キャンプ場

/

【茨城県笠間市】2021年オープン!夜景も楽しめる景色の良い「にこにこキャンプ」を紹介!

きなこ
きなこ

2021年の5月に、茨城県笠間市でオープンしたばかりの「にこにこキャンプ」。山林の中にある静かなキャンプ場で、キャンプ未経験のオーナーが友人と力をあわせて手作りしています。

今回はそんな「にこにこキャンプ」の魅力や施設情報を紹介!

「笠間稲荷神社」など、周辺のおすすめスポットもまとめたので、ぜひ参考にしてください♪

にこにこキャンプとは?

岩間駅から10分のキャンプ場

茨城県笠間市は、伝統工芸品「笠間焼」でも知られる陶芸、芸術が盛んな街です。水戸市から車で40分、都内からは1時間半ほどの場所に位置しています。

「にこにこキャンプ」があるのは、笠間市の南西部。JR岩間駅から車で10分の山林の中です。

オートサイトは車を2台まで停められる広さがあり、隣を気にせずにキャンプが楽しめます。

訪れたのが平日だったため大分落ち着いた印象でしたが、土日は予約でいっぱいとのこと。訪れる場合には早めの予約がおすすめです。

サイトから夜景が見える

にこにこキャンプ最大の魅力は、なんといっても街の夜景が楽しめるところ。標高が高いので、星も綺麗に見ることができます。

運が良ければ、朝に雲海を楽しめることもあるそうですよ。

基本情報

住所 茨城県笠間市上郷3366
営業期間 通年営業
チェックイン/アウト 14:00/10:00(特定日以外は12:00)
予約方法 ネット・電話
電話番号 0299-56-3067
公式サイト なし

料金

テントサイト(日帰り) 2,200円
テントサイト(宿泊) 4,400円
ペットサイト 4,400円(ドッグラン込)
ドッグラン(1日) 1,100円

アクセス

にこにこキャンプの施設情報

サイトの種類は3種類

オートサイト

オートサイトは全て早い者勝ちで、着た順に好きな場所を選べます。見晴らしが良い場所と、悪い場所があるので、景色を重視したい方は早めに行くのがおすすめです。

地面が砂利なので、水はけは良い方でした。写真を撮る前日に雨が降りましたが、しっかり乾いています。

フリーサイト

フリーサイトでは、あらゆる場所にオーナーが書いた看板が立っています。平らな場所もあれば、傾斜のある場所もあるので好みにあわせて選ぶと良いでしょう。

近くに車を停められるサイトもありましたよ。

ドッグランサイト

柵の中にテントを張ることが出来る、ドッグランサイト。オーナーの話では愛犬を連れて、テレワークをしに訪れる方もいるそうです。

遮るものがないので、一番見晴らしが良いかもしれません。

シャワーは24時間OK!

管理棟にあるシャワー室には、シャンプーとボディーソープが完備されています。女性側しか利用していませんが、化粧台やドライヤー、鏡もありましたよ!

24時間利用できるので、他の利用者の方と時間もずらしやすかったです。

トイレはウォシュレット

トイレは管理棟のシャワー室内に男女1つずつと、外に2つの合計4つ。すべてにウォシュレットがついていました!

夜の外トイレは自分で電気をつける仕様なので、近づくまで少し暗いですが、その分虫が少なく快適です。

管理棟の設備も充実

管理棟には炊事場、洗濯機、レンジ、ガスコンロなど様々な設備が用意されています。

売店はありませんが薪や炭なども購入が可能で、スウェーデントーチも販売されていました。

氷は板状のものとペットボトルに入っているものの2種類があり、ペットボトルの方はなんと無料とのこと!

ただし、繰り返し使っているそうなので、忘れずに返却してくださいね。また、繁忙期に訪れる場合には、借りれない場合があるかもしれないので注意しましょう。

にこにこキャンプの注意点

キャンプ場までの道幅が狭い

道路にある「キャンプ場まで400m」という看板が見えたら、細い道を通ってキャンプ場へ向かいます。

待避所はありますが、道幅は1台分でかなり狭く、傾斜もあるので要注意です。

軽自動車で来ている方もいましたが、それなりに覚悟を持って行くことをおすすめします。

ゴミは持ち帰り

にこにこキャンプでは、炭以外の廃棄はできません。ゴミは必ず持ち帰りましょう。

また、山林にあるため、動物にも注意が必要です。就寝時にはゴミを車の中などにしまい、荒らされないようにしてください。

にこにこキャンプ周辺のおすすめスポット

笠間 雪みるく

最初に紹介するのは、キャンプ場から車で5分ほどの場所にある、かき氷屋「笠間 雪みるく」です。古民家でやっているお店で、美味しい果物も購入できます。

私が食べたのは「シャインマスカット『晴王』スペシャル」1,650円。クリームの中にもシャインマスカットが入っていて、かき氷なのにお腹がいっぱいになりました。

かき氷の種類は20種類以上で、1000円以下のものもたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

人気店なので、土日は予約必須です。平日でも時間によっては売り切れてしまう場合があるようなので、事前予約がおすすめです。

住所 茨城県笠間市上郷1162
料金 1,000円前後
電話番号 080-3724-1162
公式サイト 笠間 雪みるく

笠間稲荷神社

続いて紹介するのは、初詣では県内外からたくさんの人が訪れる「笠間稲荷神社」です。キャンプ場からは車で30分ほどの場所にあります。

目の前の門前通りで、いなり寿司やだんご、メンチカツなどの食べ歩きが楽しめるのが魅力です。

おしゃれな雑貨が購入できるショップなどもありますよ!

住所 茨城県笠間市笠間1番地
入場料 無料
電話番号 0296-73-0001
公式サイト 笠間稲荷神社

笠間芸術の森公園

出典:茨城県

笠間といえば陶芸。「笠間芸術の森公園」には、陶芸体験ができる「笠間工芸の丘」「茨城県陶芸美術館」などがあり、陶芸の魅力を存分に味わえます。

キャンプ場からは車で30分です。

子どもが楽しめる遊具やお散歩スポットなどもあるので、1日中飽きずに楽しめますよ。

住所 茨城県笠間市笠間2345
料金 無料
電話 0296‐72‐1990
公式サイト 笠間芸術の森公園

のんびりしたいなら「にこにこキャンプ」で決まり!

今回は茨城県笠間市にある、にこにこキャンプを紹介しました。

にこにこキャンプは、夜景が楽しめる静かなキャンプ場です。

オーナーもフレンドリーな方で、「キャンパーの意見を聞いては設備を充実させている」とお話ししていました。

洗濯ができたり、シャワーを24時間使えたりと、使い勝手が良いのも魅力です。

アットホームなキャンプ場を探している方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね♪

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。主に北関東のキャンプ場に出没します。最近は10代から務めた音楽業界をやめ、車を買いました。VANLIFEを計画中で、車をこつこつ改造しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています!