小物・その他アイテム

/

【固形タイプの着火剤おすすめ5選】初心者でもドヤ顔火起こし!種類や選び方もご紹介!

ZEEN

焚き火やバーベキューに欠かせない火起こし作業。火起こし大臣に任命されどなかなか火が付かず、家族や仲間から冷たい視線を浴びた経験がありませんか?

そんなときには着火剤がおすすめです。着火剤を使えば火起こしが苦手な方や初心者さんでも簡単に火を熾すことができ、ドヤ顔しながら任務を果たすことができます。

そこで今回は、火起こしに不慣れな初心者さんでも簡単に火が煽せて安全に取り扱える固形タイプの着火剤をご紹介します。着火剤の種類選び方厳選したおすすめ着火剤などなど、初心者さん必見の内容となっているのでぜひ参考にしてみてください。

 

初心者でも簡単に火起こしできる着火剤とは?

出典:ファイヤーサイド公式サイト

着火剤とは、木炭や薪の火起こしを手助けしてくれる助燃剤のこと。着火剤を使うことで素早く木炭や薪に火を熾すことができます。

手間が掛からず燃焼するまでの時間を大幅に短縮することが可能ですので、火起こしに不慣れな初心者さんにとっては魔法のアイテムとなるでしょう。

着火剤の種類

着火剤には大きく分けて「固形タイプ」と「ジェルタイプ」があります。

固形タイプ

出典:楽天市場

固形タイプとは、木質原料にパラフィンワックスや石油などの燃料を混ぜ合わせて固めたもの

固形タイプの特徴は、燃焼時間が長く初心者でも扱いやすいのがポイント。火起こしの途中でも継ぎ足すことができ、比較的安全に使用できます。また一定量を手で簡単に折れるようあらかじめ折り目がついているものやサイコロ型のブロック状など、使用量の目安が分かりやすいのが特徴です。

一方、パラフィンや石油系燃料を含んでいるため燃焼時に臭いや煙が出るのがデメリット。また一度開封すると湿気やすいため長期保存には適しません。

ジェルタイプ

出典:楽天市場

ジェルタイプは燃料系アルコールをゲル状にしたもの着火スピードが早いのが特徴。火力が強いので燃えにくい備長炭やオガ炭、薪などの火起こしに威力を発揮します。またチューブやパックに入った状態なので長期保存が可能です。

しかし火力が強く引火などの危険性が高いため継ぎ足しは厳禁。またジェルタイプはメチルアルコールを原料とするため有害ガスが発生する危険性があり、取り扱いには十分な注意が必要です。

 

着火剤を選ぶときにチェックしたい4つのポイント

出典:楽天市場

着火剤を選ぶときのチェックポイントが以下の4点。

  • 着火剤の種類
  • 燃焼時間
  • 臭い
  • 防水加工

着火剤の種類

初めて着火剤を使う初心者さんや取り扱いに不慣れな方は迷わず固形タイプがおすすめです。安全に取り扱いでき、初めてでも安心して使用できます。また火力に拘りたい方や取り扱いに慣れた経験者などはジェルタイプを選ぶと効果的です。

燃焼時間

点火したあとの燃焼時間も着火剤選びの大きなポイントです。せっかく着火剤を使ったのに炭が燃焼する前に消えちゃった…ということがないように、まずは10分持続して燃え続ける燃焼時間を目安に選ぶとよいでしょう。最低でも5分以上あれば炭に着火できるので十分に燃焼させることができます。

臭い

着火剤を使用すると臭いや煙が発生しやすくなります。特に石油系燃料を含んだ固形タイプは臭いがきつくなりがちです。臭いが気になると言う方は天然由来成分の固形燃料を選ぶとよいでしょう。石油系燃料を含んでいないので臭いを気にすることなく着火剤が使えます。

防水加工

着火剤に防水加工がされていると安心です。突然の雨で着火剤を濡らしたり湿らしたりしても着火することができます。水がかかっても燃え続けるので、取り扱いに不慣れな初心者さんには心強いアイテムとなるでしょう。

 

初心者でも扱いやすい固形タイプの着火剤【おすすめ5選】

それでは取り扱いに不慣れな初心者さんでも安全に取り扱いできる固形タイプのおすすめ着火剤を厳選してご紹介します。ぜひ着火剤選びの参考にしてみてください。

おすすめ①キャンプテンスタッグ:ファイアブロック着火剤 9片入り

材質 圧縮木材繊維(ワックス含有)
燃焼時間 (約)1片につき10分
内容量 9片(1片30×40×厚さ10mm)

キャンプテンスタッグの定番ロングセラー着火剤

出典:楽天市場

日本のアウトドア総合ブランド「キャンプテンスタッグ」の定番ロングセラー商品。圧縮木材繊維にワックスを含有した固形タイプで必要量だけ簡単に手で割って使えます。コスパがよく初めての着火剤使用におすすめです。

おすすめ②ロゴス:防水ファイアーライター

主成分 パラフィン
燃焼時間 約13〜17分
内容量 21pcs(1pcs 4×2.5×2.5cm)

水に濡れても一発着火の防水着火剤!

