小物・その他アイテム

/

【2021年】人気のおすすめCB缶カバー14選!革タイプからマグネットタイプまで

しま子
しま子

アウトドアで便利なCB(カセットボンベ)缶。

そのCB缶に装着する「CB缶カバー」がたくさん登場していることをご存じですか?

CB缶をおしゃれに変身させられるのはもちろん、実はカバーを装着すると機能面でもたくさんのメリットがあるんです。

そこで今回は、CB缶カバーを付けるメリットや、おすすめのCB缶カバーをご紹介していきます!

CB缶カバーを使うメリットとは?

出典:楽天市場

まずはCB缶カバーの役割とメリットについてご紹介。

価格が安くどこでも入手しやすいCB缶ですが、カバーを活用することでより使い勝手が良くなります。

寒さを予防する

CB缶は基本的に家庭での使用を想定して作られており、「寒さに弱い」という特徴があります。

缶の温度が下がるとガスが気化できなくなってしまうため、気温の下がる冬場のキャンプなどでは火力が弱まったり、火が着かないなんてことも。

そんなとき、カバーをしておけば温度低下を和らげることができます。

輻射熱から守る

バーナーにセットして使用すると、調理機器からの輻射熱でCB缶が高温になりすぎることがあります。

CB缶カバーをすることで、缶が直接熱されるのを防ぎ、爆発のリスクを下げることが可能です。

また、夏場には直射日光が当たるのを防ぐという役割もあります。

衝撃を防ぐ

運搬中に他のギアと接触し続けたり、石の多いサイトで落としてしまったりすると、缶に穴が開いてしまう恐れも。

そんなとき、カバーをしておくことで損傷のリスクをかなり軽減することができます。

見た目がおしゃれになる

デザイン性の高いCB缶は現状あまり見かけられませんが、カバーを着せればおしゃれにドレスアップできます。

他のギアとテイストを合わせられるのも魅力ですね。

OD缶との違いに注意!

出典:デヴァドゥルガ公式サイト

家庭用のカセットコンロにも使用できるCB缶。

一方、アウトドアでの使用を想定して作られているのが、CB缶よりもずんぐりとした見た目のOD(アウトドア)缶です。

バーナーによって対応する缶の種類が異なるので、購入の際は注意しましょう。

ちなみに、OD缶は寒さに強く火力も安定していますが、購入できる場所が限られており価格もお高め。

これからバーナーを購入する方は、CB缶、OD缶それぞれの特徴を比較して選んでみてくださいね。

おすすめのCB缶カバー14選

SOTO LABO(ソトラボ) 「Gas Cartridge wear CB / Tactical」

出典:ソトラボ公式サイト

缶に巻き付けてベルクロで固定するタイプのCB缶カバー

米軍装備のMOLLEをイメージしたミリタリーなデザインで、ベルクロ部分には職人によるステッチワークが効いています。

出典:ソトラボ公式サイト

サイドのデイジーチェーンにカラビナを付ければ、バッグやテーブルなどにも簡単に装着できますよ。

ソトラボ「Gas Cartridge wear CB / Tactical」の基本情報

価格(税込) 2,200円
素材 コットン帆布(ハンターカモ)、CORDURA(マルチカム、ウッドランド)
カラーバリエーション ハンターカモ、マルチカム、ウッドランド

