キャンプ場

8月でも涼しく過ごせるキャンプ場の探し方5選と関東のおすすめキャンプ場を紹介します

出典:photoAC

こんにちは!yusan campです。

いよいよ梅雨が明けて、1年の中でも1番暑い夏がやってきます。夏のキャンプの計画を立てている方も多いと思います。

ただ、現代の夏は地球温暖化の影響で非常に猛暑です。

夏にキャンプに行ったのはいいが、夜に暑くて眠れなかった、蚊やブヨなどの虫にたくさん刺された、避暑地のキャンプ場に行ったはずなのに暑い、などの理由で夏キャンプが嫌いになってしまったというような声を多く聞きます。

そんなデメリットの多い夏キャンプですが、実はキャンプ場の選び方次第で涼しく快適に楽しむことができるのです。

そこで今回は8月でも涼しく過ごせるキャンプ場の探し方関東周辺にフォーカスした、おすすめキャンプ場を紹介していきたいと思います。

安心してください!夏でもキャンプは快適に楽しめます!

夏でも涼しいキャンプ場なんてあるの?

気温が高く、暑い夏でも涼しく過ごせるキャンプ場はあります!キャンプ場を探す際の必須条件はズバリ!

  • 標高の高い場所にあるキャンプ場
  • 林間サイトがあるキャンプ場
  • 川や湖が近くにあるキャンプ場

この3つの条件がベースになります。それぞれの条件にあったキャンプ場の探し方を涼しく過ごせる理由と共に紹介したいきます。

夏でも涼しく過ごせるキャンプ場の探し方5選

①標高の高い場所にあるキャンプ場を探そう

出典:photoAC

一般的に標高が100メートル高くなるごとに気温が0.6℃ずつ下がると言われています。1000メートルでは約6℃下がるということになります。

例えば関東周辺の人気キャンプエリアである山梨県富士五湖周辺や群馬県赤城山や嬬恋周辺は標高800~1000メートルの場所が多く、単純に平地より4~6℃涼しくなるという計算になります。

体感的には1000メートル以上の標高の場所がより涼しく感じると言われています。

ただ、標高の高い場所は昼夜の気温差が大きく、夏でも夜は寒くなることもしばしばあります。寝袋やウインドブレーカーは常備しておくと安心です。

標高の高い場所では涼しくなるだけではなく様々なメリットがあります。

メリット
  • 気温だけではなく湿度も下がるので平地より快適に過ごせる
  • 標高が高いほど気圧が低いので虫が少なくなる
  • 周辺に明かりが少ないので星空を綺麗にみることができる
  • 高地ならではのアクティビティ、アスレチックやカヤックなどが楽しめる。

夏キャンプの天敵である虫も標高が高くなるにつれて少なくなる傾向があります。特に標高900メートル以上の場所は圧倒的に少なくなります。

ただ、蜂は標高が高く、気圧が低い場所でも比較的数が多いそうです。注意しましょう。

標高の高い場所にあるキャンプ場では綺麗な川や広大な湖を利用した釣りやカヤックなどのアクティビティが盛んに行われています。また、高地の地形を利用したアスレチックなどの体を使って遊べる施設が多いのも特徴です。

デメリットとして標高の高い場所にあるキャンプ場へ行くには車やバイクを利用しても移動時間がかかることです。

それでも夏の暑さを回避して、キャンプを楽しむには十分行く価値があるのです。

②林間サイトのあるキャンプ場を探そう

出典:南アルプス三景園

メリット
  • 木陰が多いのでタープ無しでも夏の日差しを遮ることができる
  • 木の間を吹き抜ける風が心地良く涼しく過ごせる
  • タープやハンモックを利用しやすく、涼しく過ごすことができる

林間サイトならタープ張りも木を利用することができるので、アレンジがしやすく、日陰を作りやすいです。ハンモックで風を感じながら過ごすのも涼しくていいですよね。

ただ、林間サイトは平地のサイトより虫が多いというデメリットがあります。特に林間サイトに多い水はけの悪い地面のサイトは雨上がりの水たまりに蚊やハエが発生することが多いです。

水はけのよい林間サイトのキャンプ場も存在するので口コミなどでチェックしておきましょう。

虫がどうしても苦手な方は虫対策をしっかり用意してから行くか、標高の高い場所でも平地の芝生サイトを選ぶことをおすすめします。

③川や湖が近くにあるキャンプ場を探そう

出典:photoAC

標高がそれほど高くない場所のキャンプ場でも、それぞれの地形の違いにより風が良く吹き抜ける場所であったり、川や湖が近くにあるキャンプ場なら比較的涼しく過ごすことができます。

