ファッション

/

アウトドアにおすすめの折りたたみ傘7選!一緒にあれば便利なグッズもご紹介!

ZEEN

軽量コンパクトで耐久性に優れたアウトドアブランドの折りたたみ傘。

キャンプやアウトドアに出掛けるときでもバッグの中に入れておくことで突然の雨からカラダを守ってくれます。

そこで今回は、アウトドアにおすすめの折りたたみ傘を厳選してご紹介!

「一緒に持っていれば便利な傘グッズ」も記事後半で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

アウトドアに最適な折りたたみ傘を選ぶポイントとは?

出典:A&F公式FACEBOOK

アウトドアに最適な折りたたみ傘を選ぶときは、以下の3つのポイントに注目しましょう。

  • 持ち運びしやすい軽量モデル
  • 収納しやすいコンパクト性
  • 丈夫な素材

アウトドアに出かける際に、一般的な長傘を持ち運ぶのは荷物になるし100%置き忘れて帰ってしまいがち。

アウトドアで傘を持ち歩く場合は持ち運びに便利な軽量コンパクトタイプが最適です。

また雨風の強い環境のアウトドアなら強度に優れた耐久性も必要。

風が強くて傘の骨が折れたり引っ繰り返ったりしないよう丈夫な素材を選ぶことがポイントです。

それでは早速アウトドアにおすすめの折りたたみ傘をチェックしていきましょう。

アウトドアに最適!【おすすめの折りたたみ傘7選】

ここからは、アウトドアにおすすめの軽量コンパクトな折りたたみ傘をピックアップして紹介していきます。

ぜひお気に入りの折りたたみ傘を見つけてみてくださいね!

おすすめ①モンベル:トレッキングアンブレラ

出典:モンベル公式サイト

重量わずか150gという圧倒的な軽さが特徴の「モンベル」トレッキングアンブレラ。

55cmのカーボン骨を8本使用することで軽さと高い強度を実現しています。

トレッキング以外、キャンプやトラベルなど幅広く使用可能です。

サイズ 使用時:直径98cm、折りたたみ時:25cm
重量 150g
材質 20デニール・ポリエステル・リップストップ(撥水加工)

口コミ・レビュー

生地も薄くて折りたたむと大変コンパクトになります。かばんに入れっぱなしでも邪魔になりません。

おすすめ②モンベル:サンブロックアンブレラ

出典:モンベル公式サイト

表面にシルバーコーティングを施したモンベルのサンブロックアンブレラ。

日差しを反射して優れた遮熱効果を発揮するので、雨はもちろん晴れた日の日除け傘としても使用できます

裏面をブラックにすることで光を吸収し視界を見えやすくしているのが特徴。

軽量で強度のあるカーボンを親骨に採用しています。

サイズ 使用時:直径98cm、骨長55cm、折りたたみ時:25cm
重量 200g
材質 75Dポリエステル(表:ポリウレタンシルバーコーティング)撥水加工

口コミ・レビュー

日差しの強い夏のアウトドアに最高。とても大きくて大人の男性が使っても体が隠れるので涼しく使えます。

おすすめ③チャムス:ブービーフォーダブルアンブレラ

出典:チャムス公式サイト

憂鬱な雨の日に出掛けたくなるチャムスの折りたたみ傘。

ポップでかわいいデザインが特徴です。軽いながらも全長98cmまで広がりゆったりと使用可能。

レインボー柄やイラスト柄などラインナップしています。

サイズ 全長:約56cm、親骨:約55cm、直径98cm、収納サイズ:W9×L26cm
重量 約213g
材質 190Tポリエステル100%、骨:アルミニウム

口コミ・レビュー

可愛くて最高!雨の日が楽しくなります!

