャンプを楽しめます。宿泊人数は2名〜4名と、ファミリーキャンプにぴったり。

出典:真狩焚き火キャンプ場公式ホームページ

キャンプ気分とお部屋のような快適さを兼ね備えた、「コンテナハウス」バーベキューグリル・焚き火台がセットの、キャンプ初心者に人気のプラン。寝具は寝袋でキャンプ気分を味わえます。宿泊人数は、ファミリーにぴったりの2名〜6名。

出典:真狩焚き火キャンプ場公式ホームページ

キャンピングトレーラーで、キャンプ体験ができます。キャンピングカー・トレーラーの購入を考えている方は、一度体験してみるのをおすすめします。宿泊人数は2名〜4名。

手ぶらプランの他に、キャンピングカーも安心の、電源付きRVパークもあり、充実した施設となっております。
【基本情報】

住所北海道虻田郡真狩村社86-1
電話番号0136-55-6400
予約受付時間平日11:00〜15:00/18:00〜20:00  土日11:00〜18:00
施設利用時間IN 14:30〜/OUT 10:00まで
料金手ぶらキャンプ:12,000円〜
電源付きRVパーク:3,800円
公式HPhttp://takibi-camp.jp

【アクセス】

まとめ

北海道で、ファミリーキャンプにおすすめの、涼しいキャンプ場をご紹介しました。

涼しい高原や林間、水辺があるキャンプ場などは、日中は涼しく快適でも、夜は寒くなることも考えられます。防寒対策も忘れずにしてください。

キャンプに慣れた方から、ビギナーの方まで楽しめるよう、幅広くピックアップしましたので、本記事を参考に楽しいファミリーキャンプを楽しんでくださいね。

ABOUT ME
happeaceflower
happeaceflower
アウトドア全般が趣味の外遊び大好き女子です。キャンプ歴は15年。友達や家族とキャンプを楽しんでいます。そして、3年前に念願のソロキャンプデビューを果たし、現在では年間10回以上行く程ドハマりしています。キャンプギアマニアでアウトドアショップを巡る日々。オシャレキャンプからミニマムキャンプまで、色々挑戦中!