メリット
  • 日中は水辺のアクティビティを楽しみながら涼しむことができる
  • 川からの冷たい空気が流れてくるので涼しく過ごせる

川や湖のそばには虫が多く発生します。特に蚊やブヨには注意です。ここでも虫対策は万全にしておきましょう。

また、悪天候が予想される日は川の増水による氾濫の危険性があります。そのような日はキャンプ場の利用をなるべく避けるのが無難です。

④キャンプ場の口コミを参考にしよう

 出典:photoAC

キャンプ場を探すに当たって、ツイッターやインスタグラムなどのSNSや、キャンプ場の情報サイトの口コミやレビューなどの情報を参考にしましょう。

特に現地の環境などの情報に関しては、信頼性が高いものもあるのでおすすめです。

メリット
  • 実際にキャンプ場を利用した人のレビューを見ることができる
  • リアルタイムで情報が得られるので現地の急な天候や気温の変化の情報を得ることができる

例としての話ですが、夏に涼しさを求めて湖畔のキャンプ場に行ったのですが、湖面への日差しの照り返しと、その影響による温風で、涼しいどころかサウナのような状態だったということがあったそうです。

このような予想できないような情報もSNSなどから得ることができます。

最近ではツイッターやインスタグラムの他に「DAY OUT」というキャンプコミュニティーアプリもそのような情報を得るのに有効です。ぜひチェックしてみてください!

⑤Google Earthを活用してキャンプ場を探そう

標高の高い場所や川の近くのキャンプ場を探すにはアウトドア雑誌や、インターネット検索では限界があります。

ホームページの無いキャンプ場も多くあるのが現状です。特に標高の情報は載っている事が少ないですよね。

そこでネット環境があればパソコンやスマートフォンで「Google Earth」というアプリを使用してキャンプ場の標高やサイト全体の情報を調べることができます。

実際の使用例を紹介していきます。

あの「ゆるキャン△」で有名な山梨県の浩庵キャンプ場を例にして説明します。IPHONEを使って調べてみました。

まずアプリを起動してキャンプ場の名前を入れて検索します。場所の航空写真が表示されたら付近の地点を指で長押しします。そうすると画面下に場所の標高が表示されます。浩庵キャンプ場付近は904メートルということになりますね。

ウェブ版なら長押ししなくても検索した航空写真の右下に標高が表示されます。

メリット
  • キャンプ場の標高を簡単に調べることができる。
  • 航空写真でキャンプ場周辺の地形と川や湖などの有無を確認できる。
  • 林間サイトの有無を確認できる。
  • キャンプ場のホームページと照らし合わせれば、さらに現地の詳細な雰囲気をつかむことができる。

特に夏は、標高の高さからフォーカスしてキャンプ場を調べてみると、いい場所が見つかるかもしれません。

夏でも涼しい関東のおすすめキャンプ場7選!

ここからは、これまでご紹介した内容をふまえて選んだ夏でも涼しく過ごせるおすすめキャンプ場を紹介していきます!実際に利用したユーザーの口コミ付きです!

おすすめ①標高1465メートル!みずがき山森の農園キャンプ場

出典:みずがき山キャンプリーゾート

山梨県北社市の瑞牆山(みずがき山)にある、なんと標高1465メートルにあるキャンプ場です。

白樺の原生林に囲まれたテントサイトは夏でも涼しく快適に過ごすことができます。単純に計算すると約8度ほど平地より気温が低いことになります。

無農薬のとうもろこしや野菜の収穫体験や五右衛門風呂、ピザ釜体験などイベントも盛りだくさん!アスレチックやトランポリンなどの子供が喜ぶアトラクションも満載!川遊びやキノコ狩りも楽しめます。ファミリーにおすすめのキャンプ場です。

【口コミ】

林間サイトで雨がかなり降ったのですが、水たまりがほとんどなくしっかり整備されている印象です。

9月上旬にキャンプに行ったのですが、木々が多く昼間は日陰で直射日光も当たらず、かなり涼しいです。夜間は寒いくらいでした。

暑い真夏日にキャンプをするにはもってこいの場所です。8月に利用した時に13:30にチェックインしたのですが、その時からひんやり涼しく快適にテントなどの設営をすることができました。

【基本情報】

住所山梨県北社市須玉町小尾8862-1
電話0551-45-0757
営業期間4月~11月下旬(要予約)
営業時間チェックイン:13:00~17:00、チェックアウト:11:00
料金1区画:2000円~、利用料:大人(中学生以上)800円、子供(3歳~):500円、ペット:1匹500円、環境保全料:500円
場内施設管理棟、給湯器付き炊事場、温水シャワー、水洗トイレ、貸切風呂など
レンタル品鍋、BBQコンロ、網、飯盒、炊飯器、ガスコンロ、タープ、寝袋など
販売品薪、炭、野菜、飲料など
URLhttps://mizugakiyama.com/

【アクセス】

中央道須玉インター出口から車で約30分

おすすめ②標高1250メートル!一ノ瀬高原キャンプ場

出典:富士の国やまなし

山梨県甲州市にある多摩川の最上流部にある標高1250メートルに位置するキャンプ場です。単純に計算すると平地より約7℃ほど気温が低いことになります。

そばに透き通った綺麗な川が2本流れていて、3月中旬~9月下旬までイワナやヤマメ釣りも楽しめます。近くにある笹取山に登る登山客のベースキャンプ地としても人気があります。

最近のキャンプ場ではめずらしく直火OK!野営地的な雰囲気抜群です。焚き火好きにはたまらないキャンプ場です。

【口コミ】

林間サイトとそばを通る川からの冷たい空気のおかげで夏でも涼しく過ごすことができました。

自然をめいいっぱい楽しめる環境です。ブッシュクラフト的な事をするのに最適でした。

とにかく周辺の景色が最高です!野営地的な雰囲気でファミリー向けというよりはソロキャンプに向いているキャンプ場です。

【基本情報】

住所山梨県甲州市塩山一之瀬高橋560
電話0553-34-2125
営業期間通年(要予約)
営業時間チェックイン:14:00、チェックアウト:11:00
料金キャンプサイト:1000円(小学生:500円、幼児:300円)、バンガロー:3600円~14400円(3~12畳)、駐車場:500円(バイク300円)
場内施設管理棟、バンガロー、炊事場、バーベキュー場、ランドリー、自動販売機など
レンタル品寝具、バーベキュー用品、調理用具など
販売品薪、炭、ジュースなど
URLhttp://www.cosmo.ne.jp/~camp/

【アクセス】

中央自動車道勝沼インター出口から車で約50分

おすすめ③標高1000メートル!小田急山中湖フォレストコテージ

出典:小田急山中湖フォレストコテージ

山梨県の富士五湖の一つ山中湖にある標高1000メートルに位置するキャンプ場です。山中湖は夏場の平均気温が20℃で涼しく過ごせるため、高校や大学の部活の夏合宿にもよく利用されています。

山中湖と富士山が贅沢に望めるキャンプサイトが特徴で、富士山が見える湖畔エリアと森林浴を楽しめる森林エリアに分かれています。

おしゃれなコテージやドッグラン付きのキャンプサイト、場内に子供が遊べる広場や浴場も併設しています。高規格のファミリー向けキャンプ場です。

【口コミ】

湖畔のテントサイトを利用しました。木々がお生い茂り、日中でも日陰になるので夏でも涼しく過ごすことができました。

トイレはウォシュレット付きでした。炊事場でお湯も使え、お風呂も綺麗だったのでとても快適に過ごせました。

都心からのアクセスが良く、予約もでき、サイトも綺麗に整備されているのでキャンプ初心者にピッタリのキャンプ場です。

【基本情報】

住所山梨県南都留郡山中湖村平野491
電話0555-62-2171
営業期間3月~11月末まで(要予約)
営業時間チェックイン:12:00、チェックアウト:11:00
料金湖畔オートサイト:6000円~(AC電源付)、森林オートサイト:4500円/3500円~(AC電源付/電源無)、ハンモックサイト:7000円~、ドッグランサイト:7500円~(AC電源付)ペット1匹に付き1000円
場内施設管理棟、シャワー、コインランドリー、ドッグラン、炊事場、バーベキュー場、広場など
レンタル品キャンプ用品、寝具、バーベキュー用品、調理用品、自転車など
販売品薪、炭、飲み物、電池、ホワイトガソリン、調味料、など
URLhttp://www.odakyu-forest.com/

【アクセス】

中央自動車道河口湖インター経由、東富士五湖道路山中湖インター出口を降りて車で約15分

おすすめ④標高1500メートル!丸沼高原オートキャンプ場

出典:丸沼高原

本記事でのおすすめキャンプ場の中で一番標高の高い1500メートルに位置するキャンプ場です。群馬県の丸沼高原のスキー場のゲレンデを利用した広大な敷地のキャンプ場は必見です!単純計算で平地と比べると約9℃ほど気温が低いことになります。

広大なオートサイトはお隣を気にすることなくゆったりとキャンプを楽しめます。林間サイトも併設し、木々のマイナスイオンと涼しく吹き抜ける風を感じながら過ごすこともできます。

標高が高いので夏でも夜は気温がかなり下がります。9月末の夜の気温が6℃しかなかったという口コミもあります。ウインドブレーカーや寝袋は必須です。

キャンプ場の料金には丸沼高原だけに湧く座禅温泉の入浴も含まれているためセットで楽しめてお得!標高の高い場所ならではのアスレチック、ツリーアドベンチャーやグラススキーなども楽しめます。いたれりつくせりのファミリー向けキャンプ場です。

【口コミ】

沼田インターから車で向かう途中にスーパーやホームセンター、道の駅もあるので食材などの準備がしやすいです。

夏に利用しました。夕方くらいからかなり涼しくなり快適に過ごせました。雨上がりにアブやブヨが発生するので、虫対策は必須です。

温泉が最高で子供が楽しいめるアトラクションも豊富でした。夜の満点の星空は見たことないくらい綺麗でした。

【基本情報】

住所群馬県利根郡片品村東小川4658-58
電話0278-58-2211
営業期間5月下旬~11月上旬まで(要予約)
営業時間チェックイン:13:00、チェックアウト:12:00
料金入場料(温泉入浴料込み):大人(中学生以上)1100円、子供(小学生)600円、幼児(3歳以上)無料、電源サイト:5000円~、フリーサイト:3000円~(いずれもオートサイト)
場内施設管理棟、売店、炊事場(給湯器付)、コインシャワー、ランドリー&乾燥機、水洗トイレ(温水洗浄便座)、灰捨て場など
販売品薪、炭、氷など
URLhttps://www.marunuma.jp/green/

【アクセス】

関越道沼田インター出口より車で約50分

おすすめ⑤標高1300メートル!無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

出典:無印良品

シンプルで品質の高い衣服や生活雑貨で人気の高い無印良品が運営するキャンプ場です。群馬県のバラギ高原にある標高1300メートルに位置するキャンプ場です。単純に計算すると平地より約8℃ほど気温が低いことになります。

バラギ湖を展望できる広大な草原サイトやワンちゃんを自由に走らせることができるドッグランサイトも併設。もちろん夏の日差しや風を遮れる林間サイトもあります。

キャンプ初心者でも楽しめるテントやタープをはじめとするレンタル品が充実。食料だけ持参するだけでキャンプが楽しめます。

年間を通してカヤックや釣りなどのアウトドア教室や家族で楽しめるイベントも盛りだくさんです。

ホームページにライブカメラがあるので、現地の天気や気温を見ることができます。事前に状況が分かるので前日のキャンプの準備に便利です。

【口コミ】

夏に高原サイトを利用しました。日中は暑さを感じましたが、風が吹くとひんやりして気持ちが良かったです。風がたまに強く吹くので注意です。

キャンプ場の近くの湖でのアクティビティを楽しみ、夜は体を癒しに近くの温泉へ行きました。快適にキャンプを楽しむことができました。

林間サイトを利用しました。区画がしっかりと分けられていたのでプライベート感がありました。

【基本情報】

住所群馬県吾妻郡嬬恋村千俣バラギ高原
電話03-5950-3660
営業期間4月下旬~11月上旬まで(要予約)
営業時間チェックイン:13:00~18:00、チェックアウト:12:00
料金オートキャンプサイト:大人(中学生以上)2200円、小学生1100円、未就学児は無料、
場内施設センターハウス、釣りエリア、ボートハウス、コインランドリー、炊事場など
レンタル品キャンプ用品一式、バーベキューセット、寝具、自転車、釣竿など
販売品(センターハウス内にて)薪、炭、飲み物、食料、ホワイトガソリン、調味料、無印良品の衣料など
URLhttps://www.muji.net/camp/tsumagoi/

【アクセス】

関越自動車道渋川伊香保インター出口から車で約2時間

おすすめ⑥標高1140メートル!榛名湖オートキャンプ場

出典:Coleman

群馬県高崎市の榛名湖町にある標高1140メートルに位置するキャンプ場です。単純に計算すると平地より6℃ほど気温が低いことになります。

サイトは夏でも涼しく過ごせる広い林間のフリーサイトと電源付き/無しの区画サイトから選ぶことができます。

このキャンプ場はファミリーユーザーのリピーターが多い事で有名です。その理由として、ウォシュレット付きの清潔なトイレやオムツ替えシート付きの多目的トイレが完備されていることや、洗濯機や乾燥機の数が多いことも理由の一つです。

さらにセンターハウスでは飲み物用の90℃のお湯だけではなく、赤ちゃんのミルク用の70℃のお湯が利用できます。また、救急の訓練を受けたスタッフがいるので子供の急な体調不良にも対応できる体制になっています。

場内にシャワーは完備していますが、車で3分の場所に温泉もあります。小さなお子様のいるファミリーでも安心してキャンプを楽しむことができますね。

【口コミ】

最初は神奈川のキャンプ場を予約していましたが、熱帯夜が続いていたためこちらのキャンプ場に変更しました。標高の高さと林間サイトのおかげで真夏とは思えないほど涼しく快適に過ごすことができました。

他に来場しているキャンパーのマナーが良く、静かに過ごすことができました。スタッフの対応も最高でした!

区画サイトを利用しましたが、大きめのテントやタープを設営してもスペースに余裕がありました。広々とゆったり過ごすことができました。

【基本情報】

住所群馬県高崎市榛名湖町854
電話027−374ー9600
営業期間4月中旬〜11月下旬(要予約)
営業時間チェックイン:13:00、チェックアウト:11:00
料金テントサイト1(区画サイト電源付):7000円、テントサイト2(区画サイト電源無):5800円、テントサイト3(フリーサイト):5000円、入場料:4歳以上1泊400円
場内施設シャワー室、売店、自動販売機、ランドリー、広場など
レンタル品キャンプ用品一式、延長コード、電気ストーブなど
販売品薪、炭、ホワイトガソリン、電池など
URLhttp://www.harunakocamp.jp/

【アクセス】

関越道渋川伊香保インター出口から車で約50分

おすすめ⑦標高900メートル!オートキャンパーズエリアならまた

出典:みなかみ町観光協会

群馬県ならまたダムの湖畔にある標高900メートルに位置するキャンプ場です。単純に計算すると平地より5℃ほど気温が低いことになります。

広大な、ならまた湖でのカヌーやカヤック、SUPが人気です。カヌー体験もできるので初心者の方も安心して楽しめます。さらに場内ではマス釣りや自転車なども楽しめます。大人から子供まで楽しめるアクティビティが満載のキャンプ場です。

木々に囲まれた広大な芝生のサイトは開放感抜群です!自然の聖地とも呼ばれる尾瀬の景色は必見です。標高が高いので夜の星空をとても綺麗に見ることができます。

【口コミ】

サイトによって日陰がない場所もあるのでタープは必須です。日陰を作れば夏でも比較的涼しく過ごすことができます。

8月に利用しましたが、日中の気温が26℃で風も気持ちよく快適に過ごすことができました。

管理棟、トイレ、炊事場、キャンプサイト、全体的に綺麗に管理されています。日中はカヤックやSUPを楽しみながら尾瀬の景色を満喫できます。

【基本情報】

住所群馬県利根郡みなかみ町藤原6322−2
電話080ー6751ー5213
営業期間GW〜11月上旬(要予約)
営業時間チェックイン:14:00〜17:00、チェックアウト:〜11:00
料金電源付サイト:3500円〜4500円、電源付BIGサイト:6500円〜10000円、芝生サイト:2500円〜3500円、直火サイト:3500円〜4500円、電源付ペットサイト:3500円〜4500円、シングルサイト:1500円〜、環境保全協力金:500円〜3000円、入場料:大人1000円、小中学生と未就学児:500円(3歳未満無料)、ペット:500円
場内施設シャワー室、売店、自動販売機、コインランドリー、炊事場、炭捨て場など
レンタル品キャンプ用品一式、BBQコンロ、カセットコンロ、LEDランタンなど
販売品薪、炭、着火剤、電池など
URLhttp://www.norn.co.jp/camp/index.html#annai

【アクセス】

関越自動車道水上インター出口より車で約55分

夏は涼しいキャンプ場で快適に楽しもう!

今回は夏に最適な関東の標高900メートル以上のキャンプ場を中心に紹介しましたがいかがでしたでしょうか?今年も猛暑が予想されています。ぜひ本記事を参考にして涼しく過ごせるキャンプ場を探してみてくださいね!

ABOUT ME
yusan camp
yusan camp
東京都在住のおじさんキャンパーです。愛車のポップアップルーフ付きのデリカD5でアウトドアや釣りや車中泊を楽しんでいます。アウトドアの魅力をたくさん伝えていきたいです。