小物・その他アイテム

/

虫除けランタンで快適夏キャンプ!効果やおすすめモデルをご紹介!

ZEEN

夏のキャンプシーズン到来でキャンパーと共に行動が活発化する「虫」。

灯りに群がりブンブン飛び回る虫に包囲されながらのキャンプは不快そのもので困りものですね。

そこで今回は、夏キャンプの防虫対策に効果的な「虫除けランタン」をご紹介!

選び方やおすすめ商品を紹介していますので、キャンプで毎回防虫対策に悪戦苦闘しているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

虫除けランタンとは?

出典:SOTO公式Facebook

虫除けランタンとは、防虫効果を兼ね備えたランタンのこと。

テントサイトを明るく照らすランタンに虫除け機能が備わっているので、虫が活発になる夏キャンプの防虫対策に大活躍します。

まずは虫除けランタンについて紹介していきます。

虫除けランタンの種類

虫除けランタンには以下の3つの種類があります。

  • 虫をおびき寄せ撃退する殺虫機能タイプ
  • 虫を寄せ付けないタイプ
  • 虫が嫌うハーブ成分を配合したオイルタイプ

虫除けランタンで最も一般的といえるのがモスキートランタンと呼ばれる「殺虫機能付き」のランタン

コンビニの外灯などと同じ効果があり、灯りでおびき寄せ電気の力で撃退することができます。

またおびき寄せるのとは逆に、虫が群がらない光を発光することで「寄せ付けない効果のあるランタン」や、虫が嫌うハーブ成分が配合された「オイルランタン」などがあります。

光に集まる虫の習性を利用したのが虫除けランタン

虫は光に集まるという習性があります。

これは光ではなく紫外線に反応しているといわれており、虫除けランタンはこの虫の習性を利用することで効果的に防虫対策しています。

キーポイントは紫外線!
  • モスキートランタン・・・虫が好む紫外線でおびき寄せ撃退
  • 虫を寄せ付けないランタン・・・紫外線をカットした光で寄せ付けない

殺虫機能のあるランタンは、虫が好む360nm前後の紫外線を発光することでおびき寄せ電気で撃退。

また虫を寄せ付けないランタンは、虫の好む紫外線をカットした光や、虫が気付きにくいとされるオレンジ系の光を発光することで効果を発揮します。

虫除けランタンの効果的な設置場所

キャンプサイトで防虫効果を発揮するためには、テント周辺から少し離れたところに虫をおびき寄せる虫除けランタンを設置するのがおすすめ

そうすることで虫を集中させることができ、テーブル周辺で快適に過ごすことができます。

テーブルサイトにはメインランタンより光量をさげた虫除けランタンを置くことで明かりを確保。

ただし蚊には紫外線への感受性がないため、蚊取り線香や防虫スプレーで対策するようにしましょう。

蚊取り線香ホルダーで快適キャンプ!吊り下げ式やおしゃれなタイプをご紹介!

虫除けランタンを選ぶときにチェックしたい5つのポイント

出典:写真AC

いろいろ種類があってどれを選んでよいか迷ってしまうという方のために、虫除けランタンを選ぶときにチェックしたい5つのポイントを紹介していきます。

ポイント①:用途

虫除けランタンには、大きく分けて「置き型」「吊り下げ型」の2種類があります。

置き型はテーブルや地面に直置きして使用したいときに便利であり、吊り下げ型はタープやランタンスタンドに吊り下げてメインランタンとして使用するときにおすすめです。

ポイント②:明るさ

虫除けランタンには、テントサイト全体を明るく照らしたいときや手元やテント内で照らしたいときなどにより最適な明るさがあります。

明るさは「ルーメン」という数字で表され、数字が大きい方がより明るく照らすことが可能です。

テントサイト全体を明るく照らす場合は1,000ルーメンを、またテーブル周辺で手元を照らしたい場合やテント内で使用したい場合は300ルーメン程度を目安にするとよいでしょう。

ポイント③:電源

野外で使用する虫除けランタンは、電源にも注目するのがポイント。

虫除けランタンには「充電式」「電池式」「ソーラー式」の3つがあり、使い勝手のよい電源を選ぶようにしましょう。

充電式は手軽で何度も繰り返し使用することができますが、バッテリーが切れると充電する必要があり電源の確保が必要となります。

また電池式は予備を持っていくことで電池が切れてもすぐに使用することが可能。

ソーラー式は電源要らずで充電できるがお天気次第…という特徴があります。

ポイント④:殺虫性能

前述で紹介したとおり、虫除けランタンには殺虫効果のある種類があります。

明かりでおびき寄せたところを電気の力で撃退することができるのでより効果的に使用することができます。

ポイント⑤:防水機能

野外で使用する虫除けランタンに防水機能が備わっていると便利です。

急な天候悪化で雨が降ってきても安心して使用することができます。

また防水機能があれば殺虫効果で汚れた虫の処理も水洗いすることで綺麗に掃除することが可能です。

虫除けランタンおすすめ5選

それではここから、おすすめの虫除けランタンを厳選して5つ紹介します。

購入をご検討の方はお気に入りを見つけてみてくださいね。

おすすめ①キャンプテンスタッグ:LEDバグランタン

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

虫除け対策に有効な誘虫ライトが付いたキャプテンスタッグのLEDバグランタン。

乾電池を必要としないUSB充電式です。高光度LEDを採用し、ハイ・ミドル・ローの3段階に明るさ調整が可能

誘虫ライトモードだとフル充電で約20時間連続使用ができます。

サイズ 外形88×高さ129mm(ハンドル含まず)
重量 210g
材質 本体:ABS樹脂、ホヤ:シリコンゴム、赤外線ライトホヤ:ポリカーボネート

口コミ・レビュー

テントから離れた場所に虫寄せライトとして使用。普段は寝室やトイレの照明にして使え防災用にもおすすめです。

おすすめ②SOTO:虫の寄りにくいランタン

出典:SOTO公式サイト

虫の寄りにくい3つの効果を搭載したSOTOのマントルランタン。

虫の感じにくい波長のオレンジ発光を採用し、市販の蚊取マットが装着できるので虫を寄せ付けません。

リフレクター効果により照らしたい方向を調整可能。CB缶を燃料としているのが特徴です。

サイズ 使用時:直径136×高さ375mm
収納時:直径136×高さ225mm
重量 1.3kg(本体のみ)
材質 本体ケース:樹脂、ハーフスクリーンホヤ:耐熱ガラス、ヘッドカバー:スチール(耐熱塗装)、燃焼筒・フレーム:ステンレス

口コミ・レビュー

大きく重いですが汎用のカセットガスを使えると思うと苦にならない。試しにつけてみたところ非常に明るかった!

おすすめ③Lanktoo:USB充電式防水LEDランタン

出典:Amazon

虫が嫌う波長の光で蚊を退治することができる防水LEDランタン。

キャンプや野営・釣りなどのアウトドアにおすすめです。

12,800mAhの大容量モバイルバッテリーを搭載しているのでスマホなどに充電可能。

5つの調光モードを搭載し、蚊よけモードで約45時間使用できます。

サイズ
重量
電源 USB充電式

口コミ・レビュー

とにかく軽くて一度満充電したら長時間使えるのがよいですね。充電器としても使えるのが便利です。

おすすめ④マグナ:電撃殺虫器LEDランタン

出典:Amazon

集光型の虫が好む紫外線で誘引して撃退する充電式LEDランタン。

IPX6の防水機能を備えており、本体まるごと水洗いすることができます。

手持ちの懐中電灯・テーブルライト・フックで吊り下げるなど3WAYに対応。

2,000mAhのバッテリーを内蔵し、電撃殺虫として最大15時間使用することができます

サイズ 幅8.8×奥行8.8×高さ13cm
重量 200g
電源 USB充電式

口コミ・レビュー

持ち運びも便利で置き型にも吊り下げ型でも使用できて便利です。3段階に明るさの調整もできて災害時の持ち出しにも使えそう。

おすすめ⑤Ujack:蚊取りLEDランタン

出展:Amazon

UVライトで虫を寄せ付けファンで撃退する蚊取りLEDランタン。

殺虫剤を使用しないので小さいお子様がいる場所でも安心して使用できます。

手元を照らすのに最適な暖色ライトを搭載。

内蔵しているスポンジマットにアロマを垂らすことで虫除けとしても使用できます。

サイズ 直径約105mm×高さ約113mm
重量 約289g
電源 USB充電式

口コミ・レビュー

小学生の息子が蚊取り線香を焚くと咳が出てしまうのでテント内の虫対策に悩んでましたが一気に解決!薬剤を使わないので小さい子供がいても安心です。

まとめ

今回は、キャンプの防虫対策で大活躍する虫除けランタンを紹介してみました。

虫除けランタンには虫をおびき寄せて撃退する殺虫タイプと紫外線をカットした光で虫を寄せ付けないタイプがあり、それぞれ用途に応じて防虫効果を発揮します。

ぜひ今回紹介した選び方やおすすめモデルを参考に、快適なキャンプを楽しんでみてくださいね!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!