タープ

/

オリジナルタープでキャンプへ!AllAboutOutdoorsのコットンタープ

ten

キャンプブームの勢いに乗って、老舗ブランドから新たに誕生したガレージブランドまで様々なタープを見かけるようになりました。

ただ、「私が好きなタープは他のキャンパーさんも好き」という事が多く、キャンプ場で被ってしまったり、そのようなシーンを見かけたりして複雑な思いをしたことはありませんか。

そこで、AllAboutOutdoorsのオーダーコットンタープ「ORDER TARP」はいかがでしょう。

絶対に誰とも被らない、自分の個性が出せる、テントや所有するギアとカラーコラボすることが出来るなど、キャンプ場での輝きは他を圧倒すること間違いなしです。

AllAboutOutdoorsの扉を開いて、ぜひ、みなさんの個性をキャンプ場で解き放ってくださいね。

AllAboutOutdoorsについて

出典:AllAboutOutdoors

2020年、クラウドファンディング「makuake」にて、目標600%という大幅な達成率を叩き出したアウトドアブランド「AllAboutOutdoors」。

600%という数字を叩き出した商品が、今回ご紹介するORDER TARPになります。

AllAboutOutdoorsのHPには、ブランドの立ち上げの経緯などブランド自体に関する情報はありませんが、今回紹介するORDER TARP以外にも魅力的なタープを展開しているようですよ。

コットンタープ「ORDER TARP」について

ORDER TARPとは

出典:AllAboutOutdoors

ORDER TARPは、その名の通り、オーダーできるタープです。

クラウドファンディングで目標600%という大幅な数値を出した、AllAboutOutdoorsの100%コットン製タープになります。

これまでは既存のタープを購入することが既定路線でしたが、タープを自分仕様にカスタムオーダーできるなんてワクワクしませんか。

もしかしたら、時代は、販売しているものを購入することからオーダーする時代に突入したのかもしれませんよ。

出典:AllAboutOutdoors

こちらは、1つ前の画像のタープの「折り曲げ方を90°変えただけ」の画像になります。

向きを変えるだけでグンと印象が変わりますよね。

まるで、2つのタープを使い分けているよう!

「アウトドアショップでよく見るタープは飽きた。」「キャンプ場でちょっと個性を出したい。」など拘りのあるキャンパーさんなら、かなり気になるタープではないでしょうか。

ORDER TARPのカラーとバリエーション

出典:pixabay

カラーは16色の中から選べるようになっており、タープの形によってカラーの組み合わせパターンも2色や3色使いなどあります。

単色なんて勿体ない!

複数のカラーを使って個性を発揮したいですよね。

その気がなくても、ちょっと妄想を楽しんでみたい気もします。

出典:AllAboutOutdoors

レクタタープが7サイズ、ヘキサタープが2サイズあるので、カラーの組み合わせや形などを考えると組み合わせは全部で157,184通り、という驚異のバリエーションが可能なようです。

自分のクローン人間がいない限り、完全にカブルことはないでしょう。

ここで、素敵なカラーの組み合わせのタープをいくつかご紹介しますね。

出典:AllAboutOutdoors

こちら、赤・白・青のトリコロールカラーが緑の芝生に映えてステキです。

レクタタープですが、張り具合に変化を付ける事で、見る角度によっては色の見え方が単一ではないところも面白いです。

キャンプ場でも、個性が発揮されつつ嫌味のないカラーが注目を浴びることでしょう。

出典:AllAboutOutdoors

こちらは、白と濃淡の違う赤を2色採用したパターンです。

同じカラーの濃淡を楽しむのもありですよね。

SNOWPEAKテントの赤の縁取りと合わせた絶妙な拘りが、テントとタープを上手に融合させていて「やられた!」という感じです。

出典:AllAboutOutdoors

最後は、ホワイトではなく「ナチュラル」とネイビーの2色使いのヘキサタープになります。

ナチュラルを採用した事でキャンプ場などのアウトドア環境にうまく溶け込み、少し大人な雰囲気を醸し出していますね。

落ち着いたマッタリしたキャンプができそうです。

ORDER TARPのオプション

出典:AllAboutOutdoors

この画像を見て、思わず「わぁー♪」と声が出てしまいました。

3色カラータープの縁にフリンジのオプションが追加された、グンとオシャレ度が倍増したタープですよね。

かなり、気になります!

