寝袋

/

夏用シュラフはいらない?夏キャンプにおすすめのシュラフ7選

きなこ

夏のキャンプや登山に必要な夏用シュラフ。

商品によって性能が異なるだけでなく、コールマンやモンベル、ナンガなど様々なメーカーから販売されており、どれが良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、夏用シュラフの必要性とおすすめの商品を紹介します!

コスパの良いアイテムから本格派の商品まで、幅広くピックアップしたのでシュラフ選びの参考にしてください。

夏用シュラフはいらない?夏用シュラフの必要性とは

そもそも夏のキャンプにシュラフ(寝袋)は必要なのでしょうか?夏は蒸し暑いし、タオルケットでも事足りるような気がしますよね。

私の答えとしては、夏用シュラフは必要です!

理由は、夏のキャンプでは標高の高い場所を選びがちだから。

低地でのキャンプであれば問題はありませんが、標高の高いキャンプ場では夜かなり冷え込みます。

天候も変わりやすく、昼夜で気温が大きく変化するため、温度調節ができるように1つは持っていくようにしましょう。

夏用シュラフおすすめ7選

Coleman「パフォーマーⅢ」

出典:Coleman

Coleman(コールマン)の夏用シュラフ「パフォーマーⅢ」は、快適温度15℃以上の封筒型シュラフです。

出典:Coleman

洗濯機で丸洗いができるので、清潔に使用できます。

出典:Coleman

内側にはスマホを入れるポケット付き。

使える時期は限られていますが、価格が安いため初めての夏キャンプにおすすめです!

サイズ(使用時) 約80×190cm
サイズ(収納時) 約φ16×40cm
重量 約890g
素材 ポリエステル
快適温度 15℃以上

購入者レビュー

夏のキャンプで使用しました。長袖を着て寝て丁度良い温度でした。コスパは良いと思います。

CAPTAIN STAG「モンテ 洗えるクッションシュラフ」

出典:CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の夏用シュラフ「モンテ 洗えるクッションシュラフ」は、使用温度目安12℃以上の封筒型シュラフです。

出典:CAPTAIN STAG

未使用時、クッションとして収納できるのが魅力。

中綿には丸洗いできるウルトラファインファイバーを使用しており、洗濯機でお手入れができます。

出典:CAPTAIN STAG

おしゃれなシュラフを探している方におすすめです!

サイズ(使用時) 約80×190cm
サイズ(収納時) 約43×43×18cm
重量 約1300g
素材 ポリエステル
使用温度目安 約12℃以上

購入者レビュー

収納時にクッションとして使えるのが良いです。洗濯機で丸洗いできて清潔に使える点も気に入っています。

LOGOS「抗菌防臭 丸洗いシュラフ・15」

出典:LOGOS

LOGOS(ロゴス)の夏用シュラフ「抗菌防臭 丸洗いシュラフ・15」は、快適温度15℃以上の封筒型シュラフです。

マスタードイエローの色みがかわいいですよね。

出典:LOGOS

抗菌・防臭機能付きなうえ、洗濯機で丸洗いが可能です。

洗濯を50回以上しても抗菌効果を維持できるので、安心してお手入れができます。

出典:LOGOS

同シリーズで連結して使うこともできるので、家族キャンプにもおすすめです。

サイズ(使用時) 約75×185cm
サイズ(収納時) 約φ19×37cm
重量 約1000g
素材 ポリエステル
快適温度 約15℃以上

購入者レビュー

色がかわいいなと思い購入しました。9月のキャンプでは朝方寒かったので、完全に夏用です。内側がツルツルなのですが、程よくひんやり感じます。

ワークマン「BASICスリーピングバッグ」

出典:ワークマン

ワークマンオリジナルブランド「FieldCore(フィールドコア)」の夏用シュラフ「BASICスリーピングバッグ」は、快適温度13℃以上の封筒型シュラフです。

税込1,500円ととにかく安く、手軽に購入できます。

出典:ワークマン

ダブルファスナー仕様で、気温の変化にあわせて温度調節を行えるのが魅力です。

出典:ワークマン

収納袋にはパススルーベルトが付いており、コンパクトに収納が可能。

WEB限定商品なので、詳細はワークマンの公式オンラインストアをチェックしてくださいね!

詳しくはこちら:ワークマン

サイズ(使用時) 71×188cm
サイズ(収納時) 約φ24×32cm
重量 1290g
素材 ポリエステル
快適温度 13℃以上

購入者レビュー

コスパがかなりいいと思います。低価格でありながら、生地も加工もしっかりしています。秋口くらいまでは使えそうです。

NANGA「マウンテンロッジバッグ 200」

出典:NANGA

NANGA(ナンガ)の夏用シュラフ「マウンテンロッジバッグ 200」は、快適温度11℃以上のマミー型シュラフです。

スペイン産ダックダウンを200g使用しており、適度な暖かさがあります。

収納サイズはφ13×20cmと少し太めのペットボトル程度で、持ち運びやすいのが魅力です。

今回紹介したシュラフの中では最も軽量な商品となっています。

夏の登山、ツーリングなどにおすすめです!

サイズ(使用時) 80×210cm
サイズ(収納時) φ13×20cm
重量 約585g
素材 ダウン
快適温度 11℃以上

購入者レビュー

120のタイプと迷いましたが、200にして正解でした。軽量でコンパクトなのに、しっかり羽毛が入っておりそれなりに暖かいです。夏だけでなく3シーズン使えると思います。

mont-bell「ダウンハガー650 #5」

出典:mont-bell

mont-bell(モンベル)の夏用シュラフ「ダウンハガー650 #5」は、快適温度8℃以上のマミー型シュラフです。

今回紹介した中では一番暖かく、初夏から秋口まで少し長めに使用できます。

出典:mont-bell

造りに「スーパースパイラルストレッチシステム」を採用しており、伸縮性に優れているのが魅力です。

コンパクトかつ軽量なので、夏の縦走、キャンプにおすすめです。

適応身長 183cm
サイズ(収納時) φ14×28cm
重量 599g
素材 ダウン
快適温度 8℃以上

購入者レビュー

軽量かつコンパクトなので夏用に購入しました。ストレッチ性にも優れており眠りやすかったです。

Coleman「マルチレイヤースリーピングバッグ」

出典:Coleman

番外編として紹介したいのが、Colemanの「マルチレイヤースリーピングバッグ」。こちらは、4シーズン使える万能シュラフです。

出典:Coleman

レイヤーの組み合わせによって快適温度-5℃から12℃まで調節できます。

出典:Coleman

ウォッシャブルのため、洗濯機での丸洗いにも対応。

オールシーズンキャンプを楽しむ方におすすめです!

サイズ(使用時) 約90×200cm
サイズ(収納時) 約52×29×38cm
重量 4.9kg
素材 ポリエステル
快適温度 -5℃以上

購入者レビュー

オールシーズン使えてこの価格は安いと思います。布団のような寝心地で暖かいです。ただ、大きさはかなりあります。

快適に眠れる夏用シュラフをゲットしよう!

夏のキャンプでも標高が高い場所では、昼夜の気温差が大きくなります。

必要ないと思っていても、一つ持っておけばいざというときに安心ですよ。

自分のキャンプスタイルに合わせて、ぴったりの夏用シュラフを見つけてくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

きなこ

生まれたときからキャンプ場を連れまわされ、気づいたら私もキャンプ好きに。現在、VANLIFE中で車中泊仕様の愛車バンと全国を旅しています。わかりやすく、ためになるような記事を目指しています。