焚火台

/

【新作情報】薪ストーブやコンパクトヒーターなどキャンプで使える新作の暖房器具を一挙紹介!

きなこ

冬のキャンプに欠かせない暖房器具。みなさんはどんな暖房器具を使っていますか?

暖房器具といっても薪ストーブやコンパクトヒーター、石油ストーブなど色々あり、何を選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回はここ1年間に発売された新作の暖房器具を一挙紹介!

幅広い種類の商品をピックアップしたので、ぜひ参考にしてください!

暖房器具には何がある?

出典:Makuake

キャンプで使う暖房器具には、カセットガスストーブ、石油ストーブ、薪ストーブ、電気ストーブと様々な種類があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

種類 ガス 石油 電気
暖かさ
収納性
安全性

もちろん、換気を行えばガスストーブや石油ストーブ、薪ストーブでも安全に使えますが、テント内などでは一酸化炭素中毒や火災の危険性があります。

表を参考にキャンプスタイルにあったものを選んでみてくださいね。

新作の暖房器具を一挙紹介!

CAPTAIN STAG×CORONA「石油こんろ」

出典:CAPTAIN STAG

最初に紹介する新作の暖房器具は、CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)とCORONA(コロナ)のコラボ商品「石油こんろ」です。

コラボだけの限定カラー「マットブラック」を使用しています。

調理にも暖房にも使えるアイテムです。

本来はオプションであるクッキングガードが付属しています。煮込み料理やお湯を入れて加湿したいときなどにおすすめです。

価格 24,800円
燃料 灯油
暖房出力 1.59kW
サイズ 約φ49×32cm
重量 約8.3kg

購入者レビュー

暖かさはそこそこですが、煮炊きができるのが使いやすいです。火力もしっかりあるので、お湯もすぐに沸きます。

CORONA「SL-5121」

出典:CORONA

続いて紹介する新作の暖房器具は、CORONAの「SL-5121」です。

毎年人気のあるシリーズですが、2021年モデルは主にダイヤル周辺のデザインが変わりました。

暖房出力が5.14kWと暖かく、木造の建物でも13畳の部屋が温まります。

SL-5221のほかに17畳用の商品あるので、しっかり温まりたい方はチェックしてみてください。

価格 30,580円
燃料 灯油
暖房出力 5.14kW
サイズ φ46×55.3cm
重量 9.9kg

購入者レビュー

とても暖かいです。デザインもおしゃれなので気に入っています。

PASECO「CAMP-25」

出典:Amazon

PASECO(パセコ)の新作暖房器具「CAMP-25」は、名前の通りキャンプにぴったりの石油ストーブです。

出典:Amazon

何がキャンプにぴったりかというと、収納時に高さを変えてコンパクトにできる点!

6.4kWと高出力なので冬のキャンプも安心です。

なお、屋外使用専用になっていますので、室内では使用しないようにしましょう。

価格 39,600円
燃料 灯油
暖房出力 6.4kW
サイズ φ44.5×44~57cm
重量 11.5kg

購入者レビュー

車に乗せるときに小さくなるのも便利です。火力も良いのでキャンプでも暖かくなりました。

LOGOS×SENGOKU ALADDIN「パノラマ ガス ストーブ」

出典:LOGOS

LOGOS(ロゴス)とSENGOKU ALADDIN(センゴクアラジン)がコラボした新作暖房器具「パノラマ ガス ストーブ」アラジンのヒーターをモチーフにしたコンパクトサイズのガスストーブ。

カセットガスタイプで強なら約1時間40分、弱なら約4時間20分使用できます。

出典:LOGOS

中央のガラス部分に入ったLOGOSとAladdinのロゴもおしゃれですよね。

デザイン重視の暖房器具を探している方におすすめです。

価格 43,800円
燃料 カセットガス
暖房出力 2.0kW
サイズ 約33×33.5×38.6cm
重量 約6.3kg

購入者レビュー

見た目や色は想像通りでとても素敵でした。ただ、火力によって1時間ほどでガスを取り替えないといけないのは少し面倒に感じます。それでも寒い時期のキャンプには最高です。

S’more「MAGIC STOVE」

出典:Makuake

S’more(スモア)の新作暖房器具「MAGIC STOVE」は、ガラス窓のデザインがかわいい薪ストーブです。

先行販売を行ったMakuakeでは4,000万円を超える応援購入がありました。

出典:S’more公式オンラインショップ

薪ストーブといえば重いイメージがありますが、この「MAGIC STOVE」はなんと約5.1kgしかなく、とっても軽量なんです!

