調理器具

【レビュー】ソロキャンプにぴったり!手入れが楽なクッカーならプリムス「イージークックNS・ソロセットM」がおすすめ!

こんにちは、徒歩ソロキャンパーのもめ(@momecamp0121)です!

今回は、私が購入してからずっと愛用している

「PRIMUS(プリムス) イージークックNS・ソロセットM」

をご紹介します。

ソロキャンプにはぴったりなサイズ感、そしてお手入れも簡単な加工など、おすすめのクッカーはなに?と聞かれたら自信をもってこれ!と言えるようなクッカーです。ぜひチェックしてみてくださいね!

イージークックNS・ソロセットMとは

PRIMUS(プリムス)はアウトドア用ストーブなどで有名な、歴史あるスウェーデンの燃焼器具ブランドです。キャンプだけでなく登山者などにも長く愛用されているストーブを多く出しています。

そんなプリムスが発売しているクッカーの一つが、この「イージークックNS・ソロセットM」です。燃焼器具ブランドが拘りぬいて作り出したクッカーですよ!

基本スペックはこんな感じです。

値段¥3,600(税抜)
セット内容
  • ポット(900㎖、内径Φ11.2×9.9㎝)
  • ミニポット(400㎖、内径Φ11.2×4.8㎝)
  • メッシュ収納袋
重量250g
収納サイズΦ12.5×14.5㎝
素材・加工
  • ハードアノダイズド加工済みアルミ製
  • 内側ノンスティック加工済み
  • 底面滑り止め加工済み

ソロセットMはその名の通り、一人で使うのに適したサイズ感です。素材は軽量で熱伝導が良く調理しやすいアルミで、ハードアノダイズド加工がなされているのでより丈夫なつくりになっています。

他にもノンスティック加工や滑り止め加工など、使いやすい工夫」がたくさんされています。ソロキャンプや登山に使うクッカーにおすすめです。

ピッタリサイズのメッシュ袋もついています。

「イージークックNS・ソロセットM」を使ってみてわかった”6のメリット”

①ソロにちょうどいいジャストなサイズ感

250のOD缶とのサイズ比較

このソロセットMの900mlというサイズ感は、じつはソロキャンパーにとって小さすぎず大きすぎないジャストなサイズ感なのです。

ソロキャンパーにとっては、荷物は減らしたいからキャンプ道具はできるだけコンパクトにしたいです。でも、あんまり小さすぎると今度は使いづらいので、使うのが嫌になってしまいます。

ソロセットMはその絶妙なポイントをついてくる!そんなサイズ感が魅力の一つです。

②焦げ付かない・お手入れらくちんなノンスティック加工(NS加工)

ノンスティック加工は、内側になされる焦げ付き防止用の加工のことです。よく言われるテフロン加工なんかもこれに当たります。

この加工がなされていることによって、2つのメリットがあります。

メリットまとめ
  • 調理がしやすい
  • お手入れがしやすい

焦げ付きづらい加工がなされていると、やはり調理がしやすいです。特にお米の炊飯時は助かります。よく炊飯に便利なクッカーとして挙げられるTRANGIA(トランギア)の「メスティン」はこのような加工がなされていませんから、気をつけないと焦げ付いてしまうことも。

ソロセットMは炊飯時も多少は気を抜いて、気軽に使うことができます。

さらにこの加工で嬉しいのが、お手入れがしやすいところ。お米を炊いた後や料理をしたあとも食べカスがクッカーにこびりつきにくいので、少しこすって流すだけでお手入れ完了です。

私はいつもソロキャンプの間は、洗い場で洗うのではなくアルコールで拭いてお手入れを済ませています。ソロだと洗い場に行くのも不安だし、めんどくさいですからね(笑)そんなずぼらキャンパーな方にもおすすめですよ。

③OD缶とコンパクトバーナーを一つにパッキングできる!

私が一番好きなポイントがこの、OD缶とバーナーをクッカー1つでパッキングできるところです!

このソロセットMには250サイズのOD缶とコンパクトなバーナー(例えば「プリムス 153ウルトラバーナーなど)を一緒にパッキングができてしまうのです。

バーナーとガス缶、クッカーをセットにしておけば、このソロセットM1つあれば湯沸かしや調理ができる!という状態にしておくことができます。荷物をできるだけ減らしたいソロキャンパーにとってはありがたいポイントですね。

出典:PRIMUS

④滑り落ち防止の底面加工

メインポットの底面に滑り落ち防止の底面加工

底面にも使いやすくなる工夫がされていて、それがこの滑り落ち防止の底面加工です。

円を描くようにスジがあることでバーナーから滑り落ちにくくなります。これのおかげで安心してお湯を沸かしたり料理をしたりできます。

⑤地味にうれしいメモリ付き

そして地味にうれしいのが内側に水量のメモリがついていること

メモリは、200/400/600/800(ml)と12/16/20/24(oz)に対応しています。お米を炊くときなどに重宝しますね!

お米を炊くときは先に水を入れると手間が省けていいですよ!

⑥シンプルなデザインがかっこいい!

表面には主張しすぎない”PRIMUS”の文字が。

個人差はあると思いますが、黒を基調としたシンプルなデザインが私はとても好きです。他社のクッカーにも同じような型のものがあるのですが、取っ手が明るい色だったりして目立ちます。

好みの問題にはなりますが、この落ち着いた感じかっこよくないですか?!

「イージークックNS・ソロセットM」の”3つの注意点”

①滑り落ち防止底面加工はメインポットのみ

滑り落ち防止の底面加工は二つ付いているポットのうち、メインポット(大きいほう)のみになされています。

ミニポットの底面はまっさらですので、普通に滑ります。気を付けてください。

②お米は1合炊きがちょうどいい!2合はちょっと難しいかも。

出典:twitter@momecamp0121

以前、1.5合のお米を炊いたことがありました。結果は、炊けるには炊けるけどかなり吹きこぼれてしまうといった感じでした。

吹きこぼれてしまうと掃除が大変なので、炊飯は無理せず、あくまでも一人前(1合)くらいにしておくのがおすすめの使い方です。

③丁寧に扱ってNS加工を長持ちさせよう

メインポット・ミニポット共に内側にノンスティック加工がなされていますが、もちろん加工は使用していくにつれて劣化します

そう簡単にははがれませんが、丁寧に使って長持ちさせるに越したことはありません。金属の器具はできるだけ使わないようにしたり、中にOD缶をスタックするときはティッシュで包んであげたりといった工夫は必要になります。

ティッシュなどで覆う際は上下横面ともに覆うと安心です。

ソロ用クッカーならイージークックNS・ソロセットMが絶対おすすめ!

今回はプリムスの「イージークックNS・ソロセットM」を紹介しました。

ソロキャンパーにはとっても使いやすいサイズで、さまざまな工夫がなされている良いクッカーです。

ぜひ、次のお買い物リストの候補に加えてみてくださいね!

ABOUT ME
もめ
もめ
ゆるキャン△のしまリンに憧れて、2019年冬にキャンプデビュー。ソロキャンプや一人旅が大好きです。バイクの免許を取ってキャンプツーリングの旅に出るのが直近の目標。キャンプや一人旅についてのブログも運営中(https://momesolo.com/)。