grn outdoor(ジーアールエヌアウトドア) 「HIASOBI CAMPER C.BカンCOVER」

出典:ジーアールエヌアウトドア公式サイト

「grn outdoor」による「HIASOBI CAMPERシリーズ」にも、CB缶カバーがラインナップ。

アヒルロゴの効果もあって、”かっこいい”と”かわいい”が絶妙にマッチしたデザインとなっています。

ついついなくしがちなキャップを入れるミニポケットが付いているのも、かなりありがたいポイント。

出典:ジーアールエヌアウトドア公式サイト

HIASOBI CAMPERシリーズには同じ配色のウエアも充実しているので、好きなカラーで統一するのも素敵ですね。

出典:ジーアールエヌアウトドア公式サイト

ジーアールエヌアウトドア「HIASOBI CAMPER C.BカンCOVER」の基本情報

価格(税込) 2,750円
素材 コットン
カラーバリエーション キャメル、オリーブ、ブラック、インディゴ

 Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー) 「CB缶カバー」

出典:オレゴニアンキャンパー公式サイト

収納ツールでお馴染の「オレゴニアンキャンパー」から発売されたCB缶カバー。

ペットボトルホルダーのような袋状の形になっているため、スポっとはめるだけで装着完了です。

背面にはベルクロタイプのハンドルストラップ付き

出典:オレゴニアンキャンパー公式サイト

他のギアと連結する際も、カラビナでぶら下げるタイプよりしっかり固定できます。

出典:オレゴニアンキャンパー公式サイト

オレゴニアンキャンパー「CB缶カバー」の基本情報

価格(税込) 1,650円
素材 TP-700D POLYESTER(ポリエステル)
カラーバリエーション マルチカモ、ブラックカモ、フォリッジ、ウルフブラウン

KUMINO BRICK(クミノブリック) 「ガス缶カバー」

出典:楽天市場

アースカラーの本体とポップなロゴの組み合わせがおしゃれな缶カバー。

中央付近にあるベルクロ部分には、ワッペンなどを付けて楽しむことができます。

出典:楽天市場

また、裏地にも表と同生地を採用することで、しっかりとしたクッション性を実現。

国内で縫製された完全日本製なので、細部まで丁寧に作られていますよ。

出典:楽天市場

クミノブリック「ガス缶カバー」の基本情報

価格(税込) 2,980円
カラーバリエーション ランプブラック、アーミーグリーン、ココアブラウン、グレージュ、ウッドランドカモ

AMICAL Schlaf(アミカルシュラフ) 「ガス缶 カバー」

出典:楽天市場

気軽でおしゃれなアウトドアを応援するブランド「アミカルシュラフ」。

CB缶カバーにもデザイン性を重視し、15色ものカラーバリエーションを展開しています。

出典:楽天市場

CB缶カバーではあまり見かけないピンク色などもあるため、他では見つけられなかったお気に入りカラーに出合えるかもしれません。

出典:楽天市場

あえてカタカナ表記にしてあるロゴも存在感がありますね。

アミカルシュラフ「ガス缶 カバー」の基本情報

価格(税込) 1,980円
素材 コーデュラ(ブラック、ベージュ、カーキ、ピンク、ブラウン、バーガンド、レッド、ネイビーブルー、ブラウンベージュ、グレー)、ポリエステル(カモ、カモ2)、パラフィン(ブラック、ベージュ、カーキ)
カラーバリエーション ブラック、ベージュ、カーキ、ピンク、ブラウン、バーガンディ、レッド、ネイビーブルー、ブラウンベージュ、グレー、カモ、カモ2、パラフィンブラック、パラフィンベージュ、パラフィンカーキ

