キャンプ場

/

【福島県田村市】クラフトビールを楽しめる!「ホップガーデンオートキャンプ場」を宿泊レビュー

きなこ

福島県田村市にある「ホップガーデンオートキャンプ場」は、クラフトビールの醸造所「ホップガーデンブルワリー」に併設するキャンプ場です。

グリーンパーク都路内にあり、オートキャンプ場やブルワリーのほかにもディスクゴルフコースや公園などがあります。

キャンプ雑誌でも取り上げられ、いま注目されているキャンプ場です!

今回はそんなポップガーデンオートキャンプ場を宿泊レポをご紹介!ぜひキャンプ場選びの参考にしてください。

ホップガーデンオートキャンプ場とは?

基本情報

ホップガーデンオートキャンプ場は、福島県田村市にあるキャンプ場です。

郡山市から車で約1時間、福島市からも約1時間半でアクセスできます。東京からだと約4時間です。

名前の通り、ホップや大麦などを栽培する農園が併設しており、できたてのクラフトビールを楽しめるのが魅力です。

キャンプ場名 ホップガーデンオートキャンプ場
住所 〒963-4702
福島県田村市都路町岩井沢北向185-1グリーンパーク都路内
営業期間 4月1日~12月19日
チェックイン/アウト 15:00/10:00
料金(1区画6名迄) 4,500円
予約方法 Web
電話番号 0247-61-5330
公式サイト グリーンパーク都路

アクセス

ホップガーデンオートキャンプ場のサイト

ホップガーデンオートキャンプ場のサイトは全部で10区画。すべてが電源付きのオートサイトです。

隣り合わせのサイトとは少し距離があるため、ゆったりと過ごせます。

こちらは8番のサイトから見た、左側3~7サイトです。

遮るものがないので、天気が良ければ星もよく見えそうですね!

サイトの雰囲気はどこも大体同じで、芝生と土が混ざっていました。

今回、キャンプ中はずっと雨だったので夜中水たまりもできていましたが、サイトの水はけが良く、翌日にはなくなっていましたよ。

ホップガーデンオートキャンプ場の施設情報

管理棟

管理棟はホップガーデンブルワリーの横にあります。

キャンプに必要な道具のほとんどがレンタルできるほか、調味料やお菓子類、薪、燃料なども購入が可能です。

また、1時間1,100円で利用できる家族風呂「ホップ風呂」も併設しています。

ブルワリーで使ったホップを使用しているそうなので、ホップガーデンならではの雰囲気を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください!

トイレ

トイレはキャンプ場中央のサニタリー棟にあります。

詳細は後述しますがサニタリー棟内には他に、炊事場、シャワー、コインランドリーが入っています。

トイレ内はにおいもなく、とてもきれいに清掃されていました。使うときに自分で電気をつけて、消す仕様なので虫も少ないです。

アルコール消毒も置いてあり、安心して使用できます。

トイレはシャワー付きの洋式です。

炊事場

こちらが炊事場。

裏に給湯器があり、お湯を使って洗い物ができます。

トイレ同様、炊事場も使うときに自分で電気をつけるので虫は少なめです。

炊事場のスイッチは少し離れた場所にあるため、地図をみて確認しましょう。

シャワー・お風呂

シャワーは15分100円です。

私の髪はミディアムヘアですが、15分あれば十分全身洗い終わりましたよ。

洗面台にドライヤーがあるのも嬉しいですね!

こちらがシャワールームで、全部で3つありました。アメニティやバスマットはありません。

また、お風呂は管理棟内にあります。1時間1,100円です。

コインランドリー

コインランドリーは洗濯機・乾燥機ともに200円です。

男性、女性側にそれぞれ1台ずつ設置されています。

ブルワリー(クラフトビール)

管理棟の横には、クラフトビールをつくるブルワリーが併設しています。

営業時間は9時から17時です。

ブルワリーの中にあるタップルームでは、出来立てのクラフトビールが楽しめます。

ビールの種類は全部で7種類。

陰陽五行をイメージしており、陰・陽・木・火・土・金・水のビールがあります。

お土産として瓶のビールも購入可能です。

タップルームからは醸造所の様子も見ることができますよ!

ブルワリーだけの利用も可能です。

その他施設

ホップガーデンオートキャンプ場があるグリーンパーク都路内には、ホップ畑、麦畑、スポーツ広場、安らぎ公園など様々な施設が併設しています。

こちらは展望台。

天気が悪かったので展望はいまいちでしたが、晴れた日には気持ちがよさそうですね。

こちらは池と東屋のある広場。朝の散歩にもおすすめです。

ホップガーデンオートキャンプ場の注意点

ホップガーデンオートキャンプ場で受付を行うと、注意書きのファイルがもらえます。

よく読んでルールを守りましょう。

ここでは一部を抜粋してご紹介します。

まずペットですが、ペットはリードでつないでおけば一緒に宿泊できます。

音楽・カラオケ・発電機などは使用できません。

また、花火は隣接するスポーツ広場で楽しめます。爆竹などの音が大きなものでなければで、打ち上げもOKです!

資源ごみ(瓶・缶・ペットボトル)は管理棟からキャンプサイトまでの間にあるゴミステーションで回収してもらえます。

可燃ごみの引き取りは有料で、ゴミ袋(45L)1枚につき500円です。

ホップガーデンオートキャンプ場のスーパー

出典:シミズストア

キャンプ場から近くて大きなスーパーは、福島県内で6店舗展開している「シミズストア」の常葉店です。

地元民向けのスーパーなので品ぞろえが特別多いわけではないようですが、車の場合、キャンプ場から約16分でアクセスできます。

ちなみに、私は1時間ほど離れた通り道の大型スーパーで買い物してからキャンプ場へ訪れました。

必要なものは事前に買っておいて、買い足しに利用するのがよいかもしれません。

店舗名 シミズストア常葉店
住所 福島県田村市常葉町常葉字古御門41
営業時間 10時~20時

ホップガーデンオートキャンプ場でゆったりキャンプを楽しもう!

私が訪れた日は金曜日でしたが、なんと貸し切りでした。

管理人の方のご厚意でサイトも自由に選ぶことができ、とてものんびりと過ごせましたよ。

車で30分の場所にあぶくま洞があり、観光の拠点にもなります。

クラフトビールが好きな方はもちろん、福島県観光としてもぜひ訪れてみてくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。現在、VANLIFE中で車中泊仕様の愛車バンと全国を旅しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています。