キャンプ場

/

【東海編】冬キャンプにおすすめの電源付きオートキャンプ場5選!

Kota
Kota

近年アウトドアがブームになってきている中で、冬キャンプに一度は行ってみたいと思う方は多いのではないでしょうか?

そこでオススメなのが電源付きオートキャンプ場です。暖房器具や家電を使えるので初心者にもやさしく、冬キャンプにはもってこいです。

今回は、東海にある冬キャンプにおすすめの電源付きオートキャンプ場5選をご紹介します。

近場のキャンプ場でいい場所を見つけたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください!

東海にある冬キャンプにおすすめの電源付きオートキャンプ場5選

岐阜・愛知・三重・静岡の東海4県で、オススメできるキャンプ場を具体的にご紹介していきます。

【岐阜県関市】八滝ウッディランド

出典:八滝ウッディランド公式ホームページ

山々に囲まれた場所にある八滝ウッディランドは4,378㎡もの広大な敷地があり、全17棟のコテージと30サイトを完備しています。

最大の特徴は全17棟、定員全97名を収容できるバンガローの数々。岐阜県のキャンプ場の中でも最大規模を誇ります。

出典:いこーよ

バンガローの他にはフリーサイトや芝生広場も用意されており、きれいな天然芝の上でテントをはって楽しめます。

フリーサイトではソロキャンプから、友人や恋人とのキャンプまで幅広く活用できますし、芝生広場にはアスレチック遊具があるため、小さいお子様がいる家族にもオススメです。

ただし、AC電源があるのはバンガローだけなので注意が必要です。

なお、キャンプ場から車で10分の所には「ほほえみの湯」という温泉があり、キャンプ後の冷えて疲れた体を癒せるため、八滝ウッディランドは冬キャンプには最高のオートキャンプ場と言えるでしょう。

基本情報

住所 岐阜県関市富之保646-1
営業時間 通年※2021年12月21日〜2022年1月15日まで年末年始休暇
電話番号 0575-49-2330
チェックイン/チェックアウト 12:00~/~11:00(デイキャンプは10:00~16:00)
公式ホームぺージ 八滝ウッディランド|岐阜県関市のキャンプ場

 

アクセス

 

【岐阜県高山市】奥飛騨温泉郷オートキャンプ場

出典:いこーよ

北アルプスの麓、奥飛騨の山々に囲まれた奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は標高750mもある自然あふれるキャンプ場です。目の前には高原川が流れており、渓流釣りも楽しめます。

サイトはオートキャンプサイト1、2、3と、3か所のエリアにわかれており、テントスペースが最も広いオートキャンプサイト1のみAC電源が利用できます。

また、キャンプ場にはシャワールームやコインランドリー、売店など設備も充実しており、キャンプ用品のレンタルもできるため、万が一忘れ物をしたとしても安心です。

出典:いこーよ

さらにキャンプ場近くには温泉、乗鞍スカイライン、新穂高ロープウェイ、高山市内など、ついでに足を伸ばせる観光スポットがたくさんあります。

もっと足をのばせば世界遺産の白川郷まで行けるため、キャンプだけでなく観光したい方には奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は最高のキャンプ場と言えるでしょう。

 

基本情報

住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷田頃家11番地1
営業時間 1月11日~3月31日 日曜定休  9:00~16:00
4月1日~11月中旬 定休日なし  9:00~17:00
電話番号 0578-89-3410
チェックイン/チェックアウト 13:00~16:30/~11:00(デイキャンプは9:00~16:00)
※チェックインが16:30をすぎる場合は要連絡
アーリーチェックイン:9:00~
レイトチェックアウト:~16:00
※要予約制。ハイシーズンはご利用できません。
公式ホームぺージ 奥飛騨温泉郷オートキャンプ場

 

アクセス

 

【静岡県磐田市】竜洋海洋公園オートキャンプ場

出典:竜洋海洋公園オートキャンプ場公式ホームページ

一面芝生の広大な敷地をもつ竜洋海洋公園オートキャンプ場は、山々に囲まれた場所ではなく平地にあるため、浜松ICから車で約20分ほどとアクセスに優れたキャンプ場です。

テントサイトは3つの区画に分かれており、開放的なフリーサイト、AC電源付区画サイト、AC電源付きキャンピングカーサイトがあります。

AC電源付区画サイト、AC電源付きキャンピングカーサイトには各場所に流し台がついているためその場で炊事ができ、とても便利です。

テントサイト以外にも、宿泊施設としてコテージがいくつかあり、用途にあわせて様々なタイプが用意されています。寒い冬の外で寝るのにどうしても抵抗があるという方にはピッタリでしょう。