SOTO LABO(ソトラボ) 「Gas Cartridge wear / CB」

出典:ソトラボ公式サイト

こちらも豊富なカラーバリエーションがうれしいCB缶カバー

ナイロン素材ならではの鮮やかな発色が魅力です。

作り自体はごくシンプルで、背面に固定用のベルクロが付いているだけ。

出典:ソトラボ公式サイト

そのため、接着面を開放すればかなりフラットな状態で収納できます。

値段もリーズナブルなので、複数持ちして色の組み合わせを楽しむのもおすすめですよ。

ソトラボ「Gas Cartridge wear / CB」の基本情報

価格(税込) 1,650円
素材 CORDURA NYLON100%
カラーバリエーション オレンジ、グレー、レッド、カーキ、ターコイズブルー、コヨーテブラウン

KAVU(カブー) 「Kover2」

出典:カブー公式サイト

カラフルなアイテムが多い印象の「カブー」ですが、CB缶カバーは潔いまでのブラック。

シンプルさゆえに白でプリントされたブランドロゴが目を引きますね。

出典:A&F COUNTRY公式オンラインショップ

素材には自動車のタイヤや衝撃緩衝材などにも使われているSBRスポンジを採用。

CB缶を衝撃から守ってくれるのはもちろん、耐摩耗性にも優れたアイテムとなっています。

カブー「Kover2」の基本情報

価格(税込) 1,100円
素材 SBRゴム100%
カラーバリエーション なし

NATURE TONES(ネイチャートーンズ) 「CB缶マグネットカバー」

出典:ネイチャートーンズ公式サイト

本体全体がマグネットシートになっているタイプのCB缶カバー

CB缶にぐるりと貼り付けるようにして使用します。

出典:ネイチャートーンズ公式サイト

マグネットタイプの特徴は、装着後も缶が着ぶくれしないということ。

そのため、バーナーにセットした際の安定性に優れています。

出典:ネイチャートーンズ公式サイト

ネイチャートーンズ「CB缶マグネットカバー」の基本情報

価格(税込) 1,980円
カラーバリエーション デジカモ、ホワイトカモ

devadurga(デヴァドゥルガ) 「fire hose CBカバー 250」

出典:デヴァドゥルガ公式サイト

廃材の消防ホースをリサイクルしたCB缶カバー。

藍染や泥染で染色した帆布と組み合わせることで、よりオリジナリティあふれるデザインになっています。

ところどころに残る汚れが、消防ホースだった頃の面影を感じさせますね。

背面に並んだ4つのボタンもアンティークな雰囲気があり、上品さとタフさを感じさせるアイテムです。

出典:デヴァドゥルガ公式サイト

デヴァドゥルガ「fire hose CBカバー 250」の基本情報

価格(税込) 2,750円
素材 消防ホース(コットン)
カラーバリエーション ネイビー、チャコール

DVERG×GRIP SWANY(ドベルグ×グリップスワニー) 「CBガスカートリッジカバー」

出典:SUNDAY MOUNTAIN

2019年に誕生した国内アウトドアブランド「ドベルグ」と、グリップスワニーとのコラボアイテム

ドベルグのロゴが刻印されたレザーパッチが、シンプルなキャンバス地のアクセントとして効いています。

カラーバリエーションは4色あり、レザーパッチが本体に馴染むタイプの配色もかっこいいですよね。

出典:SUNDAY MOUNTAIN

生地は密度の高い10号帆布にパラフィン加工が施されているため、多少の雨ならしっかりガード。

汚れても水洗いできるので、どんなアウトドアシーンでも活躍してくれそうです。

ドベルグ×グリップスワニー「CBガスカートリッジカバー」の基本情報

価格(税込) 1,980円
素材 帆布
カラーバリエーション アーミーグリーン、カーキ、ブラック、キャメル

DVERG×GRIP SWANY(ドベルグ×グリップスワニー) 「CBガスカートリッジカバーレザー」

出典:SUNDAY MOUNTAIN

先ほどご紹介した「ドベルグ×グリップスワニー」コラボアイテムのレザー版

シンプルなデザインに、さりげなく刻印された主張しすぎないロゴがおしゃれですね。

素材は使いこむほどに味わいがでてくる牛革100%

キャンプ好きな人への贈り物にしても喜ばれそうな、洗練されたデザインのCB缶カバーです。

ドベルグ×グリップスワニー「CBガスカートリッジカバーレザー」の基本情報

価格(税込) 3,300円
素材 牛革
カラーバリエーション ブラウン、ブラック、イエロー

ゆるキャン△ 「レザーガス缶カバー」

出典:ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

「ゆるキャン△」からもCB缶カバーが登場しています。

作中にも度々登場する、なでしこがCB缶を使って調理するシーンは印象的ですよね。

というわけで、このCB缶カバーにもなでしこのアイコンが採用されています。

出典:ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

アイコンイラストはゆるいですが、「ゆるキャン△」のロゴや▲SOLOの文字も刻印された本格レザー仕様です。

ゆるキャン△「レザーガス缶カバー」の基本情報

価格(税込) 3,080円
素材 牛革
カラーバリエーション なし

C&C.P.H. EQUIPEMENT(シーアンドシーピーエイチイクイップメント)「CB缶ケース(キップベロア)」

出典:シーアンドシーピーエイチイクイップメント公式サイト

ステーショナリーコーナーに並んでいそうな、上品な印象のCB缶カバー。

素材には、きめが細かく柔らかい手触りが特徴の「キップベロア」が採用されています。

出典:シーアンドシーピーエイチイクイップメント公式サイト

カラーは、キャメル、オリーブ、イエローの3色。

出典:シーアンドシーピーエイチイクイップメント公式サイト

どれも高級感があり温かみを感じさせる風合いなので、男女を問わずプレゼントとしてもおすすめですよ。

シーアンドシーピーエイチイクイップメント「CB缶ケース(キップベロア)」の基本情報

価格(税込) 2,530円
素材 牛革(スペイン製キップベロア)
カラーバリエーション キャメル、オリーブ、イエロー

Ducknot(ダックノット) 「CB缶カバー」

出典:ナチュルム公式サイト

1点ずつ丁寧に仕上げられた、ハンドメイドのレザー製カバー

植物タンニンなめしのヌメ革を使用しているため、使い込むほどにツヤが生まれ、手触りもなめらかになっていくのが特徴です。

出典:ナチュルム公式サイト

しっかりとした分厚さがあるため、スキレットのハンドルカバーやレザーコースターとしても活用できますよ。

ダックノット「CB缶カバー」の基本情報

価格(税込) 3,850円
素材 牛革(本体)、真鍮(スナップ)
カラーバリエーション キャメル、オレンジ、ブラウン、レッド、ライトブラウン、ブラック

自分好みのCB缶カバーを探してみよう

出典:SUNDAY MOUNTAIN

そのままの状態で使用すると、見ため的にどうしても生活感が出てしまうCB缶。

景観的に気になってしまう!という方は、ぜひCB缶カバーを導入してみましょう。

素材や性能も含めて、自分の好みにぴったりなものを探してみてくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

しま子

しま子

キャンプとお酒と離島旅を愛する兵庫県民。お酒にあう料理・景色・シチュエーションを日々探求している。主なフィールドは関西一円と瀬戸内海沿岸エリア。エンタメ系雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。いつか猫と暮らしたい。