小物・その他アイテム

/

【2021年】人気のおすすめクッカ―セット7選!スタッキングでコンパクトに収納できるのが便利!

きなこ
きなこ

キャンプには欠かせない調理道具「クッカー」。クッカーセットなら、必要なクッカーを一度に購入でき、コンパクトに持ち運べます。

今回は、2021年人気のクッカーセットを7つ紹介!

定番商品から新商品まで、おすすめを厳選したのでぜひチェックしてください。

クッカーセットとは?

クッカーセットの魅力

出典:コールマン

クッカーセットは、アウトドア用の鍋やフライパンを1度に揃えられるのが魅力。

クッカーを別々の種類で揃えるよりも、統一感があったり、スタッキングできたり、安く購入できたりと様々なメリットもあります。

中にはクッカーだけでなく、五徳保温ケースとセットになっているものも。

用途にあわせて選んでみてください。

クッカーセットの選び方

出典:コールマン

クッカーセットを選ぶときは、以下の3つのポイントに注目しましょう。

選ぶときのポイント

・素材
・使いやすい形
・持ち運びのしやすさ

出典:スノーピーク

クッカーの素材には、サビにくいステンレス製軽量アルミ製サビにも強く軽量チタン製などがあります。

一見、優れているチタン製クッカーですが、価格が高く、焦げ付きやすいというデメリットもあります。焦げ付くのが嫌な方はアルミ製を選んでみてください。

また、クッカーセットは商品によってセットになっている形状が異なります。フライパンや鍋型、角型など様々で、特に角型はインスタントラーメンの麺を割らずに調理できるメリットがあります。

クッカーは、数が多くなるほど場所をとってしまいがち。せっかくクッカーセットを選ぶのであれば、重ねて収納できるタイプがおすすめですよ。

【ソロ向け】おすすめのクッカーセット4選

ロゴス「クッカー・SOLO KIT 500」

出典:ロゴス公式オンラインショップ

ロゴス(LOGOS)の「クッカー・SOLO KIT 500」は、ソロキャンプにちょうど良いサイズの大鍋と小鍋のクッカーセット。2021年の新商品です。

2つ合わせてもたった210gと軽く、持ち運びやすいのが特徴です。

出典:ロゴス公式オンラインショップ

大鍋は、カップラーメンのお湯を沸かすのにぴったり。

収納時にはフタのように小鍋を重ねるので、多少高さのあるものも一緒に保管できます。

出典:ロゴス公式オンラインショップ

もちろん収納袋も付いていますよ。価格も3,000円以下とリーズナブルなので、初めてのクッカー選びにもおすすめです。

素材 アルミ・ステンレス
重量 210g
内容 小鍋255ml
大鍋500ml

購入者レビュー

見た目がかっこいいので、使用するのが毎回楽しみです。ただ、厚みはないので変形には注意が必要だと思います。

モンベル「アルパインクッカー スクエア 12+13セット」

出典:モンベル

モンベル(mont-bell)の「アルパインクッカー スクエア 12+13セット」は、他では珍しい正方形のクッカーセット。

サイズはそれぞれ800mlと900mlです。

出典:モンベル

四角形の即席ラーメンをそのまま調理できるのが魅力。内側にメモリが付いていて、水が量りやすくなっています。

出典:モンベル

ハンドルの向きが側面ではなく、角に付いているのも特徴。お湯を注ぎやすいので、カップラーメンの調理にもおすすめです。

素材 アルミニウム
重量 363g
内容 スクエアクッカー800ml
スクエアクッカー900ml

購入者レビュー

キャンプツーリング用に使っていますが、収納したときにガタガタ音がしないので気に入っています。中にメモリがついているので、水の量も調整しやすいです。

SOTO「サーモライト SOD-522」

出典:SOTO

SOTO(ソト)の「サーモライト SOD-522」は、複数のクッカーが入っているのではなく、750mlのクッカー1種類と、コジーやリフター、マグリッド(フタ)がセットになっています。

