特集

おうちキャンプのススメ!外出せずに気軽にアウトドア気分を味わおう!

出典:instagram@keisuke_kondo

暖かくなり外はキャンプ日和ですが、外出自粛の影響で自由に外出ができませんね。キャンパーの皆様は早く外でキャンプがしたくてうずうずしているのではないでしょうか。

そんな時は自宅で「おうちキャンプ」を楽しむのはいかがですか?「おうちキャンプ」と聞いてピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、特に決まったルールはなく自分の好きなスタイルでアウトドア気分を味わったらOK。

今回はおうちキャンプの3つのスタイルに加えて、自宅でも気分があがるキャンプグッズや簡単なキャンプ飯など、キャンプ場に行けなくても自宅で気軽に楽しめるおうちキャンプについてご紹介します!

おうちキャンプのメリット

出典:photoAC

おうちキャンプは簡単に言うと自宅でキャンプを楽しむというものです。

メリットとしては天候に左右されないこと。いざキャンプに出かけようとして大雨だった時など、テンションも下がってしまいますよね。寒いときのキャンプは荷物も増えます。

ですが、おうちキャンプならそんな心配は一切なし!雨に濡れることも汗をかいてべたつくこともなく、インドア派の方でも楽しめますよ。たくさんの荷物を運ぶ必要もないので、小さなお子様がいるご家庭にとっては嬉しいポイントです。

気軽に非日常空間を作れるので、子どもから大人までおうち時間が楽しくなること間違いなしです!

おうちキャンプ3つのスタイル

自宅と言っても庭付き戸建てに住んでいる方もいれば、賃貸マンションに住んでいる方など様々なので、特に定まったルールはなく自由に楽しめます。

今回は庭・ベランダ・室内の3つの場所でのキャンプスタイルをご紹介したいと思います。

キャンプ場を再現!「庭キャンプ」

出典:instagram@s_m0911

自宅の庭にテントやタープを張って楽しむスタイルです。テントを張るのに十分なスペースがある方は、通常のキャンプにより近い庭キャンプがおすすめです!

外で陽の光や心地よい風を感じながらアウトドア時間を楽しめますが、自宅も側にあるため荷物の運搬や電源の確保が非常に便利です。庭キャンプであれば、近隣の住宅に十分に配慮した上でバーベキューなど火を扱う作業も可能です。

SNSでも話題!優雅に「ベランピング」

出典:instagram@goodluck_field_camp

ベランピングとは、ベランダとグランピングを掛け合わせた造語です。自宅のベランダでキャンプ気分を味わえるので、賃貸マンションやアパートの方でも気軽に楽しめちゃいます。

テントを張るスペースがなくても、アウトドアチェアやテーブルをセッティングしランタンなどを飾れば、あっという間にキャンプ空間のできあがり!

天候に左右されない!「部屋キャンプ」

出典:instagram@keisuke_kondo

部屋の中でキャンプを楽しむスタイルです。雨の日でも暑い日でも快適にキャンプを楽しめます。また賃貸でも持ち家でも、工夫次第で手軽にアウトドア空間を演出できます。

画像のように観葉植物の鉢にランタンスタンドを設置してみても面白いですね。

部屋の中にキャンプ道具を置けない方は、食事をするときの食器をアウトドア用で揃えてみたり普段外で作るキャンプ飯を家の中で作ってみたりと、楽しみ方は様々です!

おうちキャンプの気分をあげるおすすめアイテム【ベスト5】

せっかくなら楽しくおうちキャンプをしたいですよね!

どんなアイテムがあればよりおうちキャンプを盛り上げることができるのか。普段あまりキャンプをしない方からちょっとマンネリ化してきちゃったという方まで、これから紹介するおすすめアイテムをチェックしてみてください!

おすすめアイテム①ワンタッチテント

出典:DOD公式サイト

庭はないけれどベランダや部屋の中でテントに入りたい!という方には、小ぶりのワンタッチテントがおすすめです。小さくて軽く、普段使いのテントよりも気軽に使用できるので、キャンプ気分を味わう演出としてはバッチリです。

お子様はその中でおやつを食べたり、秘密基地のように遊んだり、「テント」というだけでワクワクして過ごしてくれますよ。

おすすめアイテム②ハンモック

出典:PhotoAC

ハンモックに揺られてゆっくりした時間を楽しむのもいいですね。天井から吊るせない方も多いと思うので、うちキャンプでは自立式のハンモックがおすすめです。

簡単に組み立て可能で持ち運びにも便利なので、部屋の中で使いたいときだけ組み立てたり、ベランダに運んでお昼寝もできてしまいます。

おすすめアイテム③ローテーブル

出典:captainstag公式サイト

せっかくおうちキャンプをするなら、普段の食卓とは違うテーブルで食事を楽しみたいですよね。キャンプ用のローテーブルに食事を並べるだけで一気に雰囲気が出てきます。ウッド素材やステンレス素材など様々な種類があるので、好みに合ったものを選んでくださいね!

おすすめアイテム④コーヒーミル

出典:PORLEX公式サイト

手動のコーヒーミルを使って珈琲豆を引き、丁寧に入れたコーヒーを飲むのもおすすめです。おうちキャンプなので手軽に電動のコーヒーメーカーを使ってもいいですが、少し手間をかけて非日常のゆったりした時間を楽しむのもいいですよね。

おすすめアイテム⑤スキレット

出典:PhotoAC

スキレットを使って料理をすると、いつもの何倍も美味しく感じると思いませんか?焚火などの直火でもワイルドに調理ができます。また、保温性が高いためそのままお皿としても使えて便利です。

おうちで簡単キャンプ飯

普段のキャンプで使っている道具でできるキャンプ飯が、おうちキャンプを一段と盛り上げてくれます!火を扱えないような環境でも、家のガスコンロやIHを使って料理をしてみましょう。

定番だけどやっぱり美味しいメスティンで炊いたご飯

定番ですが、メスティンで炊くほかほかのご飯が美味しいですよね。おうちキャンプでも炊飯器ではなくメスティンで炊くと、気軽にキャンプ気分が味わえます。ガス火でもOKですし、シングルバーナーや固形燃料を使ってより外でのキャンプに近い雰囲気を堪能してもいいですね。

スキレットで簡単アヒージョ

保温性抜群のスキレットはアヒージョ作りにぴったり。アヒージョはオリーブオイルににんにくで風味付けをすれば、基本的に中の具材は何を入れてもOK!シーフード、キノコ類、鶏肉など手に入れやすい食材で美味しいアヒージョが作れちゃいます。オイルに浸して食べるバケットも絶品です!

軽食にもおやつにも手軽なホットサンド

出典:PhotoAC

ホットサンドは食パンに好きな具材をはさみ、ホットサンドメーカーでこんがり焼けばできあがり!家のガス火はもちろん、IH対応のホットサンドメーカーもあるので要チェックです。定番のハムたまごから、チョコマシュマロなどデザート系までレパートリーが豊富でいろいろ試してみたくなりますよ!

甘々なアルフォートスモアに癒される

キャンプでスモアをしたい時によくやるのですが、火であぶったマシュマロをアルフォートでサンドします。マシュマロとチョコがとろっと溶けてとても美味しい一品です。マシュマロを少しあぶるだけなのでシングルバーナーで手軽に火を付けるといいかもしれません。

おうちキャンプで気を付けるべきポイント

出典:PhotoAC

ベランダや庭でおうちキャンプをしたいと思ったときに気になるのが、ご近所さんの目。特に賃貸マンションやアパートのベランダは気を付けたほうがいいポイントがあります。マナーや注意点を守っておうちキャンプを楽しみましょう!

火の扱いや煙に注意する

一戸建ての庭や、広いベランダがある住宅は火を扱うこともあるかもしれません。まずは、家が火事にならないように十分に注意しましょう。

バーベキューをする時は煙にのってご近所に灰が飛んでいかないか、煙のニオイ移りがしないかどうか注意が必要です。事前にご近所さんにお声掛けしておくと一番安心です。

大きな声を出さない

楽しくて盛り上がるのはいいことですが、集合住宅では特に声がよく聞こえます。特に夜遅くなると周りが静かになりクレームが入ることもあります。あまり大声で話さず、常識を考えた音量でお喋りを楽しみましょう。

ベランダでは物の置き場に気を付ける

マンションのベランダは火事が起こった時などの避難通路として活用されます。そのため避難経路として使えるよう、「避難はしご」や「蹴破り戸」「脱出口」の近くには物を置かないように注意してください。他にもマンションによって決まりがある場合は、マナーを守って楽しむようにしてくださいね。

まとめ

おうちキャンプを知っておけば、なかなか外に出られない日も自宅で手軽にアウトドア気分を満喫できますよね!マナーはしっかり守り、自分のお気に入りキャンプグッズに囲まれて、おうちキャンプを素敵な時間にしてくださいね!

ABOUT ME
ayanatsu
ayanatsu
アウトドア歴8年のayanatsuです。キャンプでは美味しいご飯やおやつ作りにハマっています。 外で食べるご飯は格別です!パチパチと薪がはぜる音を聞きながらの焚火タイムも大好き。 今後は子連れキャンプ情報なども発信していければと思っています!