調理器具

【おすすめ7選】キャンプで使うまな板って何がいいの?選び方を徹底解説!

みなさんは、キャンプで使う「まな板」に何を求めますか?

「キャンプで映えるオシャレなまな板がほしい。」「機能性を重視したい」「持ち運びが便利なまな板がほしい」などなど、まな板に求めるものはさまざま。

しかし、まな板には種類がたくさんありすぎて、いったい何を使えばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、まな板の種類や、キャンプに最適なまな板の選び方をご紹介します。

おすすめのまな板もピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

まな板の種類

一般的に使われているまな板は、大きく分けて2種類あります。

木製

日本では、昔から使われてきた木製のまな板。木製と一口に言っても、使用する木材は「ヒノキ」「バンブー」「アカシア」など、たくさんの種類が使われています。それぞれの材質によって風合いも違い、特徴も違いますが、今回はひとくくりに「木製」とします。

木製のまな板は、ナチュラルな風合いがアウトドアシーンと相性抜群。しかし、木製のまな板は重いものが多いので、キャンプでは薄めでコンパクトなサイズや、折りたたみ式などがおすすめです。

注意点は、状態によりカビが発生すること。使用後は十分に乾かして、オイルを薄く塗るとカビ発生の防止になります。

樹脂製

樹脂製のまな板は、主にプラスチックやポリプロピレンなどの種類があります。軽くてお手入れも簡単なので、家庭でも多く使われています。

軽量なのでキャンプに向きますが、アウトドアの雰囲気を出したい場合には、木製のまな板と比べると劣ってしまうかもしれません。

キャンプに最適なまな板の選び方

家庭で使っているまな板を、キャンプで使うのは問題はありませんが、キャンプでは調理するスペースが限られてきます。持ち運びするにも不便・・・。

キャンプに最適な、まな板の選び方をご紹介しますので、参考にしてください。

折りたたみ式かどうか

出典:Amazon

荷物を少なく、コンパクトに収納したいなら、折りたためるタイプがおすすめです。たたんで収納できるので、かさばらず持ち運びに便利です。シリコン素材ならくるくる巻いたり小さくたたむことも可能。

とにかく荷物をコンパクトにしたいなら、折りたたみ式がおすすめ。

お皿にも使えるかどうか

出典:楽天市場

お皿としても使えるまな板なら、荷物が少なくて済みます。食材をカットしてそのまま使えるので、洗い物が少ないのもメリットですよね。

盛り付け方でとても映えますので、オシャレキャンパーにおすすめ。

調理器具とセットかどうか

出典:楽天市場

キャンプのまな板でおすすめなのが、包丁などの調理器具が収納できる物。いざ調理する時に、包丁がない!と探すことはありませんか?私はよくあります・・・。まな板に収納できるタイプだと安心です。

忘れ物が多い人には、断然セットタイプがおすすめ。

キャンプにおすすめのまな板7選

それでは、キャンプにおすすめのまな板を、7選ピックアップしてご紹介します。

1.LOGOS(ロゴス)Bambooパタパタまな板mini

出典:楽天市場

出典:楽天市場

値段¥1,980(税込)
サイズ約33×20×1.2cm(調理面)
約20×14×3.7cm(収納時)
重量約530g
素材竹集成材

パタパタとたためるので、収納や持ち運びに便利。広げるとA4サイズ程の大きさになります。食材をカットするには十分な大きさですね。竹素材なので、抗菌効果もあり衛生的です。

コンパクトに折りたためるので、かさばりません。専用の収納袋が付いていて、持ち運びがラクなのが便利。

2.snow peak(スノーピーク)マナイタセットM

出典:Amazon

値段¥3,800(税別)
サイズ約25.6×20×1.7cm(調理面)
約25.6×10×3.4cm(収納時)
重量約470g
素材本体:天然木、ステンレス、プラスチック
包丁:ステンレス、プラスチック

半分に折りたたんで収納できるまな板です。まな板の裏側に包丁を収納できるので、包丁を忘れた!なんて事も防げます。

シンプルなデザインがかっこいい。ちょうどよい大きさで、コンパクトに収納できるので持ち運びが便利。使い勝手もとても良いです。

3.PRIMUS(プリムス)キャンプファイヤーカッティングセット

出典:PRIMUS

出典:PRIMUS

値段¥8,000(税別)
サイズ約14.5×25(調理面)
約42×28cm(収納時)
重量約570g
素材本体:オーク材
包丁:ステンレス

コンパクトなまな板で場所を取りません。専用のケースは巻いて収納するロールケース。内側がPU加工なので、まな板の下に敷けば滑り止めとしての機能も。

シンプルでかっこいいまな板をお探しの方に、とてもおすすめです。

すっきり収納できるセットです。ブラックのケースに、ダークブラウンのまな板がシンプルでかっこいい!

4.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)チーズボードセット

出典:Amazon

値段¥3,240(税込)
サイズ約19.5×19.5×2.8
重量約520g
素材本体:竹(ウレタン塗装)
ツール:竹、ステンレス

チーズをカッテイングするボードとツールのセットです。

しかし、チーズをカッティンするだけじゃもったいない!丸い形がとてもオシャレで、食材をカットするには申し分のない大きさです。キャンプ用のまな板におすすめします。

とにかく可愛い見た目!キャンプに映えます。

5.OPINEL(オピネル)ノマドクッキングキット

出典:Amazon

値段¥9,853(税込)
サイズ約20×12×1.0cm
重量約461g
素材本体:ブナ材
ナイフ:ブナ材、ステンレススチール

3つの用途別ナイフがセットになっています。クロスで包むタイプで収納や持ち運びも便利。コンパクトなまな板なので、ソロキャンプにぴったり。

オピネルファンにはたまらないセットです!

コンパクトなまな板を探してて、こちらの商品を見つけました。ほどよいサイズのまな板に、ナイフが3本もついてるのが嬉しいです。クロスはマイクロファイバー製で、ナイフやボード、食材の水気も吸い取ってくれます。

6.KEVNHAUN(ケヴンハウン)ブレッド&フルーツカッティングボード

出典:楽天市場

出典:楽天市場

出典:楽天市場

値段¥2,365(税込)
サイズ約38×21.5×2.0cm
重量約610g
素材本体:天然木(アカシア)

表面と裏面で違う機能があるまな板です。用途に合わせてリバーシブルで使えるスグレモノ。天然アカシア材の風合いが、キャンプに映えます。

食材をカットする他、お皿として使うのもオシャレ。

7.Space fire(スペースファイヤー)メスティンボード

出典:Yahoo!ショッピング

出典:Yahoo!ショッピング

値段¥2,490(税込)
サイズ約15×8.5×1.3cm
重量約66g
素材本体:ひのき(東濃ひのき)

トランギアメスティンのために作られたまな板です。丸い穴が取り出しにも、干すのにも便利。高い抗菌力のある、ひのきを使用してますので衛生的です。

メスティンのスタッキングが、より一層楽しくなります。メスティンマニアにはたまりませんね。ちなみにメスティンラージサイズ用もあります。

トランギアメスティンにジャストフィット!大きさもソロキャンプにぴったり。ひのきの香りに癒やされます。

キャンプでまな板を使う時の便利グッズ

キャンプ場によっては、炊事場がなかったり遠かったり、まな板を使った後すぐに洗えないことも。衛生的に気になりますよね・・・。そんな時に便利なのが、まな板シート。生肉や魚など、臭いが気になる食材を切るときにもおすすめです。

オークス まな板に汚れがつかないシート

出典:Amazon

値段¥1,100(税込)
サイズ29×20cm
内容量50枚入
素材ろう引き紙(耐熱温度45度)

好きなサイズにカットして使えます。ペーパーナプキンとして、お皿に敷いて使うのも便利。すぐに洗い物ができないキャンプ場でおすすめです!

まとめ

まな板の種類や選び方をご紹介しました。おすすめのまな板も、参考にしてみてください。

包丁やナイフとセットだと忘れ物も防げます。オシャレキャンプにはお皿としての使用もおすすめ。折りたたみ式だと収納や持ち運びもラクですよね。まな板ひとつで、キャンプが便利でオシャレになります。

ぜひ、本記事を参考に、キャンプライフをお楽しみください。

ABOUT ME
happeaceflower
happeaceflower
アウトドア全般が趣味の外遊び大好き女子です。キャンプ歴は15年。友達や家族とキャンプを楽しんでいます。そして、3年前に念願のソロキャンプデビューを果たし、現在では年間10回以上行く程ドハマりしています。キャンプギアマニアでアウトドアショップを巡る日々。オシャレキャンプからミニマムキャンプまで、色々挑戦中!