バーナー

CB缶バーナーで最もオシャレ!?スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の魅力に迫る!

出典:snowpeak

今回レビューさせていただくのは、名前の通り家でもキャンプでも使えるスノーピークの卓上コンロHOME&CAMPバーナーです。

すっきりと収納できて鍋を置いた時の安定感も抜群なので、キャンプではもちろん、家で使う卓上コンロもこの一台で十分になりました。

HOME&CAMPバーナーの基本スペックから魅力的なポイント、注意点などをまとめたので参考にしてみてくださいね。

スノーピーク「HOME&CAMPバーナー」の基本スペック

出典:snowpeak

カラー ブラック/カーキ/シルバー
サイズ (使用時)301×346×120㎜/(収納時)90×120×255㎜
重量 1.4㎏
使用ガス ブタンガス
出力(ガス消費) 2.4kw(気温20~25℃)
連続燃焼時間 約110分
専用容器(ボンベ) GPC-250CB
使用できる鍋の大きさ 最小Φ14㎝~最大Φ30㎝(鋳鉄製品使用不可)

組み立て方法

初めて使用するときは組み立てに少し手こずりました。

無理に引き出そうとすると故障の原因になるため注意しましょう。一度要領が掴めればとっても簡単にセット出来ます!

本体はこんな感じ。収納時は筒状になっていて中にごとく部分が収納されています。

①カバーを開きます。

②ごとく部分を引き出します。

③裏面にある丸いロックピンを押しながら…

④ごとく部分回転させます。270℃回転したらロックピンを穴にカチッとはめて固定させてください。

⑤最後にごとくを広げると完成です!

ごとくが収納されていた部分にガス缶を入れると、あっという間に料理に使えます。

ガス缶がマグネットで固定されるのも、安心して使用できるポイントですよね。

収納時は逆の手順で収納していけばOK!

慣れると30秒ほどで組み立て出来るようになりますよ!

HOME&CAMPバーナーの魅力5つ

ここからは実際にHOME&CAMPバーナーを使用してみて魅力的に感じた点をお話しします。

魅力①シンプルでおしゃれなデザイン

こちらはブラックのバーナーですが、自宅のキッチンに置いてもさりげなく馴染むスタイリッシュなデザイン。

インテリアとしても違和感がないです。

余計なものがないシンプルな作りなので、どんなキャンプギアとも相性がいいです。

この無骨な感じがまたカッコいいですよね。

魅力②コンパクトに収納できる

出典:snowpeak

卓上コンロはキャンプに持っていくと非常に便利な道具で、料理の幅も広がります。

でも、薄型のコンロでも意外と幅があり場所を取ってしまいます。

HOME&CAMPバーナーは場所を取るごとく部分を収納できるので、コンパクトに持ち運ぶことが可能です。

直立するためバッグの隙間にも入ります。

専用の収納ケースも販売されています。

衝撃による傷が心配な場合にはケースに入れての持ち運びが安心ですね。

HOME&CAMPバーナー ネオプレーンケース

出典:snowpeak

サイズ 120×90×270㎜
重量 120g
材質 発泡クロロプレンゴム(ネオプレン)

魅力③点火と火力調整が簡単

一般的なガスコンロのように、スイッチをひねるだけで点火するわかりやすい仕組みです。Ⅰ~Ⅲまでの表示があるのでつまみを合わせるだけで簡単に火力調整ができます。

シングルバーナーやツーバーナーで弱火にしようとすると、「あれ?消えちゃった?」となることも多いですが、Ⅰの表示に従うだけなので弱火にしやすいのもこのバーナーのポイントです。

魅力④ヒートパネル付きで火力が安定する

ガス缶の使用時、時間が経つにつれて温度が低下し火力が低下していくのですが、HOME&CAMPバーナーには温度低下を防ぐためのヒートパネルが掲載されています。

ヒートパネルによってガス缶が温められ、火力を維持したまま最後まで使用することができます。

魅力⑤大きな鍋も置ける

使用できる鍋のサイズは最小Φ14㎝~最大Φ30㎝となっています。重心も低く、4つの支点でしっかりと支えられているため、大きな鍋も安心して置くことが可能です。

グループや家族など、複数でキャンプに行くことが多い人は使いやすいコンロだと思います。

HOME&CAMPバーナーの注意点3つ

続いて注意しておくべきポイントを3つご紹介します。

注意点①意外と重たい

出典:snowpeak

初めてHOME&CAMPバーナーを手に取った時の印象が、「重い…」でした。そのコンパクトな見た目から軽そうな想像をしていたのですが、意外とずっしり感がありました。

重いといっても1.4㎏で一般的な卓上コンロとも差がありません。

ある程度重さがあることで、大きな鍋も安定して置けるのだと考えられます。持ち運びには全く支障はないですよ。

注意点②小さなクッカーは乗らない

小さめのクッカーやシェラカップなどは安定して乗せることが出来ません。

最小Φ14㎝~となっているのでそれ以下の鍋を使いたい人は要注意です。

ソロキャンプで小さなクッカーしか使わない人は、シングルバーナーを使用する方がよいでしょう。

注意点③輻射熱に注意

出典:snowpeak

HOME&CAMPバーナーは底面が空いているので、熱に弱いテーブルや床に置く際には注意が必要です。

熱源や鍋などの熱せられた物の輻射熱で天板が焦げたり変色する原因となります。テーブル面を保護するための断熱シートもあるので、使用するテーブル等に合わせて使用してください。

公式サイトにも必ず要るものではないと記載されており、実際にキャンプ中や自宅で使用した際は断熱シートなしで問題なく使用できました。

バーナーシートL

出典:snowpeak

サイズ 320×450㎜
重量 65g
材質 カーボンアラミドクロス(アルミ加工)

まとめ

大きな鍋やフライパンをよく使う人にぴったりのHOME&CAMPバーナーをご紹介しました。

実際に使用してみて、本当に家でもキャンプでも使用できる使いやすいコンロでした。収納場所にも困らない、お気に入りのアイテムです。

デザイン性が高く品質も間違いなしの卓上コンロをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ABOUT ME
ayanatsu
ayanatsu
アウトドア歴8年のayanatsuです。キャンプでは美味しいご飯やおやつ作りにハマっています。 外で食べるご飯は格別です!パチパチと薪がはぜる音を聞きながらの焚火タイムも大好き。 今後は子連れキャンプ情報なども発信していければと思っています!