出典:楽天市場

1989年発売以来のロングセラー「防水ファイアーライター」は水に濡れても一発着火する防水仕様。うっかり水に濡らしても火を熾すことができ、さらに燃焼時間が13〜17分持続するので燃えにくい備長炭やオガ炭にも使えるパワフル着火剤です。

おすすめ③ファイヤーサンド:ドラゴン着火剤

成分 パラフィン
燃焼時間 約15分
内容量 24個入り(1パック350g)

高火力の炎が15分燃え続けるドラゴン着火剤

出典:楽天市場

扱いやすいキューブ状の固形着火剤だから初心者でも簡単着火。強い火力で15分燃え続けるので確実に着火できます。薪ストーブ初心者におすすめ。

おすすめ④ブッシュクラフト:ファイヤーキャンディー

材質
燃焼時間 約10分
内容量 20粒入り

思わず誰かに自慢したくなるおしゃれなキャンディ型着火剤

出典:楽天市場

思わず自慢げに取り出して使いたくなるキャンディ型の着火剤。なんと驚きの防水仕様です。使うときは外殻を割り、中に閉じ込められた燃焼素材に着火するのが特徴的。4種類の香り付きで約10分の燃焼時間と可愛いわりに本格仕様です。

おすすめ⑤UCO:ストームプルーフスィートファイヤー

原料 バガス(サトウキビの搾りかす)
燃焼時間 約7分
内容量 20本入り

可愛いデザインながらどんな悪天候でも発火するタフな着火剤!

出典:楽天市場

えんぴつ型の可愛いデザインながらどんな悪天候でも発火するタフな着火剤。さとうきびの搾りかすを原料にしたエコ材質が特徴です。風や雨にも負けず発火するのでもしもの時にも心強く、初心者でも安心して使えます。

 

着火剤がなくても火起こしに使えるおすすめ代用品

出典:pixabay

「着火剤を忘れてしまって全然火が熾せない・・・」

そんなときには着火剤の代わりとして火が熾せる代用品でピンチを乗り切りましょう。

現地で調達できる〈サバイバル術〉的な火起こし代用品

キャンプの基礎知識として必ず覚えておきたいサバイバル術的着火剤がこちら

  • スギの葉や白樺の樹皮
  • 乾燥した小枝
  • 松ぼっくり

小枝やスギの葉・白樺の樹皮などは燃えやすく自然の着火剤として定番です。また松ぼっくりには松ヤニが含まれているので着火剤代わりとして使えます。

持ち合わせで使える代用品

雨で濡れて湿っているなど自然の着火剤が使えない場合は、持ち合わせでピンチを乗り切りましょう。

持ち合わせで使える着火剤代用品がこちら

  • 新聞紙やダンボール・食用油を染み込ませたキッチンペーパーなど
  • 麻紐・・・スギの葉と同様もっとも使える着火代用品
  • 割り箸・・・ナイフでフェザースティックに加工するとより効果的
  • 牛乳パック・・・内側にパラフィンワックスがコーティングしているので最適
  • ガムテープ・・・粘着部が燃焼しやすくフワッと丸めて使用

ぜひ参考にしてみてください。

みかんの皮が着火剤の代用品としておすすめ!

みかんの皮には「リモネン」という精油成分が含まれているので着火剤代わりにおすすめです。

じっくり乾燥させたみかんの皮を事前に仕込んでおきましょう。着火剤代わりとして使える他、本来捨てるはずだったゴミを有効に燃料として使えます。

また柑橘系は虫除けの効果もあり一石二鳥です。

 

まとめ

今回は、初心者さんでも扱いやすい固形タイプの着火剤についてご紹介してみました。

キャンプで誰しも苦戦するであろう火起こしを、面倒な手間なく簡単に火が煽せる着火剤は頼りになるアイテムです。特に火起こしに不慣れな初心者さんにとっては魔法のキャンプアイテムとなるでしょう。

ぜひ今回ご紹介した着火剤の種類や選び方を参考に、くれぐれも取り扱いには十分注意してキャンプでの火起こしの楽しさを体験してみてくださいね。

 

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!