カラーと形だけの組み合わせだけでも充分に個性がありますが、オプションでフリンジまで追加できたら最強です。

フリンジは取り外し可能なので、その時の気分で付けたり外したり出来るのも嬉しいポイントではないでしょうか。

オーダー時に迷いに迷ってしまいそうな予感もしますが、そんな迷う時間まで楽しめたら良いかもしれません。

確実に、世界にたった1つだけのオリジナルタープが完成することでしょう。

出典:AllAboutOutdoors

フリンジだと可愛すぎるという方には、フリルはいかがでしょう。

風でユラユラと動く感じは素敵ですよね。

ただし、フリルを付けるなら、運動会のテントにならないようにホワイトやオフホワイトの単色にする事だけは止めておいた方が良さそうです。

こちらも、取り外し可能なオプションになります。

ORDER TARPの嬉しいサービス

出典:pexels

「通販あるある」の失敗例で、届いたカラーの印象が違ったという経験はないですか。

例えば、同じ赤色でもスマホ上の見え方と実際の見え方が違い、届いたセーターの印象が違ったという事など。

タープ1つと言っても高額ですから、カラー選定は絶対に失敗したくないですよね。

出典:AllAboutOutdoors

そんな不安解消をして頂くために、AllAboutOutdoorsではコットンタープのカラー見本の無料取り寄せが可能となっています。

生地の質感でもカラーの見え方は変わるので、実際の生地とカラーを確認できるのはオーダーする側からすると安心ポイントですね。

また、その見本生地を使って自分でシュミレーションも出来るでしょう。

オーダーを決定するまでの期間も、ワクワク感が高まり楽しい時間が過ごせそうです。

出典:AllAboutOutdoors

さらに、カラー単色のイメージは付いたけどカラー同士を組み合わせた時のイメージが沸かないという方にも朗報です。

AllAboutOutdoorsでは、好きなサイズとカラーの組み合わせを選んでいただければカラーシミュレーションを作成してというサービスまでありますよ。

出典:pexels

イメージが湧かない方以外にも、カラーの組み合わせが沢山あって1つに絞れないという方にもピッタリなサービスではないでしょうか。

見比べるとことで、自分の理想のタープに近づけそうですよね。

ネット上で、型、サイズ、カラーの組み合わせを伝えるだけですので気軽に利用してみてはいかがですか。

ORDER TARPのコットン生地について

出典:AllAboutOutdoors

キャンプで使われるコットンタープは、綿と化繊を混紡したポリコットン(T/C)が主流です。

しかし、AllAboutOutdoorsのコットンタープは「コットン100%」となっています。

他のブランドを見渡しても「コットン100%」のタープは、あまり見かけないですよね。

そこで、コットン100%であるがゆえのメリットとデメリットを少しご紹介しましょう。

コットン100%のメリット

出典:photoAC

メリット

 

・通気性と遮光性が優れているので、濃い影が出来て夏キャンプでも活躍する。

 

・耐火性に優れており、焚き火の際も安心。

 

・コットン100%のテントはグランピング施設に使われることが多いように、見た目の重厚感とオシャレさが際立つ。

 

・コットンは雨水や結露を吸水することで膨張するので、生地の密度が増して雨漏りがない。

 

コットン100%のデメリット

出典:photoAC

デメリット

 

・同じサイズのポリエステル製タープとコットン100%タープを比べた場合、一般的にコットン100%タープの重量が約3倍と言われ、とにかく重い。

 

・重量があるので、大きさによっては1人での設営は厳しい。

 

・タープの重量に耐えられるポールとペグの選定が大切であり、それなりの支出になる。

 

・伸縮性がないので、美しく張るには練習が必要。

 

・水分を吸収しやすいので乾きにくい。

 

・シッカリ乾かして収納しないとカビが発生する。

 

ORDER TARPに限ったデメリット

出典:pixabay

せっかくのORDERTARPなので、複数カラーで考えている方が多いでしょう。

その際、雨などで色落ちをする可能性もあるので、酷い雨が予想される気象条件の際には使用を避けた方が良いようです。

また、湿ったままで撤収を行ってしまうと濃色から淡色へと色移りする可能性があるので、雨などで濡れてしまった場合にはしっかりと乾燥させましょう。

AllAboutOutdoorsのオリジナルコットンタープで個性を発揮しよう!

出典:AllAboutOutdoors

AllAboutOutdoorsのORDERTARP、拘りがあるキャンパーさんには夢が広がるタープでしたね。

オーダーとなれば愛着も湧き、それが小まめなメンテナンスに繋がることで長期に渡って愛用していく事ができるでしょう。

みなさんの拘りを、このORDERTARPで表現してみませんか。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ten

九州在住のママキャンパーです。 主人が強引に始めたキャンプに付き合わされた結果、私もハマってしまいました!(笑) 青空の下での御飯作り、愛用のチェアに座りながらの読書、思わず本音が出ちゃう焚火。 たくさんの失敗や経験を積み重ねながら、自分達が気持ち良いと思えるキャンプスタイルを楽しんでいます!