出典:竜洋海洋公園オートキャンプ場公式ホームページ

また、施設内ではキャンプ用品のレンタルが可能なので、アイテムがなくて困ることはありません。

さらに、子ども用の遊び場も完備されているため、家族キャンプにもオススメです。

基本情報

住所 静岡県磐田市駒場6866-10
営業時間 9:00~17:00
電話番号 0538-59-3180
チェックイン/チェックアウト 13:00~17:00/8:00~11:00(デイキャンプは11:15~16:45)アーリーチェックイン:9:00~13:00
レイトチェックアウト:~16:45
※追加料金発生。ハイシーズンはご利用できません。
公式ホームぺージ 竜洋海洋公園オートキャンプ場

 

アクセス

 

【愛知県新城市】愛知県民の森

出典:愛知県民の森公式ホームページ

愛知県民の森は宿泊施設「モリトピア愛知」を中心に、キャンプ場やハイキングコース、各種レクリエーション施設、展示館などで構成されており、年間50万人以上が訪れる総合施設です。

大自然の中で様々なアウトドア体験ができ、「森林浴の森日本百選100選」にも選ばれています

キャンプ場にはバンガロー、常設テントが設営されているテントサイト、オートサイトの3種類がありますが、AC電源が使えるのはオートサイトのみです。

また、オートサイトはテントの貸出NG、炊飯炉が使えないなど細かなルールもあるため、持っていく必要があるものとそうでないものを判別するために、一度施設に確認をとってみると良いでしょう。

出典:愛知県民の森公式ホームページ

基本情報

住所 愛知県新城市門谷字鳳来寺7-60
営業時間 8:45~17:30 月曜定休
※月曜日が祝休日に該当する場合はその翌日以降の最初の休日でない日
年末年始休み(12月29日から翌年1月1日まで)
7、8月は無休
電話番号 0536-32-1262
チェックイン/チェックアウト 14:00~/~12:00(デイキャンプは10:00~16:00)
公式ホームぺージ 愛知県民の森

 

アクセス

 

【三重県亀山市】かぶとの森テラス CAMP & LOCAL FITNESS(キャンプアンドローカルフィットネス)

出典:かぶとの森テラス CAMP & LOCAL FITNESS公式ホームページ

かぶとの森テラスは鈴鹿川の源流に位置する大自然に囲まれたキャンプ場で、四季によって様相が変わるため、1年を通してキャンプを楽しめます。

また、自然をただキャンプ場として利用するだけでなく、地元の山や町全体をフィットネスフィールドとしてとらえることで、自然との調和および健康増進にも務めています。

そのため、森林浴やウォーキング、ヨガなどフィットネスアクティビティを実施しており、新しいキャンプ体験を実感できるでしょう。

出典:かぶとの森テラス CAMP & LOCAL FITNESS公式ホームページ

サイトはオートキャンプサイト、芝生のフリーサイト、林間のフリーサイトと3種類にわかれており、自分が好きな雰囲気に合わせてキャンプを行えます。

また、空中に浮いたテント「ツリーテント」も用意されているため、他では味わえないキャンプスタイルを体感できます。

さらに、テント以外にも大小合わせて6棟コテージがあるため、小さなお子様がいる家族も安心です。

施設内にはコインロッカーやシャワールーム、売店など設備も充実しており、キャンプ用品のレンタルも可能なので、快適なキャンプ生活が送れること間違いなしです。

基本情報

住所 三重県亀山市加太中在家8125
営業時間 通年
※不定期に施設が定休日になる可能性あり。公式ホームページ予約カレンダーにて要確認。
電話番号 0595-98-0605
チェックイン/チェックアウト 14:00〜17:00/~11:00
アーリーチェックイン:10:00~
レイトチェックアウト:16:00~
公式ホームぺージ かぶとの森テラス | 三重県亀山市加太のキャンプ場&フィットネス・アウトドアホテル

 

アクセス

 

電源付きオートキャンプ場で冬キャンプを思いっきり楽しもう!

今回は、東海にある冬キャンプにおすすめの電源付きオートキャンプ場を5つご紹介しました。

  • 八滝ウッディランド
  • 奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
  • 竜洋海洋公園オートキャンプ場
  • 愛知県民の森
  • かぶとの森テラス CAMP & LOCAL FITNESS

キャンプ中上級者ならともかく、初心者の方が自分の技術だけをたよりに寒い冬の中で暖をとるのは難しいでしょう。

電源付きオートキャンプ場を活用して、のんびり快適な冬キャンプを楽しんでください!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

Kota

Kota

山と川が多くてきれいな岐阜県育ちのサーファー。岐阜県民は一家に一台キャンプセットがあると言われているほどアウトドアが盛んで、私自身も幼少期にはよくキャンプを行っておりました。現在はサーフィンをしているため山より海にいることが多いですが、これからはキャンプも本格的に始めて趣味の1つにしていきたいです!