市販の薪も入りやすいのでぜひチェックしてみてくださいね。

価格 49,990円
燃料
暖房出力
サイズ 約39×17.5×15.9cm
(ボディサイズ)
重量 約5.1kg

購入者レビュー

サイズやデザインはすごく良いと思います。ただ、切断面のバリ処理が甘いのでケガは注意した方がよさそうです。

LOGOS「六角薪だんろストーブ」

出典:LOGOS

LOGOSからは新作暖房器具「六角薪だんろストーブ」も販売されています。

薪ストーブは垂直に窓が付いているのが一般的ですが、六角薪だんろストーブは斜めに窓が配置されているので、ゆっくり座って炎のゆらぎを楽しめます。

出典:LOGOS

本体の上や煙突部分にはケトルやシェラカップを置くことも可能です。

小型なので持ち運びもしやすいですよ!

価格 59,000円
燃料
暖房出力
サイズ 約44.5×24×33~86.5cm
重量 約6.7kg

購入者レビュー

窓が斜めになっているので見下ろすようにして炎のゆらぎが楽しめます。面倒な煙突のセッティングも簡単でした。

nikome「MARUKO」

出典:Amazon

室内で火を取り扱うのが不安な方には、nikomeの新作コンパクトヒーター「MARIKO」がおすすめです。

出典:Amazon

電源を使うので基本的には電源サイトのみでの使用となりますが、最大1000Wと高出力なので狭い範囲なら十分温まりますよ。

ただしコンパクトサイズですし、石油ストーブや薪ストーブに比べるとやはり暖かさは劣ります。

小さな子どもがいる方など、とにかく安全性を重視する方におすすめです!

価格 7,980円
消費電力 最大1000W
サイズ 20×25×22.5cm
重量 約1.5kg

購入者レビュー

デザインにひと目惚れして購入しました。左右の首振りや上下の切り替えもできるのが良かったです。

【おまけ】キャンプ場で足元から温まれる!新作暖房器具

DOD「ROCKET SUBMARINE FOOTBATH!!」

出典:DOD

暖房器具とはいえませんが、DOD(ディーオーディー)からは新作フットバス「ROCKET SUBMARINE FOOTBATH!!」が発売されました。

ロケットストーブを使った足湯を楽しめます。

出典:DOD

五徳を設置することで、シェラカップのお湯を温めることも可能です。

ただし、沸騰させたり調理したりするほどの熱さにはなりませんので、注意してくださいね。また、ススが付くというレビューもありましたので、汚したくないものは置かないようにしましょう。

テント内が温まるような暖房器具ではありませんが、足が温まれば体全身も温まりますよ!

気になる方は是非チェックしてみてください。

価格 24,200円
燃料
サイズ 約33.5×63×56cm
重量 約9.2kg

購入者レビュー

火元が近い分、お湯に浸かっていない部分も温まりました。ただ、足湯が温まるまでは少し時間がかかります。

新作の暖房器具で冬のキャンプも暖かく過ごそう

出典:LOGOS

冬のキャンプには薪ストーブやコンパクトヒーターなどの暖房器具は欠かせません。

デザインにもこだわって選べば、癒されながら体を温められますよ。

ただし、石油ストーブや薪ストーブをテント内で使う場合、一酸化炭素中毒や火災に十分注意しましょう。

寝る前は必ず火を消すようにして下さいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。現在、VANLIFE中で車中泊仕様の愛車バンと全国を旅しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています。