チェア

/

おすすめのハンモックチェア5選をご紹介!アウトドアでも自立式が人気!

ZEEN

心地よいリズムで至福のキャンプタイムを過ごすことができるハンモックチェア。

まるでゆりかごに揺られているかのような座り心地が魅力です。

そこで今回は、「アウトドアにおすすめのハンモックチェア」を厳選してご紹介!

小鳥のさえずる自然のなか、綺麗な景色を眺めながらコーヒータイムや読書を楽しみたい方は要チェックです!

ハンモックとハンモックチェアって何が違うの?

出典:ニーモ公式FACEBOOK

「ハンモック」と「ハンモックチェア」、同じものかと思いきや、実は使い方に違いがあります。

ハンモックとハンモックチェアの使い方の違いとは?

  • ハンモック・・・横になって眠ることができる
  • ハンモックチェア・・・座った状態でリラックスしながらカラダを休める

 

出典:写真AC

ハンモックとは、木と木の間に吊り下げるように固定して、ベッドのように横になって使うもの。

一方ハンモックチェアは、座った状態でコーヒータイムや読書を楽しみたいときに使用するのが特徴です。

ハンモックは設置するまでに時間や手間が掛かりますが、ハンモックチェアは手軽に組み立てて設置できたりパッと開くだけで設置できたり、すぐに使用することができます。

そんなハンモックチェアには「吊り下げ式」「自立式」の2種類があり、アウトドアで使用するなら自立式がおすすめ!

まずは「自立式」と「吊り下げ式」の特徴についてチェックしていきましょう。

アウトドアには吊り下げ式と自立式、どっちが最適?

出典:ロゴス公式サイト

ハンモックチェアには「吊り下げ式」と「自立式」の2種類があり、アウトドアで使用する場合は自立式がおすすめです。

吊り下げ式とは、専用のスタンドを使用したり室内の梁や柱を利用したりして吊り下げるように設置するタイプのこと。

おしゃれなタイプが多いですが、吊り下げ式は設置場所が限定されたりスタンド分のスペースが必要となるのが難点となります。

出典:楽天市場

一方自立式は、コンパクトに持ち運びできて手軽に設置できるのが最大の特徴。

場所を選ばず好きな場所に設置できるのでアウトドアでの使用に最適です。

自立式ハンモックチェアがアウトドアに最適な5つのポイントとは

  • コンパクトに収納して手軽に持ち運ぶことができる
  • 組み立てが簡単ですぐに使用できる
  • 好きな場所に設置することができる
  • 小スペースで設置可能
  • リクライニング機能やドリンクホルダーなど便利な機能が装備している

それでは実際に、アウトドアに最適な自立式のハンモックチェアをチェックしていきましょう。

アウトドアにおすすめの自立式ハンモックチェア5選

それではここから、アウトドアにおすすめの自立式ハンモックチェアを厳選して紹介していきます。

ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

おすすめ①ロゴス:Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア

出典:ロゴス公式サイト

リクライニング機能を備えたロゴスのハンモックチェア

ベルトを調整することで簡単に背もたれの角度を変更することができます。

ドリンクホルダーとヘッドレストが搭載。

パーツを分解することでコンパクトに収納して持ち運ぶことが可能です。

サイズ 幅90×奥行68×高さ117cm(座高43cm)
重量 5.7kg
素材 フレーム:スチール、生地:ポリエステル(PVCコーティング)

口コミ・レビュー

チェア自体組み立ても簡単で片付けも一人で簡単にでき、使うときもサッと出してサッと片付けられるのがすごく良いです。

おすすめ②キャプテンスタッグ:スチールポールチェア

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

チェアモックにサンシェードを設けたキャプテンスタッグのスチールボールチェア。

サンシェード・モック・スタンドそれぞれ単体販売となります。

日陰のなか、ゆらゆらリラックスして寛ぐことが可能。

それぞれパーツごとに収納ケースが付属しているのでコンパクトに持ち運ぶことができます。

サイズ シェード:幅140×奥行105cm
モック:全長170×長さ90cm
スタンド2:幅175×奥行84×高さ110cm
重量 シェード:1.0kg
モック:1.0kg
スタンド2:8.0kg
材質 シェード:ポリエステル190T(PU加工・UV加工)
モック:綿49%・ポリエステル41%・レーヨン4%・クッション材(ウレタンフォーム)
スタンド2:鉄(粉体塗装)、フック・補強バー:鉄(亜鉛めっき)

口コミ・レビュー

寝るタイプより肩周りが楽で気に入ってます。横向きのハンモックと比べると、こっちのほうが座りやすく抜群に柔らかいです。

おすすめ③ニーモ:スターゲイズ リクライナー ラグジュアリー

出典:イワタニプリムス公式サイト

カラダを預けるだけで自動的にリクライニングする「ニーモ」の人気ハンモックチェア。

座面がフレームに吊り下げられた構造を採用しているので不整地でも自然な揺れを楽しむことができます。

位置が調整できるヘッドレストやカップホルダーを搭載。

キャンプで星空を眺めながらリラックスしたいときにおすすめです。

極上の座り心地で話題のNEMO(ニーモ)ロッキングチェアを徹底解説!
サイズ 使用サイズ:幅92×奥行68×高さ112cm
収納サイズ:幅60×奥行17×高さ17cm
重量 約3.3kg
素材 シート:ナイロンメッシュ

口コミ・レビュー

座りながらの作業には不向きですが、リラックスチェアとしては他の追随を許さないレベルの座り心地が最高!このイスに座っていると本当にいつの間にか眠ってしまいます。

おすすめ④フィールドア:ロッキングチェア

出典:Amazon

ワンタッチテントやタープテントなど自然を楽しむキャンプ用品を展開している「フィールドア」のロッキングチェア。

収束型の折りたたみタイプなのでワンタッチで設置・撤収することができます。

フレームは丈夫なスチール素材を採用。

ブラック・ダークブラウン・カーキの3カラーがラインナップしています。

サイズ 使用時:幅100×奥行88×高さ97cm※最大外寸
収納時:幅22×奥行20×長さ110cm
重量 約5kg
材質 ポリエステル/スチール他

口コミ・レビュー

収納サイズはでかいけど、座り心地は抜群で、さらにこの値段ならよい商品だと思います。車で移動するキャンプスタイルに最適です。

おすすめ⑤武田コーポレーション:ハンモックチェア

出典:Amazon

室内や室外で場所を選ばず使用できるおしゃれなハンモックチェア。

折りたたみ式のフレームを組み立ててチェアをセットするだけで使用することができます。

耐荷重80kgまで対応。包み込まれるような座り心地がおすすめです。

サイズ 幅98×奥行65×高さ96cm
重量 6.65kg
材質 フレーム:スチール、生地:600Dポリエステル

まとめ

今回は、アウトドアにおすすめのハンモックチェアを紹介してみました。

コンパクトに収納して持ち運びが便利な自立式ハンモックチェアは手軽に好きな場所で設置できるのでアウトドアに最適です。

ぜひ今回紹介したおすすめのハンモックチェアを参考に、ゆらゆらと揺られながら至福のコーヒタームや読書、また星空ウォッチングなど快適なキャンプタイムを過ごしてみてくださいね!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!