テント

/

【新作情報】ドームテント、2ルームテント、ワンポールテントなど気になる新作テントを一挙紹介!

きなこ

キャンプの必需品であるテントには、ドーム型や2ルームなど様々な種類があります。

毎年あらゆるブランドから新作が販売され、すぐに新しいものが欲しくなる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ここ1年間に販売された新作テントを一挙紹介!

これから発売となる2022年の新作についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

テントの種類はどう選ぶ?

テントの種類をいくつか紹介します。自分のキャンプスタイルにあったものを選びましょう。

ドームテント

出典:Coleman

ドームテントは一番種類が多いテントです。設営が簡単うえ、持ち運びもしやすいので、どれにするか迷っている方はまずドームテントから選ぶと良いですよ。

2ルームテント

出典:Coleman

2ルームテントは寝室とリビングが一体型になったテント。タープを立てる必要がなく、雨が降っても濡れないのがメリットです。

ただし、2ルームテントは大きいため、サイトを選ぶ際は大きめの区画を選ぶようにしましょう。

ワンポールテント

出典:Coleman

ワンポールテントとは、中央のポール1本だけで本体を支えるテントです。三角形のデザインが特徴で、おしゃれな商品も多く販売されています。

大型のサイズがあるのもワンポールテントの特徴です。

その他

出典:CAPTAIN STAG

その他にもパップテントロッジ型テントトンネルテントソロテントなど様々な種類があります。

特殊な形状ですが、それぞれに良さがありますので気になるものがあったらチェックしてみてください。

新作テントを一挙紹介!

ワークマン「BASICドームテント 1人用」

出典:ワークマン

最初に紹介するのは、ワークマン2022年の新作テント「BASICドームテント 1人用」です。

価格はなんと4,900円!キャンプデビューのハードルを下げてくれるアイテムですね。

出典:ワークマン

ポールを使えば前室もつくれるので、雨の日も濡れずに使うことができます。

出典:ワークマン

最初からペグやロープ、メインポールにキャノピーポールと必要なものが全て揃っているのも魅力。

手軽にキャンプにチャレンジしてみたい方は是非チェックしてみてください。

詳しくはこちら:ワークマン公式オンラインストア

価格 4,900円
サイズ(使用時) 215×104×98cm
サイズ(収納時) φ13cm×55cm
重量 2.5kg
対応人数 1人

購入者レビュー

とにかく手頃な価格なのが良いです。適度な耐水性もありますし、キャンプでビューにはぴったりだと思います。

DOD「WAGAYA-NO TENT」

出典:DOD

続いて紹介するのは、2021年夏に発売されたDOD(ディーオーディー)の新作テント「WAGAYA-NO TENT(わがやのテント)」です。

初めてのファミリーキャンプに選べるよう、1人で設営ができ、デイキャンプ、宿泊とシーンも選べるようになっています。

出典:DOD

フラーシートを取り外せば、大型のシェードとして使用することが可能。メッシュ部分が多く通気性が良いのも魅力です。

出典:DOD

メッシュ部分は内側から塞ぐこともできます。

フライシートの取り付けも簡単なので、初めてのファミリーキャンプを検討している方におすすめです。

価格 38,500円
サイズ(使用時) 280×280×156cm
サイズ(収納時) 95×26×26cm
重量 10.5kg
対応人数 5人

購入者レビュー

設営初心者の私でも設営までに10分しかかかりませんでした。デザイン共に満足です。インナーがTC素材なので季節も問わず使えます。

Coleman「タフスクリーン2ルームエアー/MDX+」

出典:Coleman

Coleman(コールマン)の新作テント「タフスクリーン2ルームエアー/MDX+」は、ファミリーキャンプにぴったりの2ルームテントです。

夏のキャンプを快適に過ごせるように、テント内の温度上昇を抑える「ダークルームテクノロジー」を搭載しています。

出典:Coleman

さらにテントには、サイドウィンドウも付いています。

出典:Coleman

別売りのファンを設置すれば、さらに室内の通気性を良くすることも可能。夏のキャンプをするにはうってつけの仕様です。

テントは2022年7月に発売予定となっていますので、気になる方は忘れずに公式サイトなどをチェックしてくださいね。

価格 89,800円
サイズ(使用時) 560×340×215cm
サイズ(収納時) 約φ34×74cm
重量 約19.5kg
対応人数 4~5人

CAPTAIN STAG「トレッカー ワンポールテント レクタ270UV」

出典:CAPTAIN STAG

2021年2月頃から発売されたCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の新作テント「トレッカー ワンポールテント レクタ270UV」は、4人で使えるティピー型のワンポールテントです。

