バーナー

「CB缶」を利用できるシングルバーナー8選!維持費が安いCB缶はメリットだらけ!

  • こんにちは!キャンプ歴15年のhappeaceflowerです!

皆さんは、「CB缶」を使ったバーナーと言えば、どうようなものが思い浮かびますか?
当時の私は、まず最初に家庭用の卓上コンロを思い浮かべていました。

そんな私が「CB缶」を利用できるシングルバーナーの存在を知ったのは、ソロキャンプ用のアイテムを揃えていた時でした。
その当時はとにかく驚愕したことを覚えています。
値段が安い「CB缶」が利用できれば、今までの燃料費が馬鹿らしくなるくらいコスパが良くなりますので!

とはいったものの、「CB缶」が具体的にどのようなものなのか分からない方もいらっしゃるかと思います。

ということで、今回は「CB缶」の具体的な特徴と、アウトドアシーンでよく見かけるガス缶「OD缶」との比較をさせていただきます!

そして、私が自信をもっておすすめしたい「CB缶」利用可のシングルガスバーナーを厳選して8つご紹介させていただきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

CB缶とOD缶の特徴と比較

ソロキャンプで使うバーナーと言えば「OD缶」を使ったバーナーのイメージが強いのではないでしょうか?しかし「OD缶」は価格が高めで、入手できるお店も限られます。

しかし「CB缶」はコンビニでも手に入るのです!コンビニ大好きな私が「OD缶」より「CB缶」を選んだのは、そのような理由からでした。

それでは、2つのガス缶の特徴を見ていきましょう。

CB缶

CB缶とは?「Cassette Gas Bombe(カセットガスボンベ)」の略称です。1998年に規格が統一されたので、専用のガス缶を用意する必要がなくなりました。スーパーやコンビニで売っている家庭用のガス缶が使えるのが魅力です。

出典:Amazon

ホームセンターやスーパーで見かける3本セットのガス缶です。コンビニでも購入できますし、100均でも売ってるので、どこでも手に入れることが出来る便利なガス缶です。

私はこの「CB缶」は、卓上で鍋をする時に使うイメージしかありませんでした。

出典:Amazon

しかし、ソロキャンプの準備をしていくうちに、「CB缶」を利用できるシングルバーナーがあることを知り、とにかく感動したことを覚えています。

出典:rakuten

私が感動した「CB缶」利用可のシングルバーナーは「SOTO(ソト)ST-310」でした。こちらは後ほど紹介いたします。

OD缶

「OD缶」とは?「OutDoor(アウトドア)」の略称です。

まさにアウトドアで使うガス缶のイメージですよね。キャンプや登山用に作られたガス缶で、野外で使用しても火力が安定している事が特徴です。気圧の低さや寒い環境にも強く、アウトドアに適しています。

出典:Amazon

この形状のガス缶を「OD缶」と言います。そして、この「OD缶」にバーナーを取り付けて使用します。

出典:Amazon

「CB缶」と「OD缶」を比較

それでは「CB缶」と「OD缶」を以下の3つの項目で比較していきます。

  • 価格
  • 入手のしやすさ
  • 火力

価格

価格で比較すると圧倒的に「CB缶」の方がコスパに優れています。ガスボンベの容量は一般的に250g程度で、「CB缶」だと1本100円や3本セットだと300円未満の物も売っています。

アウトドアメーカーから発売されている「CB缶」もありますが、1本300円程度と割高になります。私も最初はSOTO(ソト)の「CB缶」に憧れ購入していましたが、すぐに家庭用の100円程度のガス缶に変えました。

一方の「OD缶」は250gで、1つ600円前後の物が多いです。

入手のしやすさ

入手のしやすさも圧倒的に「CB缶」に軍配があがります。家庭で使うことが多いので、スーパーやホームセンターには必ず売ってますし、コンビニや100均でも手に入れることができます。

キャンプでガス缶を忘れた時や、足りなくなった時なども、近くのコンビニで入手しやすいのが本当に助かります。

一方の「OD缶」はホームセンターのアウトドアコーナーでは見かけますが、スーパーやコンビニではまず見かけないですし、100均に売ってることもありません。

キャンプ場で忘れたことに気付いたらアウトですよね。

火力

火力の違いでいうとOD缶」の方が強いです。

火力の強さは、ガス缶内の成分に関係してきます。ガスの種類は、プロパンガス>イソブタンガス>ブタンガスの順番で火力が強くなります。「OD缶」はアウトドア用なので、プロパンガスとイソブタンガスが「CB缶」より多く配合されているのです。

そして、「OD缶」のバーナーの方が火力が強いバーナーが比較的多くあります。

しかし、気圧の低い山や、極寒の冬キャンプなど以外では「CB缶」でも問題がなく使えるのが現状です。

 

「CB缶」を利用できるシングルバーナー8選!

「CB缶」や「OD缶」の違いがわかったところで、今回はコスパ最高の「CB缶」が利用できるシングルバーナーをリサーチしてみました。

その中でも厳選して自信をもっておすすめしたいシングルバーナーを8つご紹介させていただきます。

1.SOTO(ソト)レギュレーターストーブST-310

出典:Amazon

値段¥6,930(税込)
サイズ幅16.6×奥行14.2×高さ11cm
重量350g

先程の「CB缶」の説明でも登場したSOTO(ソト)のST-310です。私が初めて知った「CB缶」利用可のシングルバーナーです。

ソロキャンプを始めるにあたり、さまざまなブログを見たり、YouTubeを見たのですが、このST-310を見た時に「CB缶」は、家庭用卓上コンロというイメージがぶっとびました!

今回紹介しているものはAmazon限定の商品となり、本体と反射板がブラック!すごくカッコイイ見た目をしています。

2.SOTO(ソト)GストーブST-320

値段¥7,480(税込)
サイズ幅15.3×奥行19.5×高さ7.7cm
重量380g

私が実際に使っているシングルバーナーです。SOTO(ソト)のST-310を買いにいったはずが、一目惚れをして買った商品です。

ブック型に収納できるのが、ガジェット好きの私にはたまらなく魅力的でした!もちろんガスバーナーとしての性能にも満足しています。

2.snow peak(スノーピーク)HOME&CAMPバーナー

出典:snow peak

値段¥9,980(税別)
サイズ幅9×奥行12×高さ23.2cm
重量1.4kg

snow peak(スノーピーク)のオシャレなシングルバーナーです。収納時が水筒のような見た目で、一見ガスバーナーだとわからないほどですが、組み立てると安定感のあるバーナーになります。

商品名にもありますが、家庭でも使えるので一石二鳥の商品です。

4.Iwatani(イワタニ)カセットガスジュニアコンパクトバーナーCB-JCB

出典:Iwatani

値段¥3,340(税込)
サイズ幅15.5×奥行15.5×高さ12.7cm
重量274g

3,000円台で買えるコスパの良いシングルバーナーです。ガス缶で有名なIwatani(イワタニ)の商品なので、信頼度も抜群です。収納ケース付きで持ち運びにも便利なのも嬉しいポイントです。

5.UNIFLAME(ユニフレーム)セパレートバーナーUS-S

出典:UNIFLAME

値段¥8,900(税込)
サイズ幅12.5×奥行13×高さ7.5cm
重量450g

4つの折りたたみ式五徳で大きな鍋も安定して置くことができます。ホース付きの分離型でガス缶が熱くなりません。ダッチオーブンやスキレットなどの、熱くなる調理器具でも安心して使えます。

専用のメッシュケース付きで持ち運びにも便利です。

6.SOTO(ソト)シングルバーナーST-301

出典:Amazon

値段¥8,250(税込)
サイズ幅19×奥行17.6×高さ8.3cm
重量690g

数あるCB缶用シングルバーナーの中でも、火力がかなり強いタイプです。一般の家庭用のキッチン用のガスコンロに近い火力がでます。

五徳が大きく重心も低いので、大きな鍋をのせても安定感があります。ホース付きの分離型なので、ガス缶が熱くならないのがメリット。

7.UNIFLAME(ユニフレーム)ミニバーナーUS-700

出典:UNIFLAME

値段¥5,500(税込)
サイズ幅9.3×奥行7.7×高さ11.5cm
重量315g

組み立て不要のシンプルなシングルバーナーです。コンパクトながら、ステンレス製なので耐久性が高いです。ミニマムキャンプにおすすめ!

8.SOTO(ソト)レギュレーターストーブFUSION ST-330

出典:Amazon

値段¥9,700(税込)
サイズ幅4.1×奥行12×高さ9cm
重量245g

SOTO(ソト)レギュレーターストーブST-310の分離型です。ST-310よりも五徳の高さが低く、直径も広くなったことで、安定感がアップしました。大きめの鍋でも安心です。

まとめ

私が自信をもっておすすめできる「CB缶」を利用できるシングルバーナーを9選ご紹介しました。なんと言っても、手に入りやすいのが「CB缶」の魅力です。

コンパクトに収納できるので、ソロキャンプには最適ですよね!

この記事を参考に「CB缶」のシングルバーナーを選んで、楽しいキャンプをお過ごしください!

ABOUT ME
happeaceflower
happeaceflower
アウトドア全般が趣味の外遊び大好き女子です。キャンプ歴は15年。友達や家族とキャンプを楽しんでいます。そして、3年前に念願のソロキャンプデビューを果たし、現在では年間10回以上行く程ドハマりしています。キャンプギアマニアでアウトドアショップを巡る日々。オシャレキャンプからミニマムキャンプまで、色々挑戦中!