ノウハウ

【冬キャンプ】底冷えから見直す寒さ対策8選!おすすめの商品もご紹介

夏が終わってキャンプの季節も終わってしまった~と諦めていませんか?そんなことはありません!実は秋冬は虫もいなくて空気も澄んでいて、キャンプにぴったりな季節でもあります。

しかし、寒さ対策だけは万全に備えることが必須!今回は、底冷え対策について徹底解説いたします。

参考にしていただき底冷え知らずの楽しい冬キャンプを過ごしてくださいね。

底冷え対策とは「地面からの冷気をシャットダウンすること」

出典:pixabay

まず、なぜ底冷え対策をしなければいけないのか簡単にご説明いたします。

寒い季節にキャンプをするとなると、防寒としてしっかり着込んだり、温かいものを食べることなどは思いつくと思います。もちろん、これらの防寒もとっても大切。しかし、地面からの冷気は気にしているでしょうか?

テントの中を快適に過ごせるように対策をとったとしても、地面からの冷気をシャットダウンしないと寒くて寝れない!ということが起きてしまうかもしれません!

底冷え対策に必須アイテムを重ねることで空気の層ができ、結果として地面からの冷気がシャットダウンできます。

冬キャンプでテントの中も快適に過ごすためには、底冷え対策を万全にしておくことが秘訣です!

底冷え対策8選

出典:DOD公式サイト

それでは、実際に底冷え対策は何をするべきなのか、8つのアイテムをご紹介いたします。これからご紹介する8つは、紹介する順に下から重ねていけば底冷え対策ばっちりです!

また、全てを揃える必要はありませんが、あればあるほど底冷え知らずなので、そのことは頭の片隅で覚えておいていただけると嬉しいです。

スカート付きテント

出典:DOD公式サイト

普段使われているテントに、「スカート」はついてますか?

「スカート」とは、インナーテントとアウターテントの間にある隙間に、冷気が入ってくるのを防いでくれる役割があります。

秋冬用のテントにはそのスカートが付いていることもありますが、夏用のテントには付いていないことが多いです。

もし付いていなければ、付いているテントを購入するか、自分でスカートをDIYしましょう。

自作スカートの作り方はブルーシートやグランドシートを切って、クリップなどで留めるだけ!

簡単にできるので節約したい方にはおすすめです。

スカート付きのテントのおすすめはcolemanのタフスクリーン2ルームハウス/MDX+

不動の人気です。2ルームなので広々使えて、性能も言うことなし。コスパ最強です!

また、スカートを自作するならユタカメイクから販売されているグリーンシートや、ホームセンターなどで売られているブルーシートで十分ですよ。

銀マット(ウレタン素材のテントマット)

出典:photoAC

テントの中に敷くものは、まずは銀マット!

「銀マットでいいの?」と思われた方もいるかもしれませんが、銀マットは本当に優秀です。

アルミシートで熱を反射してくれるので寒さ対策には必須アイテム。敷くときは銀の面を上にして敷きましょう!

そこまで高い商品でもなく、比較的簡単に手に入るので準備しておくことがおすすめです。見た目が少し気になるという方はアウトドアブランドから販売されている、ウレタン素材のテントマットでもOK!

インナーマット

出典:coleman公式サイト

次に敷くのはインナーマットです。

節約したい方はダンボールでも代用できます。

ダンボールなら行きのスーパーなどでいただくこともできるので、インナーマットを忘れてしまっても応用ができます。

インナーマットがあることでクッション性も高くなり、空気の層もできて防寒対策と快適性を実現してくれます!

インフレーターマット

出典:Amazon

次は寝床の準備です。インフレーターマットを使ってさらにクッション性を高めましょう。

選ぶコツは、なるべく分厚いインフレーターマットを選ぶこと

薄いインフレーターマットでは地面との距離が近くて寒い可能性があります。10cmぐらいの厚さがあると嬉しいですね!

おすすめは、シングルで使うならFIELDOORの車中泊マット、ダブルで使うならコールマンのエアーマットキャンパーインフレーターマットダブルです。

インフレーターマットか、次に紹介するコットとどちらかを使いましょう!

コット

出典:Amazon

コットは底冷え対策の中でも最も有効なアイテムと言っても過言ではありません!

コットを使えば地面からの距離も離れて、冷気が届くこともほとんどなく、底冷えが心配な方にはぜひ使っていただきたいです!しかし、寝相が悪い方やお子様がいる場合は注意が必要なので避けた方がいいかもしれません。

また、コットにはロータイプとハイタイプとありますが、冬場なら地面から距離のあるハイタイプを選ぶのがポイントです!

インフレーターマットよりしっかり地面から離れたい方はこちらを使用してください!

高さ調整がしたいならクオルツの2WAYライトビームコット、ふかふかも一緒に味わいたいならDODのハンペンインザスカイがおすすめです!

寝袋

出典:LOGOS公式サイト

寒い時期の寝袋はとても重要です。

氷点下に対応できるハイスペックのダウン寝袋はもちろんおすすめですが、もしお持ちでなかったり予算の都合で厳しい場合は、化繊の安い寝袋を重ねて使うのも効果的です。

寝袋を選ぶ場合は頭まですっぽり入れるタイプを選びましょう!頭が出ているととても寒いので要注意です。

ダウンなら-11度までOKな人気のナンガ、重ねる用に買い足すなら安価にゲットできる高コスパのCuteeFoxがおすすめです!

エアーマット

出典:Amazon

寝袋の中に入れて使うエアーマットというものはご存知でしょうか?

エアーマットを入れることでクッション性も高まり、さらにダウンも潰れず、底冷えも解消できるので使う価値ありです!

エアーマットならクライミット社!というぐらい、こちらの商品は人気があります。

テントシューズ

出典:coleman公式サイト

底冷え対策のひとつとして、テントシューズを履くのもおすすめです。

履いたまま寝袋に入れるので、足元がぽかぽかして心地よく眠れますよ。

足元から冷える寒い季節のキャンプをするなら、一足持っておきたいアイテムですね。

これで底冷え対策もばっちり◎

出典:photoAC

今回は底冷えに特化したアイテムを8つご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

ご紹介したアイテムを使えば底冷え対策もばっちりです!

おうちにあるものや安く手に入れられるアイテムもあったと思うので、風邪をひかないためにもぜひお試しください。

しっかり防寒しておけば、寒い季節のキャンプも快適に過ごせて冬キャンプにはまってしまうかもしれません!楽しい冬キャンプをお過ごしくださいね!

ABOUT ME
成石千穂
成石千穂
神奈川県在住、夫婦でキャンプを楽しむアラサー主婦です。 キャンプ歴は2年となり、緊急事態宣言が明けてからは月に1回キャンプをしています。 自然の中で食べるご飯が大好きで、簡単&美味しいキャンプ飯を日々模索中。 一番好きなキャンプ飯は、朝ごはんに食べるホットサンド!