キャンプ用品

/

オーストラリアブランド「DARCHE」で”ワンランク上”のカーキャンプ!!

佐藤翔一
佐藤翔一

出典: Instagram@darchetokyo

アウトドアの流行によって4WDやSUV、キャンピングカーの需要が高まっていますね。悪路を走破した愛車をキャンプ場で眺めながら嗜む1杯もまた、格別です。

「もっともっと、車を愛でながらキャンプを楽しみたい」という人は、オーストラリアのブランド「DARCHE(ダーチ)」を要チェック。車社会であるオーストラリア特有の文化や思想を落とし込んだギアで、キャンプ場の注目を集めちゃいましょう!!

大手繊維製造卸メーカーが母体

出典:photoAC

DARCHEの親会社は、南半球最大級の繊維製造卸メーカー「チャールズパーソンズ社」。つまりDARCHEのギアは、生地に圧倒的な優位性があります。

ビクトリア州を拠点とするDARCHE。敷地面積40,000㎡超の施設で日々、摩耗テストや強度テストを実施し、タフで信頼できるテキスタイルを提供しています。

豪州伝統のスワッグテント

出典:Instagram@darchetokyo

大手繊維製造卸グループの一員であるDARCHEの主力製品は「スワッグテント」です。

スワッグテントは、オーストラリアの伝統的なキャンプスタイル。国土が広いオーストラリアにおいて、車に積んだテントで野宿することがルーツとなっています。

スワッグテントは移動先での野営を想定しているため、簡単な構造なものが多いです。車に積むことを前提とし、雨風を凌ぐために重く、大きく、頑丈に作られています。

まさに、DARCHEの生地はスワッグテントに適しており、スワッグテントはカーキャンプに適しているのです。

鉄板なのはAD SWAG

出典:DARCHE公式サイト

DARCHEのスワッグテントで鉄板なのは「AD SWAG」で、3つのサイズを展開。いずれも縦2,150mm、高さ900mmで、幅が900mm、1,100mm、1,400mmとそれぞれ異なります。いわゆる1人、2人用のサイズ感でしょう。

最大の特徴は特許技術「AIR VOLUTION」システム。大容量ハンドポンプ装置により、約20秒で設営が完了します。

最高峰モデルのRIDGEDOME SWAG

出典:DARCHE公式サイト

数あるスワッグテントラインナップの中でも、最高峰モデルに位置付けられているのが「RIDGEDOME SWAG」です。

3方向からエントリーすることが可能で、贅沢なゆとり空間を実現させています。

通気性を確保する2つの大きなメッシュ窓もポイントですが、何より完全防水という抜群の安心感が魅力です。

DARCHEスワッグテント購入はこちら

車中泊ならぬ車上泊

出典:Instagram@darchetokyo

強い生地で生み出されるDARCHEのギア。スワッグテントとともに、注目したいのが「ルーフテント」です。これにより、車中泊ならぬ車上泊が可能となります。

車のルーフ上にテントを設営します。四方を見渡すことができ、空にも近いという開放的なテントスタイルは、キャンプ場で注目の的になります!

ベストセラーモデルのPANORAMA

出典:DARCHE公式サイト

DARCHEルーフテントのベストセラーモデルが「PANORAMA」です。本体を支えるチェッカープレートベースボード、防水加工が施されたシート、2.3mまで拡張可能な梯子など、ルーフテントスタイルに必要なものを全て備えています。

何と言っても魅力はサンルーフ。天気が良い日の夜にジッパーを外せば、車上から満点の星空を眺めることができますよ。

ルーフテント入門にぴったりなINTREPIDOR

出典:DARCHE公式サイト

ルーフテント入門にぴったりなのが「INTREPIDOR」。安定感のある合金ベースボードはもちろんサイドウインドウやマットレスなど、快適性も充実させたスペックです。

DARCHEルーフテントの購入はこちら

オーニングで車中心のサイトデザイン

出典:Instagram@darchetokyo

手軽にワンランク上のカーキャンプを目指すなら、「サイドオーニング」を設営するというテクニックもあります。

オーニングを車につなげるだけで、サイトの見栄えは激変するでしょう。そして当然、DARCHEのオーニングは目を惹くものがあります。

270度展開するオーニングのECLIPSE 270

出典:Instagram@darchetokyo

その名の通り270度展開するオーニングです。広げた時の面積は11㎡超となり、チェアやテーブルを設置するのに十分なスペースを演出します。

頑丈かつシンプルなアルミニウムヒンジシステム。安定性を向上させるとともに、一人でもスマートに設営できます。

ファスナーで簡単に取り外しできるオプションウォールも用意しています。プライベート性の確保や防風など様々な用途に活用可能。自在なカスタマイズで、オリジナリティを出せるという拡張性も持ち合わせています。

DARCHEオーニングの購入はこちら

止まらないカーキャンプの進化

出典:Instagram@darchetokyo

強いがゆえに、デカくて重たいのがDARCHEギアです。スワッグテントAD SWAGの最小サイズでさえ重量は約12kg。ルーフテントPANORAMAに至っては63kgを超えます。持ち運びと設営時、ともに車は必須です。

車ありきのギアだからこそカーキャンプがより一層、上質になります。特に車上泊は、愛車を最大限に活かした”ワンランク上”のキャンプスタイル。オーストラリアの風を感じるDARCHEのギアは、カーキャンプをますます進化させるでしょう。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

佐藤翔一

佐藤翔一

趣味はキャンプ、ロードバイク、登山、ゴルフ、釣り、エアガン、ゴルフ、映画、テレビ、マンガ、読書、ゲーム、猫。つまり、ガレージハウスに住みたいフリーライターです。