テント

【プロが選ぶ】初めてのキャンプで買っておきたいおすすめのツールームテント5選!

出典:Snow Peak公式サイト

初めてテントを購入するときは、どのテントがいいのか悩む人も多いのではないかと思います。

そこで今回は初めてのキャンプで買っておきたいおすすめのツールーム5選を紹介します。

ツールームテントの選び方

出典:DOD公式サイト

ツールームテントとは

ツールームテントとは寝室とリビングスペースの両方の機能を持つテントのことです。

一般的に寝室にはテント、リビングスペースにはタープを使用することで、それぞれの空間を作りますがツールームテントであればタープが不要になります。

ツールームテントはタープの設営が不要であるため、設営・撤収の手間が減ることや寝室とリビングスペースが繋がっているため雨でも濡れずに移動できるといったメリットがあります。

一方でドームテントやワンポールテントと比べて、収納サイズや重量が重くなることや、テントのサイズが大きいため設営が大変であるといったデメリットもあります。

テントの大きさを確認しよう

ツールームテントを選ぶ際には、まずテントの大きさを確認してください。

基本的には定員が使用する人数+1人である大きさのものがオススメです。

テント内には荷物を置いたりするため使用する人数丁度の大きさの場合だと、かなり窮屈になります。

またリビングスペースはテーブルやチェアを設置して使用するため、1人程度余裕を持った広さのテントを選ぶのがオススメです。

しかし狭いのが嫌だからと言って、とにかく大きなサイズのものを選ぶのは避けた方が無難です。

ツールームテントは、そもそもが大きく重たいため必要以上に大きなテントを選んでしまうと荷運びやテントの設営・撤収が大変になってしまいます。

通気性も確認しておこう

ツールームテントはリビングスペースもテントのように壁に囲まれた状態となっているため、プライベートスペースを確保しやすいといったメリットがある一方

空気がこもりやすく、夏場は暑く冬場は結露しやすいといったデメリットがあります。

そのためメッシュのものや通気口であるベンチレーションが多く付いているものがオススメです。

おすすめツールームテント5選

エントリー2ルーム エルフィールド (Snow Peak)

出典:Snow Peak公式サイト

エントリー2ルーム エルフィールドはSnow Peakのエントリーキャンパー向け2ルームテントです。

エントリーキャンパーに必要十分な機能性のみに絞り込むことで、お手頃な価格帯となっています。

出典:Snow Peak公式サイト

エルフィールドはシンプルな構造で初めてでも設営しやすくなっています

またフレームは挿入するスリーブに合わせて色分けされているため、キャンプビギナーでも簡単に設営できます。

出典:Snow Peak公式サイト

本体の両側にはサイドドアパネルを備えているため、両サイドから出入りすることも可能です。

また上半分にはメッシュパネルも備えているため通気性も十分です。

Spec

重量15.5kg
収納サイズ83 × 30 × 34(h) cm
対応人数4名
室内高175cm
耐水圧1,800mm
価格79,800円(税別)

タフスクリーン2ルームハウス/MDX (Coleman)

出典:Coleman公式サイト

Colemanのタフスクリーン2ルームハウス/MDXはクロスフレーム構造を採用することで天井が高く広いスペースを備えています。

またリビングスペースに加えてポールを使うことで、ひさし部分であるキャノピーを作れるため、リビングスペースをより広くすることが可能です。

出典:Coleman公式サイト

タフスクリーン2ルームハウスは上下に通気口であるベンチレーションが付いているため、下から涼しい風が入り上から暖かい空気が抜けていくことで夏でも涼しい空間を作り出します。

出典:Coleman公式サイト

タフスクリーン2ルームハウスにはアシストクリップが付いているため、1人でも設営しやすくなっています

テントを設営するときは、ポールの端を押さえておいて貰わないとポールが抜けてしまうことがありますが、アシストクリップがあれば端を押さえておいて貰わなくても大丈夫なため1人でも簡単に設営できます。

