小物・その他アイテム

/

女子キャンおすすめULバック!マーモット「ヤマタビ30 X-Pac」の魅力を徹底紹介!

ZEEN
ZEEN

「ピクニック感覚で徒歩キャンプに挑戦してみたい〜!」
「登山ザックだとガチ過ぎるから可愛くて軽いバックパックが欲しい…♪」
「キャンプはもちろん普段や旅行でも可愛く使えるバックパックって無いかしら…?」

今回はそんな女子キャンのご要望にお答えします。

徒歩キャンプに必要不可欠なのがバックパック。装備一式を背負って歩くため頑丈な登山ザックがおすすめです。しかし”ピクニック感覚の女子キャン”ならガチ装備より可愛くお手軽スタイルの方がテンションも上がって盛り上がること間違いなし。

そこで今回は、女子キャンにおすすめ!女性目線のこだわり満載、マーモットULバックパック<ヤマタビ30 X-Pac>をご紹介いたします。

 

女子キャンにおすすめ!<ヤマタビ30 X-Pac>で徒歩キャンプに出掛けよう!


出典:楽天市場

徒歩スタイルの女子キャンには、マーモットのULバックパック<ヤマタビ30 X-Pac>がおすすめです。

<ヤマタビ30 X-Pac>はマーモットと”山ガールの先駆者”四角友里さんとのコラボレーションモデル

「こんな機能があったら良いなぁ〜」という女性目線のアイデアを詰め込んだこだわり満載のULバックパックです。

✓ <ヤマタビ30 X-Pac>の商品スペックがこちら

容量 30L ※18〜35Lまでザック容量を調整可能
重量 530g
カラー 2カラー(CYTコヨーテ、CGYクラウドグレー)
素材 本体:ナイロン100%、背面パッド:EVA樹脂
参考価格 ¥19,800(税込み)

 

<ヤマタビ30 X-Pac>はマーモット×四角友里コラボモデル


出典:Marmot

<ヤマタビ30 X-Pac>はアウトドアスタイル・クリエイターである『四角友里さん』とMarmot(マーモット)とのコラボレーションモデル。登山ザックに有りがちな無骨デザインを払拭し、シンプルで可愛く普段でも使いやすいデザインが人気のULバックパックです。

山ガールの火付け役である四角友里さんのこれまでのアウトドア体験を元に、「こんな機能があったら良いなぁ〜」というアイデアを詰め込んだ、こだわり満載のULバックパックです。

<ヤマタビ30 X-Pac>の生みの親”四角友里さん”とは?

アウトドアスタイル・クリエイターであり着物着付け師という経歴を持ち、女性のためのアウトドア普及活動に取り組む。「山スカート」を世に広め『山ガールブームの立役者』として一躍有名に。2010年にニュージランドの永住権を取得し約4年に渡りトレーラーハウスにてキャンプ生活を送る。

マーモット×四角友里コラボモデル2021秋冬はこちら

四角友里−よすみゆりホームページはこちら


出典:四角友里/facebook

2018年に「マーモット×四角友里コラボシリーズ」初のULバックパック<ヤマタビ30>が初登場。機能的で使い勝手が良く可愛いデザインが人気を呼び、四角友里コラボシリーズの代表モデルに。

2021年秋冬モデルから『X−Pac(エックスパック)』素材にバージョンアップして新登場です。

 

こんな機能があったら良いのに!が詰まったこだわり満載の<ヤマタビ30 X-Pac>


出典:楽天市場

2021年秋冬モデルから『X−Pac素材』にバージョンアップした<ヤマタビ30 X−Pac>

「こんな機能があったら良いな」というアイデアを詰め込んだこだわり機能を継承しつつ、軽くて丈夫な素材にパワーアップしました。


出典:Marmot

こだわり①:山旅から普段使いまで対応した万能サイズ


出典:Marmot

<ヤマタビ30 X-Pac>は山旅から普段使いまで対応した「18〜35Lまで容量が調整できる」バックパック。普段使いやトラベル、ULスタイルの徒歩キャンプまで幅広く使用できます。


出典:楽天市場

開口部が袋状に大きく開くロールトップ方式を採用。荷物の出し入れが楽々なので使い勝手良し。


出典:Marmot

普段使いから山旅まで荷物の量に合わせてザックの大きさを調整可能。

普段使いや日帰りの用途なら開口部をクルクル巻いてコンパクトに。容量目一杯まで荷物を収納すれば山旅や徒歩キャンプにも使用できます。

こだわり②:軽くて丈夫な<X-Pac>素材にバージョンアップ


出典:fullclip.shop

2021年秋冬モデルから「軽さ」と「耐久性」に優れた『X-Pac(エックスパック)』を採用しパワーアップ

✓ <ヤマタビ30 X-Pac>は本体重量530gと超軽量クラスのバックパック

一般的な30Lクラスのザック重量が平均1〜1.5kgとすると驚異的な軽さ。500mlペットボトルと同等の軽さなので女性の方でもラクラク背負うことが可能です。


出典:fullclip.shop

『X-Pac(エックスパック)』はセイルクロスと呼ばれる「ヨットの帆」に使われる特殊素材。「軽さ」「強度」「防水性」と三拍子揃ったスーパー素材であり、多くのULアウトドアギアに採用されています。

こだわり③:背面パッドが座布団として使用可能


出典:Marmot

背面パッドは簡単に取り外す事が出来、座布団として使用可能。固く冷たい地面に直接腰を下ろすことなく休憩することが出来ます。

従来UL仕様の背面パッドはザック内部に配置している事が多く取り外しに手間が掛かりますが、<ヤマタビ30 X-Pac>は背中側に配置しているのですぐに着脱可能。これは何気に有り難く使い勝手の良いこだわりポイントです。

こだわり④:着物の衿のようなデザインの2フロントポケット


出典:Marmot

フロントの大型ポケットは着物の衿をイメージした可愛いデザインが特徴的。着物着付け師ならではのユニークなデザインに仕上がっています。


出典:Marmot

2枚が重なり合うようにデザインされた大型ポケットはそれぞれ違う素材を採用。ちょっとしたゴミ袋や見せたくない荷物などは奥側の黒いナイロンポケットに、すぐに取り出したい荷物や濡れた荷物などは手前のメッシュポケットに入れるなど使い分けが可能です。

こだわり⑤:バッジやワッペンで個性的にアレンジ可能


出典:Marmot

フロントの大型メッシュポケットにはバッジやワッペンが取り付けられるバッジベーステープが付属。


出典:ランドネ/facebook

ザック本体やポケットに穴を開けることなく取り付け出来るので自分好みに可愛くアレンジ出来ます。

こだわり⑥:ハイドレーションも収納できる内部ポケット


出典:Marmot

ザック内部には荷物を分けて収納できるポケットが内蔵。大小2つのポケットとキーリングが付属しハイドレーションも収納可能。歩きながら水分補給が可能です。

こだわり⑦:コンプレッションベルトでしっかり固定


出典:楽天市場

ザック両サイドには荷物の容量に合わせてマチ幅を微調整できるコンプレッションベルトが付属。パッキングした後にギュッと絞ることで中の荷物が安定、カラダが振られることなく楽に背負えます。


出典:Marmot

ザックの底部はループでマチ幅の調整が可能。荷物が多い時は広げて、荷物が少ない時はマチ幅を薄くしザック容量を調整。ザックの容量を減らし重心を上に上げることで背負いやすくします。

こだわり⑧:サイドのメッシュポケットにポールを収納可能


出典:Marmot

サイドのメッシュポケットにはトレッキングポールやテントのポールなど長物が収納可能。コンプレッションベルトを兼用することでしっかり固定できます。

またポケット内部には撥水素材のミニポケットが内蔵。泥で汚れたポールの先端をミニポケットに収納すれば、他の荷物を汚す心配がありません。

 

まとめ

今回は、女子キャンにおすすめしたいマーモットのULバックパック<ヤマタビ30 X-Pac>をご紹介してみました。

<ヤマタビ30 X-Pac>はマーモット×「四角友里」コラボモデル。山スカートを世に送り出し”山ガールブームを巻き起こした先駆者”四角友里さんがマーモットと企画開発したULバックパック。こんな機能があったら良いなというアイデアがたっぷり詰まったこだわり満載の超軽量バックパックです。

徒歩キャンプに挑戦してみたいという女子キャンパーの皆さん、ぜひ<ヤマタビ30 X-Pac>を相棒に選んでみませんか?

機能的で可愛いULバックを背負えばテンション爆上げで女子キャンがさらに楽しめるかも♬

 

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!