タープ

【5選】ソロキャンプに適した安いウィングタープのみ厳選!ソロにおすすめの理由も徹底解説

みなさんはソロキャンプでタープを使いますか?ソロキャンプは、テントやタープの設営まですべて一人で行うので、意外と大変ですよね。

今回はそんなソロキャンプに適したタープ、「ウィングタープ」について紹介します。

  • なぜウィングタープはソロキャンプに適しているのか
  • ソロキャンプにおすすめな安いウィングタープ5選

この二つのポイントから紹介していきますので、タープが気になっているというソロキャンパーのみなさんは是非読み進めてみてください!

ウィングタープとは?

出典:photoAC

タープには、ヘキサタープ・レクタタープ・ウィングタープなどいろいろな種類があります。

今回紹介するウィングタープは、ひし形の形をしているタープを2本のポールのみで張ることができるのが特徴です。

2本のポールしか使わないので、ほかのタイプのタープよりも設営が楽です。そして、サイズが小さくて軽量になりやすいのも特徴です。

逆にデメリットとしては、その形ゆえに実用面積(日陰になる面積)が小さかったり、出入りが少し大変だったりというポイントが上げられます。

 

なぜウィングタープがソロキャンプに向いているのか

出典:tent-Mark DESIGNS

 

では、そんなウィングタープがソロキャンプに向いている理由を簡単に説明します。

軽いから持ち運びや設営が楽に!

ソロキャンプでは、ウィングタープの軽さが持ち運びや設営において大きなメリットになります。タープは、サイズの大きいものだとポールなどの重量も相まって、一人で運んだり設営したりするのは大変です。

しかしウィングタープなら軽いものが多いので、持ち運びや設営の時に一人でも簡単に張ることができるのです。

プライベート感あるデザイン

先ほどウィングタープのデメリットで、その実用面積の小ささを上げましたが、それはソロキャンプの場合、プライベート感が出てメリットになることもあります。

ソロキャンプではプライベート感は重要です。自分の手の届くところにすべてのギアを置いて、自分だけの空間を作り上げる。そんな願望を持つソロキャンパーも多いのではないでしょうか。

そんなときにウィングタープの小ささ、もといプライベート感のある空間は、ソロキャンパーにとって幸せな空間になってゆくのです。

設営がしやすい

設営が簡単なのもソロキャンパーにとっては嬉しいポイント。ウィングタープの設営の仕方は、ポール2本で立てて、サイドの2か所から張り網で張るだけです。

これなら一人でもストレスなく簡単に立てられますね。

おすすめの安いウィングタープ5選

それでは、ソロキャンプにおすすめなウィングタープを、約6,000円~12,000円までの安いもの5つに厳選して紹介します。

KELTY(ケルティ) Noah`s Tarp 12

出典:KELTY

定価12,100円(税込)
素材68D ポリエステル 100%、ペグ/アルミニウム(6本)
サイズ収納/30×25×8cm、床面積/13.4平方メートル、張上り/356×356cm
重量0.99kg(本体)/1.2kg(収納時)
耐水圧800mm

ポール別売り(アジャスタブルポール:6,500円)

ケルティは今のバックパックの形を作り出したアメリカ発のアウトドアブランドで、バックパックからキャンプギアまでさまざまなアウトドア用品を取り扱っています。

そんなケルティが出しているタープは、356cmの大きさながら本体重量は1kgを切っており軽いですね。ガイラインコードがいろいろなところに取り付けられているので、いろんな形にして使うことができるのも嬉しいポイントです。

耐水圧は800mmとそこまで強くありませんが、荷物を軽くしたいかつ広めのスペースが欲しいという方におすすめです。

oxtos(オクトス) ウィングタープライト ox-048

出典:oxtos

定価7,040円(税込)
素材15DリップストップナイロンPU透湿防水コーティング 
サイズ設営時 / 330cm×289cm×228cm 収納時 / 縦15cm×幅11cm×マチ4cm
重量220g(本体)/ 5g(収納袋)
耐水圧1000mm 

専用ポール・張り網等は付属していません

oxtosは日本のアウトドアメーカーで、このタープも日本製です。本体重量は220gと軽く、一人でも設営しやすいです。

収納サイズも小さく、耐水圧も1000mmと十分です。それにも関わらずお値段も約七千円と安いですね!!!パッキングを絞りたいバックパックキャンパーやバイクキャンパーにもおすすめです。

LOGOS(ロゴス) neos ツーリングタープ-BJ

出典:LOGOS

定価11,990円(税込)
素材難燃性バルキーポリタフタ(シート)/スチール(フレーム)
サイズ設営時/(約)幅430×奥行440×高さ140cm 収納時/(約)幅47×奥行14×高さ14cm
重量(約)2.4kg
耐水圧2000mm

ロゴスのツーリングタープはポールも一緒に付属していて、収納袋にすべてまとめてしまうことができます。そのため収納サイズは少し大きくなりますが、ツーリングタープの名の通りバイクツーリングにはぴったりです。耐水圧は2000mmと高く、設営サイズも大きいためバイクの屋根として使うこともできそうです。

ほかのタープはポールが付属していないものも多いのですが、このロゴスのツーリングタープは付属してこの値段。これを一つ買えばタープが建てられる上に、お得感もありますね!

Soomloom TCタープ

出典:amazon

定価7,980円(税込)
素材コットン35%/ポリエステル65%(ポリコットン/撥水加工)
サイズ設営時/(約)400×510cm 収納時/(約)32×16cm
重量(約)2.16kg
耐水圧350mm

ポールは付属していません

今回紹介しているタープでは唯一のポリコットン(TC)タープです。ポリコットンは素材にコットンが含まれており、ポリエステル100%のタープよりも火の粉に強いという特徴を持っています。近くで焚火をしたいときも、火の粉で穴が開く心配は少なくて済みそうです。

その分重量はほかのタープよりも重くなってしまうので、注意が必要です。

お値段は八千円弱とかなり安いですね。TC素材を試してみたかった!なんて方にいかがでしょうか。

Ultimate Survival(アルティメットサバイバル) オールウェザータープ

出典:amazon

定価5,940円(税込)
素材ポリエステル
サイズ設営時/(約)243×182cm 収納時/(約)20×10cm
重量(約)190g(タープ)/420g(ペグ・スタッフバック・紐込み)
耐水圧

ポールは付属していません

今回紹介している中では最安値です!六千円!安い!

収納サイズも20×10とかなり小さくて、重量なども考慮するとできるだけ荷物を軽くしたいソロキャンパーにピッタリですね。設営サイズは小さめで、一人が雨を凌げる程度ですが、ソロキャンプではタープとしての役割をしっかり果たしてくれるでしょう。

まとめ

ソロキャンプに適した安いウィングタープを5つ紹介しました。気になるタープはありましたか?

ウィングタープは、タープの中でも軽量設営が簡単居住スペースが小さめ、とソロキャンプにぴったりです。風にも比較的強いので、いろんな場面で活躍してくれること間違いなしです。

今回はそんなウィングタープのなかでも6,000~12,000円と、購入しやすい安いウィングタープを紹介しました。ソロキャンプでの入門タープとしてや、ウィングタープを試しに使ってみたい!という方には特におすすめしたいですね。

ぜひこの記事を参考に、キャンプや旅の相棒を見つけてみてください!

ABOUT ME
もめ
もめ
ゆるキャン△のしまリンに憧れて、2019年冬にキャンプデビュー。ソロキャンプや一人旅が大好きです。バイクの免許を取ってキャンプツーリングの旅に出るのが直近の目標。キャンプや一人旅についてのブログも運営中(https://momesolo.com/)。