Spec

重量17kg
収納サイズφ32 × 74 cm
対応人数4〜5名
インナーサイズ300 × 250 × 175(h) cm
耐水圧2,000mm
価格61,819円(税別)

neos PANELスクリーンドゥーブル (LOGOS)

出典:LOGOS公式サイト

neos PANELスクリーンドゥーブルはLOGOSが誇る、王道にして最強の2ルームテントです。

実用性の高いリビングルームと家族6人ですごせる寝室を兼備しています。

出典:LOGOS公式サイト

フライシートに使用されているメッシュはLOGOSが独自に開発した高機能メッシュ「デビルブロックST」が使用されています。

デビルブロックSTはUV-CUT率や遮光性が高く日差しが強い日でも快適に使用できます

またきめ細やかなメッシュなため小さな虫の侵入も防ぐことができます。

出典:LOGOS公式サイト

neos PANELスクリーンドゥーブルは簡単に車とリンクすることができます。

そのため雨が降っていても濡れることなく荷物の積み下ろしをすることができます

Spec

重量17.4kg
収納サイズ63 × 23 × 54 cm
インナーサイズ270 × 270 × 170(h) cm
耐水圧2,000mm
価格59,000円(税別)

KAMABOKO TENT 3 (DOD)

出典:DOD公式サイト

DODのKAMABOKO TENT 3は、かまぼこのような形をしたオールシーズン対応の2ルーム型トンネルテントです。

大人数でもくつろげる程のリビングスペースがあるため、ファミリーキャンプからグループキャンプまで幅広く活躍します。

出典:DOD公式サイト

KAMABOKO TENT 3は全部のパネルをメッシュにできるようになっているため、夏場はスクリーンタープのように涼しく過ごすことができます。

上部にベンチレーションが付いているため、全てのドアを閉じている状態でも、空気が下部から上部に抜けていくため効率的に換気することができます。

出典:DOD公式サイト

KAMABOKO TENTO 3にはユニークなオプションパーツが充実しています。

座敷スタイルを楽しむことができるKAMA ZASHIKIやプロジェクターの映像を映せるKAMABOKO THEATERなどがあります。

オプションパーツを使うことで手軽にキャンプをより楽しくすることができます。

Spec (KAMABOKO TENT 3 (M)の場合)

重量19.5kg
収納サイズW69 × D35 × H31 cm
対応人数5名
インナーサイズ280 × 220 × 170(h) cm
耐水圧3,000mm
価格オープンプライス (6.5万円程度)

ファシル (ogawa)

出典:ogawa公式サイト

ファシルは100年の歴史がある老舗アウトドアブランド「ogawa」のツールームテントです。

同一4本のクロスポールを使用しているため簡単に設営可能でかつ、充分な強度と快適性を兼ね備えています。

出典:ogawa公式サイト

全方向フルメッシュとすることが可能なため、風通しが良く夏の暑い日でも快適に過ごすことができます。

またベンチレーションが付いているため雨の日でも換気可能です。

出典:ogawa公式サイト

同一4本のクロスポールを用いたシンメトリーな構造であるため、インナーテントは左右のどちらにも取り付けが可能です。

Spec

重量16.7kg
収納サイズ72 × 30 × 30 cm
対応人数4名
インナーサイズ250 × 200 × 180(h) cm
耐水圧1,800mm
価格107,800円(税込)

 

お気に入りのテントを買ってキャンプデビューしよう!

初めてテントを買うときは、どんなテントを買ったらいいのか悩んでしまいます。

広さや機能性、価格などを様々なテントで比較して、自分に一番合ったお気に入りのテントを見つけてください。

そしてお気に入りのテントで、キャンプデビューを思い切り楽しんでください!

ABOUT ME
さっちゃん
さっちゃん
京都在住の新人キャンパーです。キャンプごとにテーマ・目的を決めることが好きで、船釣りで釣った魚を食べる、燻製とお酒、海水浴などをテーマにしてキャンプに行っています。まだまだ新しいキャンプの楽しみ方を探索中です!またキャンプ歴が短くキャンプで失敗やバタバタすることも多く、スマートなキャンプを目指しスキルを磨き中です。