タープ

/

【夏キャンプに必須】厄介な蚊を防げる蚊帳付きタープおすすめ5選

FUKUHARA
FUKUHARA

「夏だし、今年もキャンプに行きたい!」そう思っている方も多いはず。

しかし、夏キャンプだとやはり気になるのが「蚊」ですよね。
山の方には都会とは違ってやぶ蚊が潜んでいて、刺されたら強烈なかゆみに襲われます。

「夏キャンプは行きたいけど、やぶ蚊にさされるのは勘弁!」そんな方は蚊帳付きタープを用意してみてはいかがでしょうか?

そこで今回はおすすめの蚊帳付きタープを厳選して5つご紹介いたします。
蚊帳付きタープだと蚊に刺されることが一気に減りますよ。

蚊帳付きタープのメリット

 

出典:FIELDOOR公式HP

メリット①虫の侵入を防げる

蚊帳付きタープは蚊だけでなく様々な虫の侵入の防げます。

蚊の侵入を防ぐために、メッシュ部分はとにかく細やかになっていますし、接地部分も隙間なく埋められています。

そのため、ハチやアブなどはもちろんのこと、ムカデなどのような危険な生物の侵入も防いでくれます。そのため、山奥でのキャンプを予定されている方には、非常におすすめです。

メリット②通気性がいい

通気性がいいのも大きなメリットです。

全面をメッシュ素材で覆われているので、風を妨げるものが何もく涼しく過ごすことができます。

さらに、蚊帳付きタープの中には天井付近に光を大きく遮断する加工がなされているものもあります。

そのため、「できれば夏の暑さも対策したい!」と考えている方にもおすすめできます。

おすすめの蚊帳付きタープ5選

【キャプテンスタッグ】 ヘキサメッシュタープUV M-3150

 

出典:キャプテンスタッグ公式HP

ソロキャンプだとサイズがちょうどよく、快適に過ごせるスペース。1㎜の極細メッシュが全面に装備されているので、蚊に嚙まれる心配がありません。

さらに、メッシュ素材ですので通気性に優れ夏でも涼しく過ごせます。uv加工がされており、紫外線を95%もカットしてくれるのも魅力の一つ。

また、高さもそれなりにあり、横幅も広いので開放感もあるととにかくコスパがよいのが特徴です。

そのため、「ソロキャンプを始めたばかりで蚊帳付きタープを探している」という方におすすめの蚊帳付きタープです。

基本情報

使用時サイズ (約)360×435×210~140cm
収納時サイズ (約)79.6 x 19.6 x 19.6 cm
重さ (約)6.8kg
素材 タープ/ポリエステル70D(PU1,000mm防水)
メッシュ/ポリエステル1mmメッシュ
スカート/PEクロス
ポール/スチール径1.9cm×210cm・スチール径1.9cm×140cm
値段 16,270円

【FIELDOOR】 タープテント専用バグガード 

 

出典:FIELDOOR公式HP

スクリーンタープの中でも開放感が抜群なのが特徴的。

細い脚部分以外視界を遮ることがなく美しい景色を邪魔されずに楽しむことができます。

また、通気性がいいので寝苦しい夏の夜でも涼しく快適に過ごせるのも魅力の1つ。

他にも、付随しているサイドシートをタープテント本体のファスナーに合うように設置し、両脇を面ファスナーで固定するだけで設営が完了と、初心者でも非常に扱いやすい仕様となっております。

「キャンプ初心者であまり設営は難しくない方がいい」という方におすすめの蚊帳付きタープです。

基本情報

使用時サイズ (約) 250×250cm
収納時サイズ (約)30.5 x 23.5 x 20 cm
重さ 1.8 Kg
素材 ポリエステル
値段 8,600円

【ユニフレーム】REVOスクエアメッシュウォール

 

出典:ユニフレーム公式HP

長さや高さが12mと巨大にもかかわらず、重さがわずか4㎏。

そのため、軽などのコンパクトカーでも持ち運びが可能です。また、メッシュウォールタイプでもあるので虫を完全に防いでくれるというのも魅力的。

他にも窓を半開きで固定もできるので、突然の豪雨でも安心というメリットもあります。「大きめのスクリーンタープで、持ち運びが楽なタープがいい」という方におすすめです。

しかしながら、デメリットとして設営に時間がかかることが挙げられます。

タープの設営自体は簡単なのですが、完成までの作業がかなり多いからです。初心者が1人で設営するとなると大変ですので、どちらかといえばある程度キャンプに慣れた方におすすめの蚊帳付きタープです。

基本情報

使用時サイズ (約)1200×1200cm
収納時サイズ (約)70×21×21cm
重さ (約)4.0kg
素材 生地:ポリエステルリップストップ75D
メッシュ:ポリエステル
値段 32,501円(Amazon)

【キャプテンスタッグ】 テント・タープ用 サンシェード スピーディー スクリーンパネルM-319

出典:キャプテンスタッグ公式HP

非常にコスパの良い蚊帳付きタープです。

値段が10,000円以下にもかかわらず、蚊帳付きタープに欲しいものをすべて兼ね備えているのが特徴。

uv加工で95%も紫外線をカット。さらに、全面がメッシュスクリーンパネルなので、景色を邪魔する心配もありません。もちろんメッシュ加工なので、風も吹きこみ非常に涼しいです。

また、収納もコンパクトゆえ、持ち運びも簡単。とにかく高性能な蚊帳付きタープです。

「ちょっとしたアウトドアの際にも使える、コスパの良い蚊帳付きタープを探している」という方にはおすすめです。

 

基本情報

使用時サイズ (約)300×300×187cm
収納時サイズ (約):54×15×15cm
重さ 2.3 Kg
素材 ウォール: ポリエステル150D(PU1,000mm防水)
メッシュ:ポリエステル1mmメッシュ
値段 9,336円

スノーピーク(snow peak) テント カヤード 

 

出典:snowpeak公式HP

涼しく過ごせるのが魅力的な蚊帳付きタープです。

通気性がいいフルメッシュ加工に、太陽の光を防いでくれるシールド加工。この2つがタープ内の気温を外部と比べて2~4度下げてくれます。

それだけでもうれしいのに、付属のインナールーフを付けるとさらに涼しく過ごすことができます

また、撥水加工がされているうえに、オプションのパネルを付ければ風も防いでくれるので、突然の豪雨でも安心です。

「少し値が張ってもいいから、高性能なタープが欲しい」という方におすすめの蚊帳付きタープですね。

基本情報

使用時サイズ (約)680×490×210cm
収納時サイズ (約)23×27×76cm
重さ 11 Kg
素材 本体:150Dポリエステルオックス
遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mm
ミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工ルーフ部:68Dポリエステルタフタ
PUコーティング耐水圧1,000mm
値段 46,500円

まとめ

今回は蚊帳付きのタープをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

夏キャンプは川遊びや海遊びを存分に遊びつくせるという大きな魅力があります。

ですが、その分蚊やアブなどの虫などに襲われるのは大きなデメリットですよね。

しかし、蚊帳付きタープを買えばそんな心配をする必要もなくなります。

毎年キャンプに行くのが恒例だという方には、ぜひとも購入してみてはいかがでしょうか。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

FUKUHARA

FUKUHARA

アウトドア歴3年のFUKUHARAです。渓流釣りが大好きなので川遊びができるキャンプ場が大好きです。特に奈良のキャンプ場にはよくキャンプに行きます。自然豊かリラックスできる上に美味しいアマゴも釣れる。さらに川のせせらぎが夏の暑さを忘れさせてくれてお気に入りです!キャンプの楽しさを伝えられたらな、と考えながら記事を書いています!