おすすめ④スノーピーク:スノーピークアンブレラUL

出典:スノーピーク公式サイト

どこへでも持っていけるスノーピークの超軽量折りたたみ傘。

重量150gと持っていることを忘れてしまうほどの軽さが特徴です。

防水性に優れた縫製方法に強度を高めた8本フレームを採用

折りたたむと22cmまでコンパクトになるので携帯性に優れます。

サイズ 親骨:55cm(×8)、収納時全長:22cm
重量 150g
材質 本体:30Dポリエステル・テフロン撥水加工・UVカット加工
中棒・受骨:アルミニウム、親骨:カーボン、ハンドル:ABS樹脂

口コミ・レビュー

軽いけど8本骨で丈夫。携帯性も間違いなく価格分の価値は十分にあります。

おすすめ⑤ユーロシルム:スウィングバックパック

出典:A&F公式サイト

高機能かつ高品質なアンブレラとして名高いドイツアンブレラメーカー「ユーロシルム」のバックパックスウィング。

傘を広げたときに後部のキャノピーが自動的に伸びるので背負ったバックパックを濡らすことなく使用できます。

折りたたみタイプではないですが、アウトドアや普段使い、ビジネスシーンに便利です。

サイズ 長さ:76cm、広げた長さ:100Φcm
重量 350g
材質 キャノピー:デュポンテフロン加工ポリエステル100%
フレーム:高密度ファイバーグラス、ハンドル:高密度EVAハードフォーム
ケース素材:ポリアミド

口コミ・レビュー

ワンタッチではありませんがとても便利で使いやすい。

おすすめ⑥エバニュー:SL76gアンブレラ

出典:エバニュー公式サイト

アウトドアブランドが展開する傘のなかで、圧倒的な軽さを誇るエバニューの折りたたみ傘

その重量驚異の76gで、画期的モデルとされた従来品90gをはるかに下回りながらも強度がアップしています。

ブラック・グレー・ベージュの3カラーがラインナップ。軽量を重視された方におすすめです。

サイズ 使用時:直径83cm、収納時:22cm
重量 76g
材質 骨材質:カーボン

口コミ・レビュー

常時かばんに入れておくことができるので突発的な雨が降っても安心。作業ズボンのポケットにも入ります。

おすすめ⑦シートゥーサミット:ウルトラSILアンブレラ

出典:ロストアロー公式サイト

オーストラリアでスリーピングバッグライナーの製造から始まった「シートゥーサミット」の軽量折りたたみ傘。

超軽量防水素材30Dシリコンコーデュラを採用しています。

骨組みを8本にすることで強度を確保。

イエローとブラックの2カラーがラインナップしています。

サイズ 展開サイズ:96cm、収納サイズ:24cm
重量 280g
材質 生地:30Dシリコンコーデュラ

口コミ・レビュー

さすがシルナイロン!思った以上の軽さと雨の弾きがとてもよい。大きくて頑丈です。

一緒に持っておくと便利な傘グッズ

出典:写真AC

「最近水弾きが悪くなって、使い終わったあとにバッグに入れておいたら中の荷物が濡れていた」という経験をした方が多いのでは?

そんなときにあれば便利な傘グッズを紹介します。

防水スプレーで撥水効果を蘇らせよう!

高機能なアウトドアブランドの折りたたみ傘でも、使用しているうちに摩擦や汚れの影響で撥水効果が落ちていってしまいます。

生地の水弾きが悪くなったと感じたときは、市販の防水スプレーで撥水加工を施してあげましょう。

そうすることで新品時のような水弾きが復活し、バッグに入れてもほかの荷物を濡らさずに済むでしょう。

傘カバーを使えばバッグの中を濡らさない!

バッグの中を濡らしたくないときは、折りたたみ傘に付属している収納ケース以外に「傘カバー」を使えば安心です。

傘カバーは内側の生地に吸水性に優れた素材を採用しているので、濡れた折りたたみ傘を収納してもバッグを濡らす心配がありません。

まとめ

今回は、アウトドアにおすすめの折りたたみ傘を紹介してみました。

アウトドアをお楽しみ中でも突然の雨でカラダを濡らさないように、軽量コンパクトな折りたたみ傘を常にバッグに収納しておけば安心です。

ぜひ今回紹介したおすすめの折りたたみ傘を相棒に、快適なアウトドアライフを楽しんでみてくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!