ボトル・ジャグ

/

【2021年】チタンマグはなぜ人気?キャンプでの楽しみ方とおすすめマグ10点を一挙紹介!

しま子
しま子

出典: EPIgas公式Facebook

性能の高さと使い勝手のよさが認知され、キャンパーたちに大人気のチタンマグ。

数々のアウトドアブランドからも、それぞれ趣向を凝らしたチタンマグが発売されています。

今回は、そんなチタンマグの人気の理由について改めてお伝えするとともに、おすすめのチタンマグを一挙ご紹介していきます!

チタンマグの魅力とは?長く愛用できる性能の高さ&キャンパー憧れの高級感

出典:mountain-products公式サイト

チタンの主な特徴は「強い」「軽い」「錆びにくい」の3つ。

強度は鉄の2倍、アルミの3倍にもおよび、さらにバネ特製を持っているためしなりやすく、衝撃を受けても破損しにくい性質と言えます。

つまり、軽量なうえに「強くしなやか」なチタンマグは、登山やアウトドアシーンでの使用にぴったりなんです。

また、チタンには金属特有の臭いがあまりなく、口にしたときの不快感が少ないので、直接口に触れるマグに適した素材

さらに、チタンマグは直火にかけられるため簡単な調理器具としても使えますし、ちょっと飲み物を温めたいときにも便利ですね。

荷物を減らしたいソロキャンプのときなどには、特に大活躍してくれるアイテムです。

価格帯は他の金属マグよりも高くなってしまいますが、性能が良くて長く使えることや、チタン特有の高級感のある手触りに憧れるキャンパーも多く、「1つは持っておきたいアイテム」として支持を集めています。

チタンマグを選ぶなら「シングルウォール」か「ダブルウォール」かに注目しよう

出典:EPIgas公式Facebook

チタンマグには大きく分けて「シングルウォール」「ダブルウォール」という2つの種類があります。

それぞれ、カップが「一重構造」か「二重構造」かの違いです。

直火にかけられるのはシングルウォールだけで、ダブルウォールの商品を火にかけると中の空気が膨張して破損してしまうので注意してください。

シングルタイプをクッカーとして使用したい方は、蓋つきのものを購入すると調理効率があがりますよ。

一方、直火OKのシングルと違い、ダブルウォールの特徴は保温性、保冷性に優れていること。

本来のマグとして使用するだけであれば、「氷が解けにくく、お湯が冷めにくい」というダブルウォールタイプをおすすめします。

中に空気の層があるため、結露が付きにくいのもダブルウォールの特徴のひとつですね。

「焼き入れ」で生まれるチタンブルーを知っていますか?

出典:Twitter@kantoku_photo

シングルウォールのチタンマグ購入者のあいだでブームとなっているのが、「焼き入れ」を施すこと。

焼き入れとは、チタンマグの底面を直火で加熱し、青や紫っぽい色に変色させる加工のこと。

この色は「チタンブルー」といわれ、自分のチタンマグにオリジナリティを持たせたり、火入れによる微妙な色合いの変化を楽しむことができます。

シングルタイプを購入した方は、火力に十分ご注意のうえ、挑戦してみてはいかがでしょうか?

直火OK!調理にも使えるおすすめチタンマグ5選【シングルウォール編】

Snow peak(スノーピーク) 「チタンシングルマグ 450」

出典:Snow peak公式サイト

スノーピークのチタンマグは、シングルウォール、ダブルウォール共に大人気の商品。

軽さを追求したシングルタイプは0.4mmのチタニウムで作られており、スタッキングも可能です。

容量は220ml、300mlのものがありますが、こちらの450mlタイプであればスープなどの調理にも便利。

口元はカール処理が施されているので、不快感のない優しい口当たりとなっています。

belmont(ベルモント) 「BM-299 チタンスタッキングシングルマグ330」

出典:belmont公式サイト

ベルモントは、日本屈指の金物の街として知られる新潟県三条市の会社です。

そんなベルモントから今回ご紹介したいのは、スタッキングできる軽量チタンマグ。

330mlの容量で、重量はわずか55gしかありません。

マグが複数個必要なファミリーキャンプやグループキャンプのときに重宝する、軽くてかさ張らないシングルウォールマグです。

VARGO(バーゴ) 「チタニウムトラベルマグ450」

出典:mountain-products公式サイト

チタン製の商品を多数展開しているアメリカのアウトドアブランド、バーゴ。

機能美を追求したシンプルで丈夫なアイテムが多く、このチタンマグも無駄な部分を排除したスタイリッシュなデザインになっています。

黒みがかった深みのある色合いも高級感がありますね。

HORIE(ホリエ) 「カラーマグカップ」

出典:株式会社ホリエWEBショップ

素材の持ち味を活かしたモノづくりにこだわり、チタン製品を研究開発してきたホリエ。

そんなホリエのチタンマグは、チタンの性質を用いたカラーバリエーションの豊富さが魅力です。

 

出典:株式会社ホリエWEBショップ

これは着色しているわけではなく、光の屈折によってチタンが様々な色に見える加工を施しているのだとか。

また、医療用にも用いられる独自の安全な化学処理によって、すべてのチタン製品が不純物のない清潔な状態に仕上げられています。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 「チタン製ビアジョッキ 600ml」

出典:楽天市場

「アウトドアで美味しいビールが飲みたい!」という方におすすめなのが、600mlという大容量のチタン製ビアジョッキ

シングルウォールではありますが、チタンの保冷力があればキンキンの状態で乾杯できます。

金属臭の少ないチタン製だからこそ、最高の1杯を楽しめそうですね。

ただし、直火には向かない仕様になっているのでご注意ください。

二重構造でドリンクを適温に保つおすすめチタンマグ5選【ダブルウォール編】

EPIgas(イーピーアイガス) 「ダブルウォールチタンマグ」

出典:EPIgas公式サイト

1961年、イギリスでレジャー用のガスストーブメーカーとして誕生した、EPIgas。

1974年からはアウトドア用のアイテムにも力を入れ、軽量でコンパクトなアイテムを多数生み出している老舗ブランドです。

このダブルウォールチタンマグも無駄な要素を一切省き、シンプルな構造ながらも高い保温、保冷効果を実現しています。

SOTO(ソト) 「エアロマグ120ml」

出典:ヨドバシ.com

コロンとしたシルエットと小さな取っ手がかわいいSOTOのエアロマグ

手のひらにすっぽり収まるサイズ感で、重量48gという驚きの軽さも魅力です。

容量は120mlと少なめですが、取っ手部分を折りたためば容量450mlの「エアロマグ450」とスタッキングも可能。

セットでの購入もおすすめですよ。

Nordisk(ノルディスク) 「Titanium Double Wall Mug」

出典:Nordisk公式サイト

おしゃれなテントを数多く展開しているアウトドアブランド、ノルディスクのダブルウォールチタンマグ。

ブランドを象徴するクマのロゴが大きく刻印されています。

この商品の特徴は、取っ手がない「湯呑み」スタイルになっていること。

二重構造なので飲み物の温度は保ちますが、握っても熱くなることはありません。

ロゴ入りのかわいいメッシュポーチ付きなので、収納時の細かな傷なども心配ないですね。

出典:Nordisk公式サイト

Mont-bell(モンベル) 「チタンサーモマグ 300」

出典:mont-bell公式サイト

アパレルでも人気の高いアウトドアブランド、モンベルから発売されているチタンマグ。

ダブルウォールタイプなので保温、保冷力はもちろん、耐久性や耐食性にも優れています。

とてもベーシックなシルエットにネイビーのロゴが映えていて、自宅やオフィスでも使えそうな落ち着いたデザインに仕上がっています。

ogawa(オガワ) 「ogawaチタンダブルマグフォールドハンドル」

出典:ogawa公式サイト

1914年創業の老舗アウトドアブランド、ogawaのロゴイラストがプリントされたチタンマグです。

テントと木々のイラストが、アウトドア気分を高めてくれますね。

キャンパーにはお馴染の金物の街「新潟県燕三条」で製造されていて、もちろん性能もばっちりですよ。

使うほどに味わいを増すチタンマグの魅力

出典:写真AC

耐久性に優れるチタンマグは、長く使えば使うほどに味わいが出て、あなただけのオリジナルな1品になっていきます。

焚き火を囲んでの乾杯や、清々しい朝のコーヒーなど、チタンマグと共にキャンプの思い出をたくさん増やしていってくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

しま子

しま子

キャンプとお酒と離島旅を愛する兵庫県民。お酒にあう料理・景色・シチュエーションを日々探求している。主なフィールドは関西一円と瀬戸内海沿岸エリア。エンタメ系雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。いつか猫と暮らしたい。