バーナー

/

ガスバーナーに迷ったらSOTO「レギュレーターストーブST-310」がおすすめ!徹底レビューします!

おだんご頭
おだんご頭

キャンプで気軽に使えるガスバーナーですが、種類が多すぎて迷っている方も多いのではないでしょか。

そこで今回は、私のお気に入りのキャンプギア「SOTO(ソト)レギュレーターストーブST-310」を徹底レビューしていきたいと思います。

買ってよかったと思えるおすすめのガスバーナーなので、迷っている方はぜひ参考にしてみてくだいさいね!

SOTO レギュレーターストーブST-310とは

SOTO レギュレーターストーブST-310は、「新富士バーナー株式会社」が立ち上げたアウトドアブランド「SOTO(ソト)」から発売されているガスバーナーです。

外気温に影響されることなく、常に安定した火力を発揮するので、気温が低い日でも使うことができます。
コンパクトに収納できるので、キャンパーだけでなく、登山家にも人気のアイテムです。

基本スペック

レギュレーターストーブST-310の基本スペックは以下の通りです。

外形寸法 幅166×奥行142×高さ110mm(使用時・本体のみ)
幅140×奥行70×高さ110mm(収納時)
重量 350g(本体のみ)
発熱量※1 2.9kw(2500kcal/h)
使用時間※2 約1.5時間(ST-760 1本使用時)
使用容器 SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方法 圧電点火方式
材質 バーナー・器具栓つまみ:ステンレス
ボンベホルダー、点火スイッチ:樹脂
付属品 収納ポーチ

※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。

使用方法

①五徳の脚部分を開きます。

②遮熱板を持ち上げます。

③ガスボンベホルダーにガスボンベを押し込みながら、時計回りに回してセットし、遮熱板をガスボンベの上に倒します。

④器具栓つまみを反時計回りに回し、ガスを出します。

⑤ガスが出てくると「シュー」と音がするので、点火スイッチを押し、点火します。
この時にガスを出しすぎると、「ボッ」と炎が上がって危険ですので注意してください。

非常に簡単なので、慣れてくれば10秒ほどで組み立てられるようになります。

お湯が沸くまでの時間を検証

500mlの水が沸騰するまでの時間を計測しました。
検証条件は以下の通りです。

  • 室温23℃、無風状態
  • 水温6℃(冷蔵庫で冷やした水)
  • ステンレス製の鍋
  • 最大火力

検証開始から1分で湯気が立ち、2分で底に気泡がつき始めました。

3分10秒で沸騰しました。

火力は十分すぎるくらいにあると思います。
もう少し小さいクッカーやメスティンなら、もっと早くお湯を沸かすことができそうですね。

SOTO レギュレーターストーブST-310の魅力5つ

実際にレギュレーターストーブST-310を使用して感じた魅力を紹介します。

魅力①軽量でコンパクト

収納時は手のひらサイズで、コンパクトに収納できます。

出典:SOTO公式サイト

コンパクトなガスバーナーは五徳自体も小さく、大きな鍋を使用できないのが難点でした。
しかしこのレギュレーターストーブST-310は、直径19㎝までの大きな鍋も使用可能です。

コンパクトに収納でき、一度に数人分の料理も作ることができるのは嬉しいポイントです。

魅力②寒さに強く低い気温でも使用できる

レギュレーターストーブST-310には、低温の外気による火力低下を防ぐ「マイクロレギュレーター」が搭載されています。
このマイクロレギュレーターを搭載することにより、CB缶の弱点であった「寒い時に使えない」を克服し、外気温25℃~5℃の環境下でも常に一定の火力を発揮します。

-2℃の日にキャンプで使いましたが、問題なく使用することができました。

魅力③驚くほど火力が強い

レギュレーターストーブST-310の出力は2.9kwで、標準的な家庭用ガスコンロ(3kw前後)と同等の火力があります。
キャンプで使うには十分すぎるくらいの火力です。

またマイクロレギュレーターはドロップダウンの影響を受けにくいので、長時間の調理も可能となっています。

魅力④スーパーなどでも手に入れやすいCB缶を使用

出典:SOTO公式サイト

ガス缶には、家庭でも使用される縦長のCB缶とアウトドアなどで使用される丸いOD缶があります。
レギュレーターストーブST-310はCB缶を使用するガスバーナーです。

OD缶はアウトドアショップなど限られたお店でしか取り扱いがありませんが、CB缶はスーパーやコンビニでも販売されているので、簡単に手に入れることができます。

また価格もCB缶の方が安いので、ランニングコストが抑えられるのも魅力です。

魅力⑤いろいろなオプション製品と組み合わせることができる

出典:SOTO公式サイト

SOTOの純正オプション品はもちろん、他メーカーからもレギュレーターストーブST-310にぴったり合うように作られた商品が数多く発売されています。

定番の人気商品だからこそ、オプション製品と組み合わせて自分好みにカスタマイズできる点も魅力の1つです。

SOTO レギュレーターストーブを使ってわかった注意点4つ

魅力的なレギュレーターストーブST-310ですが、いくつか気になった点もありましたので紹介します。

注意点①五徳が滑りやすく不安定

五徳に溝が入っており、滑りにくくする加工がされていますが、正直なところ結構滑ります。

大きな鍋や重い鍋を使用する際は、別売りの五徳やバーナーパットを使うと、鍋が滑らず安定しやすいのでおすすめですよ。

注意点②オプション製品がないと使いにくい

レギュレーターストーブST-310の点火スイッチは小さく、押しにくい場所にあります。
五徳が熱いときに点火しようとして、何度か火傷したことも・・・

オプション製品の点火アシストレバーを装着すれば、かなり点火しやすくなり、火傷の危険性も少なくなります。
このようにオプション製品と組み合わせることで、デメリットをカバーする仕組みです。

点火アシストレバーや脚部分の火傷防止のグリップは大半の方が装着しているので、標準装備なると尚よいと思いました。

注意点③思っていたより場所を取る

サイズを事前に確認してから購入しましたが、ガス缶をセットすると思っていたよりも大きく感じました。
ミニテーブルに乗せて使用すると、それだけでテーブルがいっぱいになってしまいます。

コンパクト性を最重要視する方には少し大きすぎるかもしれません。

注意点④掃除などメンテナンスが面倒

レギュレーターストーブST-310は特に必要なメンテナンスはありません。
しかしこの溝に汚れが溜まると、スパナーで分解しないと掃除することができません。

スープを吹きこぼした際、熱くてすぐに拭き取ることができなかったので、汚れがこびりついてしまいました。
本体が冷めたら、なるべく早く拭き上げることをおすすめします。

おすすめのオプション製品

SOTOから発売されているオプション製品や私が使用しているおすすめの商品を紹介します。

SOTO レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー ST-3104

出典:SOTO公式サイト

点火をアシストする大きなレバーです。
この点火アシストレバーを使用すると、非常に点火しやすくなります。

ドライバーを使用して取り付けますが、一度取り付ければそのまま収納可能です。

外形寸法 幅22×奥行40×高さ40mm
重量 6g
材質 ワイヤー:ステンレス
本体:樹脂
固定ネジ:スチール[M3(ピッチ0.5)×長さ4mm]

 

SOTO レギュレーターストーブ専用 アシストグリップ ST-3105

出典:新富士バーナー通信販売サイト

脚部分に装着し、伝導熱をカバーするシリコンゴム製のグリップです。
このアシストグリップを装着することによって、火傷や滑りを防止します。
また伝導熱でテーブルが焦げる心配もなくなります。

外形寸法 直径8×長さ90mm(1本)
重量 2g(1本)×4本
材質 シリコンゴム

 

出典:SOTO公式サイト

点火アシストレバーとアシストグリップの2点がセットになった「カラーアシストセット ST-3106RG,YL,BL)」も発売されています。
カラーはオレンジ(OR)、イエロー(YL)、ブルー(BL)の3色展開です。

出典:SOTO公式サイト

その他にも点火アシストレバーとアシストグリップ、レギュレーターストーブST-310を収納できるポーチの3点がセットになった「アシストセットST-3104CS」も発売されています。

私はこのアシストセットST-3104CSを購入しました。
丸形のポーチで口が大きく開き、付属のポーチより収納しやすいので気に入っています。

SOTO レギュレーターストーブ専用ウインドスクリーンST-3101

出典:SOTO公式サイト

レギュレーターストーブST-310の脚部分に直接取り付け、風による燃焼不良を防ぎ、調理の効率を高めます。

先ほど紹介したアシストグリップを装着したままでは、このウインドスクリーンは使用することができませんので、ご注意ください。

寸法 幅165×奥行15×高さ95mm
重量 23g×2枚
材質 ステンレス

 

SOTO レギュレーターストーブ専用溶岩石プレートST-3102

出典:Amazon

溶岩石は遠赤外線の効果が高く、お肉の表面はこんがり、中はふっくらジューシーに焼き上げることが出来ます。
キャンプで食べるお肉はおいしいですが、溶岩石プレートで焼いたお肉はさらに特別感があってテンションがあがりますね。

寸法 幅140×奥行140×高さ20mm
重量 約1kg
材質 国内産溶岩石
付属品 ステンレス遮熱板

 

SOTO ミニマルワークトップST-3107【2021新商品】

出典:SOTO公式サイト

2021年2月下旬に発売されるレギュレーターストーブ専用のミニキッチンテーブルです。
テーブルスペースに熱い鍋を仮置きしたり、食材を切ったりと簡単な作業もできるので、使い勝手が格段に良くなりそうですね。

鍋の推奨サイズは16㎝以下となっていますので、その点はご注意ください。

外形寸法 幅376×奥行153×高さ95mm(展開時)
幅300×奥行153×高さ33mm(収納時)
重量 約600g
材質 トップボード、スタンド:アルミニウム
トッププレート、スタンド:ステンレス

 

ハイマウント ミニパックグリル 23221

出典:ハイマウント公式サイト

シングルバーナー用の折りたたみ式五徳です。
重量感もあり、安定しているので、大きくて重い鍋でも安心して使用できるようになります。
収納時は鍋敷きとしても使用可能です。

外形寸法 幅253×奥行173×高さ120mm(展開時)
幅162×奥行173×高さ30mm(収納時)
重量 約465g
材質 ステンレススチール
耐荷重 30kg

 

ガスバーナーに迷ったらSOTO レギュレーターストーブST310が絶対おすすめ!

レギュレーターストーブST-310のスペックや魅力、おすすめのオプション製品をいくつか紹介しました。

コンパクトながらも家庭用のコンロと同等の火力があり、大きな鍋も使用できる優秀なガスバーナーです。

レギュレーターストーブST-310は非常にバランスの取れた商品ですので、どのガスバーナーを購入すればいいか迷っている方はぜひチェックしてみてくださいね!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

おだんご頭

おだんご頭

口癖は「キャンプをしたい!」、福岡在住の新人キャンパーのおだんご頭です♪休日にはトイプードルの愛犬2匹を連れて、キャンプを楽しんでいます。大自然の中で、お気に入りのキャンプギアを眺めながら飲むビールは格別♪キャンプやギアの魅力を発信していきます。