バーベキュー

/

使い捨てインスタントコンロおすすめ5選!使い方や捨て方もご紹介!

ZEEN

キャンプ料理の超定番であるバーベキュー。

しかしコンロや炭など買い揃えるのが面倒で火起こしが大変という方が多いのでは?

そんなときは、使い捨てできる「インスタントコンロ」があると便利です。

インスタントコンロがあれば、炭や焼き網・着火剤がすべてセットになっているので着火するだけで手軽にバーベキューを楽しむことができます。

そこで今回は、サクッと手軽にバーベキューが楽しめる「インスタントコンロ」をご紹介!

「使い方」や「おすすめのインスタントコンロ」、また「捨て方」まで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

使い捨てできるインスタントコンロとは?

出典:Amazon

インスタントコンロとは、サクッとバーベキューが楽しめる使い捨て簡易コンロのこと。

アルミ泊の容器に炭や焼き網・着火紙がセットになっていて、火を付けるだけで手軽にバーベキューを楽しむことができます。

まずはインスタントコンロのメリット・デメリットを紹介していきます。

インスタントコンロのメリット・デメリットとは?

インスタントコンロの最大のメリットは、着火するだけで簡単にバーベキューが楽しめること。

また使い捨てできるので網やグリルを洗うなど面倒な後片付けの必要がありません。

インスタントコンロのメリットは?
  • 火起こし要らずですぐバーベキューが楽しめる
  • 使い捨てできるので面倒な後始末が不要
  • 手軽に持ち運びできる

その反面、簡易的なコンロなので燃焼時間が短く複数名での使用には不向きというのがデメリット。

インスタントコンロのデメリットは?
  • 燃焼時間が短い
  • 着火してから熾火になるまで時間がかかる
  • 焼き面が小さく1〜2人分しか使えない

多くのインスタントコンロは約1〜1.5時間の燃焼時間が一般的であり、着火して熾火になるまで15分程度かかるので、実際調理できるのは約1時間前後となります。

しかしサクッと手軽にバーベキューを楽しむには最適であり、お手頃価格で購入できるので燃焼時間が気になる場合は予備でもう一個準備しておくとよいでしょう。

インスタントコンロの使い方は?

出典:Amazon

インスタントコンロの使い方は至って簡単です。

  1. 本体に付属しているスタンドをセット
  2. 炭と一緒に入っている着火紙に火をつける
  3. 熾火になるまで10〜15程度待てば準備完了

鍋焼きうどん(インスタントタイプ)などに使われているアルミ箔の容器に「炭」と「ペーパータイプの着火紙」が入っているので網越しにライターやマッチで火を付けるだけ

着火して炭全体に火が行き渡り、熾火になるまで約10〜15分ほど待てばバーベキューを楽しむことができます。

無敵の火起こしアイテム!SOTO充填式ガストーチの人気の理由やおすすめ機種をご紹介!

おすすめのインスタントコンロ5選

それではここから、おすすめのインスタントコンロを紹介していきます。

おすすめ①バンドック インスタントコンロ燃料入り BD417

出典:BUNDOK公式サイト

どこでも手軽にバーベキューが楽しめるBUNDOKのインスタントコンロ。

付属のスタンドにセットしワックス紙に着火するだけでバーベキューを楽しむことができます。

約1.5〜2時間の燃焼時間に対応。

1~2人のときにオススメです。

サイズ 約270×215×70mm
重量 660g
燃焼時間 約1.5〜2時間(燃焼条件により異なります)

口コミ・レビュー

100均で売っているコンロと違って着火紙が飛び出しているので火が付けやすく、ちょっとした気遣いが大満足。

おすすめ②キャプテンスタッグ インスタントグリル M6463

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

鹿番長でお馴染みのキャプテンスタッグから発売されているインスタントグリル。

石炭の入って本体に、バーベキュー網と着火紙・スタンドがセットになっています。

約1時間30分燃焼することが可能。お手軽価格でバーベキューが楽しめます。

こちらも1~2人の時に使用するのがおすすめです。

サイズ 幅270×奥行220×高さ55mm
重量 670g
燃焼時間 約1時間30分(燃焼条件によって異なります)

口コミ・レビュー

点火は簡単だし火力もそこそこあって価格も安くとても使いやすい。風が強いときは何か風よけが必要です。

おすすめ③カサスグリル クラフトグリル

出典:Amazon

すべて天然素材で作られたカサスグリルのおしゃれで自然に優しいクラフトグリル。

FSC認定のダンボールをグリル本体に、竹炭・火山石・竹で作られているのが特徴です。

四隅の竹炭に着火し約5分で準備完了。

約60分バーベキューを楽しむことができます。

サイズ 幅315×奥行255×高さ117mm
重量 約1kg
燃焼時間 約1時間

口コミ・レビュー

ベランダバーベキューに最適!満足いく焼き上がりと煩わしい後片付けから開放してくれます。ほかのインスタントコンロに比べておしゃれで可愛い!

おすすめ④ハック インスタントBBQコンロデラックス

出典:Amazon

超BIGサイズのインスタントBBQコンロデラックス。

複数名で手軽にバーベキューを楽しみたいときにおすすめです。

炭・着火剤・網・スタンドがセットになっているのでこれひとつで調理が可能。

約1.5時間バーベキューを楽しみことができます。

サイズ 幅480×奥行310×高さ90mm
重量 約1.4kg
燃焼時間 約1.5時間

口コミ・レビュー

着火も簡単で焼きも順調でしたが野菜や椎茸を焼きだしたら火力が落ちだしました。それ以外は最高!次は野菜用にコンロをもうひとつ準備したいと思います。

おすすめ⑤コーナンオリジナル BIGインスタントグリル(使い捨てタイプ)

出典:コーナンeショップ

コーナンオリジナルのBIGインスタントグリル。

家族やグループでサッとバーベキューを楽しみたいときにおすすめです。

コンロ・炭・網・着火紙・スタンドと必要なすべてが揃っており、これひとつで調理が可能。

お手軽なお値段も魅力です。

サイズ 幅475×奥行305×高さ90mm
重量
燃焼時間 約1.5〜2時間(目安)

口コミ・レビュー

着火剤に火を付けると10分ぐらいで炭がよい感じになりました。しかし燃料の染み込んだシートや炭の不自然な臭いが気になった。

炭の捨て方は?まとめて捨てても大丈夫?

出典:写真AC

インスタントコンロを捨てる場合は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 炭は完全に消化したことを確認してから捨てる
  • 炭や焼き網・アルミ箔などしっかり分別して正しく捨てる

使用した炭は必ず火が消えていることを確認してから捨てるのが大事なポイント。

キャンプ場なら所定の灰捨て場、それ以外は持ち帰って可燃ごみとして処分します。

またアルミ箔や焼き網・スタンドなどは分別して、お住まいの各自治体の指示に従って正しく処分するようにしましょう。

まとめ

今回は、手軽にバーベキューが楽しめるインスタントコンロを紹介してみました。

炭や焼き網・着火紙など必要なすべてが揃ったインスタントコンロは着火するだけでサクッとバーベキューを楽しむことができ、面倒な後片付けが必要なく、使い捨てできるので手軽にキャンプ調理を楽しむことができます。

今回紹介したおすすめのインスタントコンロを参考に、手軽にキャンプライフを楽しんでみてくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!