寝具

/

快眠間違いなし?【DOD】ソトネノサソイをキャンプで使って気づいた5つの魅力

りゅーぞー

丸洗いできるシーツ付きでいつでも清潔!

「エアマットを膨らませるのに一苦労していませんか?」

「キャンプマットって汚れても洗えないのが困りますよね?」

「マットの厚みが薄くて眠れないなんてことはありませんか?」

この記事では、コンパクト収納&自動膨張機能を兼ね備えた「DOD」ソトネノサソイをご紹介します。

シーツの取り外しが可能で、汚れても丸洗いできるなど魅力がたくさんある商品です。

記事の後半では、実際に長く使用して気づいた点も記載しているのでぜひ最後まで目を通してくださいね。

DODソトネノサソイとは?

コンパクトに収納可能で自動膨張機能もついているキャンプ用マットです。

十分な厚みがあり、アウトドアシーンの凸凹した地面でも快適に眠れます。

最大の特徴として、取り外せるシーツが丸洗い可能のため汚れても心配ありません。

サイズはS・M・Lの3段階でカラーはタンのみです。

〈商品詳細〉

カラー タン
材質 マット本体:ポリエステル(PVCコーティング)、ポリウレタン
シーツ部分:ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
付属品 キャリーバッグ、タイダウンベルト
サイズS 60×192×4.5(幅/奥行/高 cm)
サイズM 115×192×4.5(幅/奥行/高 cm)
サイズL 140×192×4.5(幅/奥行/高 cm)
収納サイズS 15×15×66(幅/奥行/高 cm)
収納サイズM 18×18×65(幅/奥行/高 cm)
収納サイズL 22×22×75(幅/奥行/高 cm)
重量(kg)  S 2.4kg、M 4.5kg、L 5.2kg

DODソトネノサソイ5つの魅力

取り外し可能なシーツ、十分な厚み、自動膨張機能、コンパクト収納などたくさんの魅力があります。

それぞれ詳しくご紹介しますね!

シーツを丸洗いできる!

ソトネノサソイはマットにつけるシーツが付属しており、ブックカバー式のため簡単に脱着ができます。

また取り外したシーツは洗濯機で丸洗い可能なので、いつでも清潔なマットで眠ることが可能。

お子さんがいる場合、「マットの上で動き回って汗びっしょりで横たっちゃう…」なんてときも丸洗いできると便利ですよね!

十分な厚みで寝心地抜群!

厚み4.5cmの肉厚マットで、アウトドアシーンでも自宅で寝ているかのような寝心地を再現しています。

芝生の上はもちろん、多少の砂利のある地面でもゴツゴツ感を感じることなく安眠可能。

中にはソファーなどに使われるウレタンフォームが入っているので、体圧を分散しつつ復元性も高いです。

また多くのキャンプマットに見られるポリエステル特有のペタペタとした肌感も、シーツ部分にポリコットン素材(ポリエステルとコットンの混紡生地)を使用することで肌触りよく仕上げています。

自動膨張機能で膨らませるのも簡単!

オートマチックエアバルブにより、バルブを緩めるだけで自動的に空気が入る設計になっています。

ほったらかしておいても、エアマットが十分に膨張したらバルブを閉じるだけでマットレスを作ることができるので手間がかかりません。

コンパクトに収納できる!

付属のコンプレッション機能付きタイダウンベルトを使えば、巻き終わったマットを留めるだけでなくマットを圧縮することも可能。

収納バッグにもコンプレッション機能があるため、スポンジ部分を圧縮してコンパクトに収納できます。

連結システムがある!

マットの左右についているボタンを使ってマット同士を無限に連結できます。

たとえばソロキャンもするしファミリーキャンプもする方の場合、ソロのときはSサイズだけを持っていき、家族で行くときはLサイズも一緒に持って行って連結することでファミリー仕様に早変わり!

ソトネノサソイの使い方

自動膨張機能があるためソトネノサソイの使い方は非常に簡単です。

たったの3STEPなので順にみてきましょう。

使い方
  • STEP1
    マットを広げる
    収納バッグからマットを取り出し押し広げます。
  • STEP2
    エアバルブを開放
    マットの端にあるバルブを開放し数分待つと自動的に膨張しマットが完成します。(初回は膨らみにくい場合があるのでポンプや口で膨らませましょう。)
  • STEP3
    シーツの取り付け
    シーツ両端のインサートポケットにマットの両端を挿し込み、シーツを取り付けます。

実際に使用して気づいた良かった点と気になる点

1年以上使用して経年劣化や実際の使用感などで気づいたことがありましたので参考になればと思います!

良かった点

良かった点

・ソロならSサイズで十分
・裏面の滑り止め
・水にも強い

私が身長180cmの男性ですがソロキャンプであればSサイズで幅も十分だと感じました。

マットの裏面に滑り止め加工が施されているので、斜面でも滑りにくくなっています。

また表面・裏面生地の接合には糸による縫製を行わず圧着式なので、縫合により生じる隙間が無く水の進入を防ぐ工夫が。

気になる点

気になる点

・長期使用で自動膨張の劣化が
・最初はマットの収納に手こずる
・大きい石が下にあるとさすがに気になる

ウレタンが入っているので通常のエアマットよりはかさばり、慣れるまでは収納に手こずります。

厚さ4.5cmなので基本的にはどんな地面でも快適ですが、大きい石などが下にあるとさすがに違和感を感じます。設営の際は地面のチェックを必ずおこないましょう。

そして1年以上使用して一番気になったのが、オートマチックエアバルブの劣化です。

バルブを開放しても5割程度しか空気が自動で入らなくなってしまい、途中からは口で膨らましています。

まとめ:初めてのキャンプマットにおすすめ!

まとめ

・シーツが取り外せて丸洗い可能!
・自動膨張機能で膨らませる手間がかからない!
・ポリコットン素材のシーツに4.5cmの肉厚ボディで最高の寝心地!

寝心地の良さや組み立て手軽さを考えると、初めてマットを買う方におすすめです。

人気商品なので品切れになることも多いですが、この記事で記載した「ソトネノサソイ5つの魅力」を参考にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

りゅーぞー

大阪在住のキャンパーです。初めてのキャンプが中東ヨルダンでの砂漠キャンプという鮮烈なデビュー戦でした。 ですが、仲間と焚火を囲み、満天の星空を見上げ、お酒を飲み語り合う、あの時間が忘れられず気づけばキャンプの沼にハマっています。笑 主に定番ギアや話題のギアのご紹介をしていきます!