キャンプ場

/

【中国編】キャンプで訪れたい安らぐ景観が楽しめるおすすめのキャンプ場8選

しま子
しま子

自然と触れ合う時間を楽しむキャンプでは、美しい景観との出合いにも期待したいですよね。

日常生活では観られないような、その場所ならではの景色を堪能できるのも、キャンプの醍醐味の一つです。

そこで今回は、日本海と瀬戸内海、そして中国山地という豊かな自然に恵まれた中国地方にあるキャンプ場を8カ所ご紹介します。

景観の素晴らしいキャンプ場をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※新型コロナウイルスの影響により休業や入場制限をしている場合があります。ご利用の際は必ずホームページまたはお電話で最新情報をお確かめください。

【岡山県】の景観が楽しめるキャンプ場

【高梁市】西山高原キャンプ場

出典:西山高原キャンプ場公式Facebook

「天空の遊び場」と銘打つ西山高原キャンプ場は、広島県との県境に位置する標高450mの自然豊かな場所。

芝生がきれいなオートサイトからは、備中湖の大パノラマが臨めます。

出典:西山高原キャンプ場公式Facebook

さらに、条件が合えばこんな幻想的な「雲海」に出合えることも。

出典:西山高原キャンプ場公式Facebook

お湯の出る炊事場や温水洗浄便座付きのトイレも完備されているため、ファミリーや女性でも快適に過ごせるキャンプ場です。

西山高原キャンプ場の基本情報

住所 岡山県高梁市備中町西山1314-1
TEL 0866-45-3633
チェックイン 15:00~17:00
チェックアウト 10:00
URL https://www.nishiyamakougen.org/

【玉野市】UNO Seaside Park たまの湯キャンプ場

出典:UNO Seaside Park たまの湯キャンプ場公式サイト

穏やかな瀬戸内海に面した、天然温泉付きのオートキャンプ場

レンタルの焚き火台やバーベキュー食材なども豊富に用意されているので、アウトドア初心者の方でも気軽に利用することができます。

出典:UNO Seaside Park たまの湯キャンプ場公式サイト

オーシャンビューの露天風呂が気持ちいい「瀬戸内温泉たまの湯」は、滞在中何度でも利用が可能。

夜は22:00まで営業しているので、焚き火をした後にさっぱりしてから就寝することもできますね。

UNO Seaside Park たまの湯キャンプ場の基本情報

住所 岡山県玉野市築港5-4-1
TEL 050-3442-5350
チェックイン 14:00~20:00
チェックアウト 11:00
URL https://usp.seto-tamanoyu.jp/camp/

【広島県】の景観が楽しめるキャンプ場

【竹原市】休暇村大久野島キャンプ場

出典:休暇村大久野島キャンプ場公式サイト

瀬戸内海に浮かぶ無人島「大久野島」にあるキャンプ場

無人島とはいえキャンプ場の側には休暇村のホテルやプール、テニスコートなどもあり、安心して過ごせる手入れの行き届いた環境が整えられています。

出典:休暇村大久野島キャンプ場公式サイト

また、別名「ウサギ島」と呼ばれるほど野生のウサギが多く生息している大久野島では、キャンプをしながらウサギたちとの触れ合いも楽しむことができますよ。

出典:休暇村大久野島キャンプ場公式サイト

さらに、島内には芸予要塞時代の遺跡などが点在しているので、歴史好きや廃墟好きの方にもおすすめのキャンプ場です。

出典:休暇村大久野島公式サイト

休暇村大久野島キャンプ場の基本情報

住所 広島県竹原市忠海町大久野島
TEL 0846-26-0321
チェックイン 13:00~19:00
チェックアウト 11:00
URL https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/camp/

【尾道市】瀬戸田サンセットビーチ

出典:ひろしま観光ナビ

広島県と愛媛県とをつなぐ「しまなみ海道」のちょうど真ん中に位置する、生口島にあるキャンプ場。

出典:瀬戸田サンセットビーチ公式サイト

「日本の名海水浴場88選」にも選ばれているサンセットビーチ内にキャンプ場があり、海水浴を楽しめるのはもちろん、その名の通り美しい夕陽を堪能できるロケーションとなっています。

出典:ひろしま観光ナビ

ビーチにはレストランと売店も併設されているので、撤収後にゆっくりランチを楽しんだり、生口島のお土産を購入することもできますよ。

出典:ひろしま観光ナビ

瀬戸田サンセットビーチの基本情報

住所 広島県尾道市瀬戸田町垂水1506-15
TEL 0845-27-1100
チェックイン 13:00
チェックアウト 11:00
URL http://onomichi-sunsetbeach.sun.bindcloud.jp