出典:SOTO

SOTO製のシングルストーブやボンベを収納できるのが魅力です。

出典:SOTO

容量が十分あるので、お湯を沸かすだけでなく、お鍋などにも良いでしょう。コジーに入れれば、保温をしながら手に持って食べることもできます。

とにかくコンパクトに持ち運びたい方におすすめです。

素材 アルミ
重量 約154g
内容 マグ750ml
マグリッド、コジー、リフター

購入者レビュー

様々なクッカーを使用しましたが、今はこの1つに落ち着いています。パスタなどを作るときにも、高さがちょうど良いです。450mlのマグもスタッキングできました。

コールマン「コンパクト アルコールバーナー&クッカーセット」

出典:コールマン

コールマン(Coleman)の「コンパクト アルコールバーナー&クッカーセット」は、来季の新商品です。

2022年、2月ごろの販売が予定されています。

出典:コールマン

800mlと300mlのクッカーに加えて、アルコールバーナーや五徳、燃料ボトル、収納ケースなどがセットに。

収納ケースは大きめに作られているので、カトラリー類やシェラカップなども一緒に持ち運べます。

出典:コールマン

発売はまだ先ですが、人気の商品はすぐに売り切れてしまうことも。

気になる方は早めのチェックがおすすめです。

素材 真鍮・ステンレス・アルミ
重量 640g
内容 クッカー800ml
クッカー300ml
バーナー、燃料ボトル、メッシュバック、キャリーケース

【ファミリー向け】おすすめのクッカーセット3選

スノーピーク「アルミパーソナルクッカーセット(SCS-020R)」

出典:スノーピーク

スノーピーク(snow peak)の「アルミパーソナルクッカーセット(SCS-020R)」は、以前から人気の商品でしたが、最近少し大きめのサイズにリニューアルしました。

2~3人用のクッカーセットです。

出典:スノーピーク

フタ(フライパン型)とポット(鍋型)がそれぞれ2種類入っているので、料理にあわせて使い分けられます。

アルミ製なので焦げ付きにくく、軽量なのも魅力です。

出典:スノーピーク

リニューアル前の商品の口コミには、6年以上同じものを使っているとの書き込みも。

長く使えるクッカーを探している方におすすめです。

素材 アルミ
重量 500g
内容 フタ(小)350ml
フタ(大)550ml
ポット(小)800ml
ポット(大)1,150ml

購入者レビュー

大と小のセットなので使いやすいです。小さい鍋の方はご飯を炊くのにも使っています。

コールマン「アルミクッカーコンボ」

出典:コールマン

コールマンの「アルミクッカーコンボ」は、ポット(鍋)とライスクッカー、フライパンなどが入ったクッカーセット。

ライスクッカーでは3合まで炊くことができます。

出典:コールマン

ハンドルを分解することができ、コンパクトにまとめられるのが魅力です。

出典:コールマン

ライスクッカー以外は、IHにも対応しています。

焦げ付き防止にノンスティック加工が施されているので、洗い物をできるだけ楽にしたい方にもおすすめです。

ただし、セット量が多い分、重量は3kgやや重めです。持ち運び手段には十分注意して選びましょう。

素材 アルミ
重量 3kg
内容 ポット(鍋)
ライスクッカー3合
フライパン
内蓋、ザル、ハンドル、メジャーカップ

購入者レビュー

キャンプでもしっかり料理したいので購入しました。とにかくコンパクトにまとまるので満足しています。家族で使うのにちょうど良いです。

ユニフレーム「fan5DX」

出典:ユニフレーム

ユニフレーム(UNIFLAME)の「fan5DX」は、4~5人用のクッカーセットで、ライスクッカーとフライパン、2種類の鍋、メッシュバスケットが入っています。

ライスクッカーは、最大で5合までの炊飯が可能です。

出典:ユニフレーム

Fan5DXの特徴は、クッカーの種類によって素材が分けられていること。

ライスクッカーは、均一に熱が伝わるアルミ、じっくり火にかけるは、耐久性に優れたステンレスを使用しています。

出典:ユニフレーム

ご飯が冷めた後、ライスクッカーごと鍋に入れて湯銭すれば、またあたたかいご飯を楽しむことができます。

少々重さがありますが、使い勝手の良いクッカーセットを探している方におすすめです。

素材 アルミ・ステンレス
重量 約3kg
内容 フライパン
鍋(大)5500ml
鍋(小)2000ml
ライスクッカー5合
メッシュバスケット、フタ

購入者レビュー

4人家族用として使用しました。いろんなレビューで書かれていたように、キャンプ初心者でもご飯が美味しく炊けて驚きました。少し重いのが難点ですが、満足しています。

クッカーセットはコンパクトに持ち運べる

出典:PhotoAC

今回は、2021年人気のクッカーセットをソロ用とファミリー用に分けて紹介しました。

これからクッカーを購入するなら、まとめて揃えられるクッカーセットがおすすめです。

記事では紹介しきれなかった、サイズや形のものもあるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。主に北関東のキャンプ場に出没します。最近は10代から務めた音楽業界をやめ、車を買いました。VANLIFEを計画中で、車をこつこつ改造しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています!