調理器具

/

【テンマクデザイン】フライパンにもなる“ホットサンドメーカー”が人気な6つのワケ

りゅーぞー

焼き印が可愛い万能なホットサンドメーカー!

「ホットサンドメーカーをフライパンとしても使えたら便利ですよね?」

「焼き印のデザインって重要じゃないですか?」

「クッカーの深さを選べると料理の幅が広がりませんか?」

この記事では、2種類のクッカーで料理ごとに使い分け可能な【tent-Mark DESIGNS】マルチホットサンドメーカーⅡをご紹介します。

特徴的な焼き印や連結解除でフライパンとしても使用できるなど、様々な工夫が施されている商品です。

記事の後半では実際に使用して気づいた点もご紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

【テンマクデザイン】ホットサンドメーカーとは?

テンマクデザインとTULSA TIMEのコラボにより生まれた商品です。

キャンプの朝食などに手軽なホットサンドを作る方も増えていますが、テンマクデザインのホットサンドメーカーはスタイリッシュなデザインや深さの違うクッカーがあるなど、便利な機能性が人気を集めています。

可愛い焼き印の虜になって購入を決める方も多いんだとか。

現在公式サイトでは¥6,578円(税込み)で販売されており、品薄になることも多い商品です。

〈商品詳細〉

付属 蓋×1
クッカー×2(面浅&面深)
収納ケース
サイズ 全長:350mm
焼面:118mm × 133mm
深さ:面浅18mm / 面深28mm
重量 蓋:248g
クッカー(面浅):258g
クッカー(面深):289g
素材 蓋&焼面:アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)
ハンドル:ステンレス、天然木

人気な6つのワケ

品薄で購入が難しいときもあるほどのワケは、2種類のクッカーや可愛い焼き印、高いデザイン性などが挙げられます。

詳しくご紹介しましょう。

クッカーと蓋が分離できるのでフライパンとしても使える!

クッカー部分と蓋はワンタッチで分離でき、クッカーはそのままフライパンとして使えます。

片方のクッカーはホットサンドとして利用し、もう一つのクッカーはフライパンとして別料理を作るなんてことも可能です。

料理に合わせて自分の使いやすいようにカスタマイズできるのは嬉しいポイントですね!

2種類の深さの異なるクッカーで料理の幅が広がる!

深さ18mmと28mmの2つのクッカーがセットになっており、多彩な料理が可能に。

深めのクッカーであれば4枚切りの厚みのある食パンでも挟むことができます。

また食材の量が少なければ浅めのクッカーを使ったり、ガッツリ食べたいときは深めを使用するなど具材のボリュームによっても使い分けれますね!

※IHには対応していないので注意してください!

焼き印が可愛い!

写真映え間違いなしの「ほ」の焼き印がとても愛らしいです。

「ほ」の書体や丸で囲まれている雰囲気も可愛らしさを強調させています。

毎回きれいに文字を焼き上げられるかといった楽しみ方もありますね!

ハンドルに天然木を使用しておりデザイン性が高い!

ブラックの本体と天然木を使用したハンドルのビジュアルはシンプルでかっこいいです。

またハンドル部分は長めに設計されており焚き火などの熱源でも使用できる工夫が施されています。

太めのハンドルなので持ちやすく、フライパンとして使用するときも扱いやすいです。

食材を挟むときは蓋のハンドル下部についているフックを引っかけて固定します。

フッ素加工でお手入れも簡単!

クッカーの材質はアルミニウム合金なのですが、フッ素加工が施されているので焦げ付きにくく洗いやすいです。

使用後はさっと水とスポンジで洗い流すだけで、こべり付きなく簡単にお手入れできます。

シーズニングなどのメンテナンスが特に不必要な点も、手間が省けてありがたいですね。

収納ケースが3層構造で使いやすい!

付属の収納ケースはクッカー2つと蓋をそれぞれ収納できるように3層構造になっています。

これによってクッカー同士が傷つけあうこともなく、丁寧な保管が可能に。

個人的には収納ケースが麻っぽい生地感なのも一押しポイント。

実際に使用して気づいた良かった点と気になる点

2年以上アウトドアで愛用していて気づいた点をご紹介します。

良かった点

良かった点
  • 焼き印に癒される
  • 食パンの耳を切ることなくそのまま入れられる
  • ソロキャンならクッカーはこれだけで十分

購入の決め手は焼き印だったので、未だに蓋を開けたときの「ほ」の焼き印には癒されています。

基本的に食パンは耳を切らずにそのまま投入可能。中の具材をどれほど入れるかによりますが深めのクッカーに6枚切りの食パンを入れてサンドすることが多いです。(中火で両面3分ほど焼くとキレイに焼き上がります)

浅めのクッカーの場合、食材も入れると10枚切りぐらいの薄さの食パンでないと閉まらないと思います。

ホットサンドも作りますが深めのクッカーでお米を炊き、浅めのクッカーで肉を焼いて食べるなどの使い方もできるのでこれ一つあればソロキャンのクッカーとしては十分だと感じました。

気になる点

気になる点
  • ゴトクの上での安定感が悪い
  • 「ほ」の焼き印部分が洗いにくい
  • 持ち手はたためない

小さいゴトクにのせるとき、ハンドルの重さで手前側に傾いてしまい安定感に不安があります。

フッ素加工自体は洗いやすいのですが、どうしても焼き印の「ほ」の部分が細かい溝になっているため洗いづらく、カスも残りやすいです。

また、持ち手はたためないのでかさばる点も。コンテナにキャンプギアを収納するときなどにハンドルが邪魔で収納しずらいなと思うことはしばしばあります。

まとめ:デザイン性や機能性に優れたホットサンドメーカー!

まとめ
  • 焼き印の「ほ」が可愛い
  • 2種類のクッカーで様々な料理が作れる!
  • 連結解除でフライパンとして使うこともできる!

使い勝手が良いので初めてホットサンドメーカーを購入する方にもおすすめ。

工夫次第で様々なレシピがあるので可愛い焼き印を楽しみながら、自分オリジナルのホットサンドメーカーレシピを探求してみてはいかがでしょうか?

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

りゅーぞー

大阪在住のキャンパーです。初めてのキャンプが中東ヨルダンでの砂漠キャンプという鮮烈なデビュー戦でした。 ですが、仲間と焚火を囲み、満天の星空を見上げ、お酒を飲み語り合う、あの時間が忘れられず気づけばキャンプの沼にハマっています。笑 主に定番ギアや話題のギアのご紹介をしていきます!