【鳥取県】の景観が楽しめるキャンプ場

【西伯群南部町】緑水湖オートキャンプ場

出典:緑水湖オートキャンプ場公式サイト

「緑水湖」という大きなダム湖に面したキャンプ場

深い緑に囲まれた豊かな自然の美しさはさることながら、別名「星取県」とも呼ばれる鳥取県の星空と、幻想的な湖の競演を堪能できます。

出典:緑水湖オートキャンプ場公式サイト

星の見えやすさでは日本一といわれる鳥取県の中でも、標高の高い南部町にある緑水湖オートキャンプ場では特に星が近く見えるのだとか。

東の方向には鳥取県のシンボルである「大山(だいせん)」を眺められたりと、見どころの多いキャンプ場です。

出典:緑水湖オートキャンプ場公式サイト

緑水湖オートキャンプ場の基本情報

住所 鳥取県西伯群南部町下中谷1128-1
TEL 070-2161-3315
チェックイン 13:00~17:00
チェックアウト 12:00
URL https://tottori-camppark.jp/ryokusuiko/

【島根県】の景観が楽しめるキャンプ場

【松江市】マリンパーク多古鼻

出典:しまね観光ナビ

周囲をぐるりと日本海に囲まれた、島根半島の先にあるキャンプ場「マリンパーク多古鼻」。

キャンプサイトが20区画とキャビンが15棟の、敷地面積的にはこじんまりとしたキャンプ場です。

出典:しまね観光ナビ

しかし、まさに「天空の岬」と呼ぶにふさわしい場所にあり、景色を遮るものがないため、日の出から日の入りまで大きく開けた海と空の景色を堪能することができます

出典:マリンパーク多古鼻公式サイト

時期や人数による利用制限はありますが、敷地内には絶景を臨める展望浴場も完備されていますよ。

出典:マリンパーク多古鼻公式サイト

マリンパーク多古鼻の基本情報

住所 島根県松江市島根町多古1050
TEL 0852-85-3387
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
URL https://www.takobana.com/

【山口県】の景観が楽しめるキャンプ場

【長門市】千畳敷高原キャンプ場

出典:ながと観光なび ななび

標高333mの高台から日本海を一望できるキャンプ場

美しい日の出や、夜には日本海に浮かぶ漁り火を眺めることができます。

キャンプ場を見下ろす大きな風車も迫力がありますね。

敷地がとても広く満員になる心配がないためか、予約は必要ありません。

5人以下であれば1泊500円、6~10人であっても800円という利用料の安さも魅力のキャンプ場です。

出典:ながと観光なび ななび

千畳敷高原キャンプ場の基本情報

住所 山口県長門市日置中1138-1
TEL 0837-37-4211
チェックイン 要問合せ
チェックアウト 要問合せ
URL https://nanavi.jp/activities/senjoujiki-camp/

【長門市】青海島キャンプ場

出典:青海島キャンプ場公式Facebook

こじんまりとした海水浴場に併設されているキャンプ場

出典:青海島キャンプ場公式Facebook

ビーチは砂浜ではなく玉砂利になっているので、ビーチサンダルを必ず持参しましょう。

後方をぐるりと山に囲まれており、プライベートビーチのような空間でリラックスした時間を過ごすことができます

出典:青海島キャンプ場公式Facebook

テントサイトは海岸前の草地サイトのほか、山側の斜面には海を眺められるデッキサイトも完備。

出典:青海島キャンプ場公式サイト

ただし、どのサイトもオートキャンプは禁止されており、駐車場からは少し歩くことになるので注意しましょう。

目の前の海は水質が素晴らしいので、ダイビングなどのアクティビティに挑戦してみるのもおすすめですよ。

出典:青海島キャンプ場公式Facebook

青海島キャンプ場の基本情報

住所 山口県長門市仙崎紫津浦2057
TEL 0837-26-1357
チェックイン 10:00
チェックアウト 13:00
URL http://omijima2020.com/

エリアによって異なる景観が魅力!中国地方でキャンプを楽しもう

出典:休暇村大久野島キャンプ場公式サイト

本州最西端に位置する中国地方。

中央に中国山地が横断し、南と北の沿岸部ではそれぞれ日本海と瀬戸内海の異なる景観を楽しむことができます。

中国地方にお住まいの方も、まだ行ったことのないエリアに足を延ばしてみると、新鮮な景色に出合えるかもしれませんよ。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

しま子

しま子

キャンプとお酒と離島旅を愛する兵庫県民。お酒にあう料理・景色・シチュエーションを日々探求している。主なフィールドは関西一円と瀬戸内海沿岸エリア。エンタメ系雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。いつか猫と暮らしたい。