角があるタイプなので、4人並んで寝ることができます。

出典:CAPTAIN STAG

上部サイドの開閉できるベンチレーションや大きい出口によって、しっかりテント内を換気できます。

出典:CAPTAIN STAG

ワンポールテントなので組み立ても簡単なうえ、軽量で持ち運びしやすいです。

おしゃれなテントを探している方にもおすすめです!

価格 49,500円
サイズ(使用時) 約270×270×180cm
サイズ(収納時) 約66×15×15cm
重量 約4kg
対応人数 4人

購入者レビュー

設営が楽だし見た目も可愛いので気に入っています。雨に降られましたが浸水もしません。収納ケースは少しタイトなので、丁寧に畳まないと入りません。

LOGOS「LOGOS LAND Tepee 350」

出典:LOGOS

LOGOS(ロゴス)の2022年新作テント「LOGOS LAND Tepee 350」は、LOGOS LAND柄が可愛いワンポールテントです。

組み立てが簡単で、収納もコンパクトにでき持ち運びやすくなっています。

出典:LOGOS

テント上部にはランタンなどを吊り下げられるフック付きです。

出典:LOGOS

開閉可能なベンチレーションにより通気性も抜群ですよ。

こちらの商品は、2022年5月下旬頃から発売予定となっています。詳しくは公式サイトなどで確認してください。

詳しくはこちら:ロゴスショップ公式オンライン店

価格 47,000円
サイズ(使用時) 約350×300×180cm
サイズ(収納時) 約72×24×24cm
重量 約6.1kg
対応人数 4~5人

snow peak「Zekka」

出典:snow peak

snow peakの2022年新作テント「Zekka」は、前面オープンし景色を楽しめるシェルターです。

出典:snow peak

そのまま使うことはもちろん、別売りのインナールームを購入することで、2ルームのように使用することができます。

なお、インナールームは1つあたり3人まで寝られるようです。2つ使えば6人まで寝られますね。

出典:snow peak

サイズも大きく、価格も高めですが、キャンプ場の景色を楽しみたい方におすすめです!

発売時期はまだ未定とのことなので、こまめに公式サイトをチェックしてくださいね。

詳しくはこちら:snow peak New Products 2022

価格 297,000円
サイズ(使用時) 880×330×240cm
サイズ(収納時)
重量
対応人数 3~6人

ogawa「グロッケ8T/C」

出典:ogawa

最後に紹介するのは、ogawaの2022年新作テント「グロッケ8T/C」です。

デザイン性と機能性で人気のあるグロッケ8のサンドベージュ、TC素材バージョンとなります。

TC素材は化学繊維に比べると穴が空きにくく、通気性も良いのが特徴です。

出典:ogawa

ワンポールテントですが、立ち上がり部分があることで室内を広く使えるのがポイントです。

出典:ogawa

大きく開くベンチレーションを使って、室内の換気をしっかり行えるのも魅力。

背面にはファスナーが付いているので、煙突も出せそうです。ただし、使い道について公式な言及はありませんので、くれぐれも注意し、自己責任で行ってくださいね。

公式サイトでは、発売日未定となっていますが、Amazonで予約販売がスタートしています。発売後すぐに売り切れてしまう可能性もあるので、気になった方はAmazonの方もチェックしてみてください。

価格 96,800円
サイズ(使用時) 335×215×225cm
サイズ(収納時) 82×30×28cm
重量 11.4kg
対応人数 4人

新作テントを手に入れよう!

出典:DOD

テントは毎年進化を遂げ、新作がどんどん販売されています。

以前までワンタッチテントといえばデイキャンプ向けのイメージがありましたが、現在では宿泊が可能な商品も販売されています。

テントは人数やシーンにあわせて、いくつか持っていても損はありませんよ。

人気の新作テントはすぐに完売してしまうので、気になるものは早めにチェックしてくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。現在、VANLIFE中で車中泊仕様の愛車バンと全国を旅しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています。