キャンプ飯

スキレットを使ってへやキャンプを楽しむ!いろいろな簡単レシピに挑戦してみた

こんにちは、もめ(@momecamp0121)です!

最近私は、家でスキレットを使ってちょっとした料理を作ることにはまっています。スキレットを使うと、なんだかキャンプをしている気分になれるのでとっても楽しいんです。

今回はそんな私がいくつか実際に作ったスキレットのレシピを紹介します。

どれも簡単なものばかりなので、へやキャンプはもちろん、実際のキャンプでもぜひ作ってみてくださいね。

スキレットならオシャレでおいしい料理が簡単に楽しめる!

スキレットとは、鋳鉄製のフライパンのことで、分厚いため熱がじっくり均一に伝わり美味しく調理することができる調理器具。

小ぶりでとてもずっしりしているのも特徴ですね。

15cm~20cm 程度のものが多く、ニトリや100円ショップでも安く購入することができ、普段の料理でも大活躍。

私の考えるスキレットのメリットは5つ。

メリット
  • 調理した後にそのままおしゃれなお皿になる
  • 焼く・炒める・煮る・オーブンなどなど様々な調理に対応できる
  • しっかり熱を保持してくれるから熱々の状態で食事ができる
  • お手入れの育てている感が楽しい
  • ソロキャンプにサイズ感がピッタリ

キャンパーなら一つ持っておいて損はない、そんなアイテムです。

全く焦げ付かない、優秀なフライパンですよっ

 

簡単に作れるスキレットレシピ【5選】

それでは私が実際に作った、スキレットを使った簡単なレシピを紹介します。
もう一品食べたい!というときに重宝するレシピばかりなので、ぜひ参考してみてくださいね!

以下のレシピで使用しているスキレットは、100円ショップで買った16cmのものです。大きさは下のキャプテンスタッグのスキレットと同様です。参考にしてください。

アヒージョ

キャンプの時に作った写真

スキレットと言えばアヒージョ!自分好みの具材で楽しむのがおすすめです。

材料(1人分)

  • ニンニク・・・一欠
  • オリーブオイル・・・大さじ6
  • 塩・・・少々
  • ジャガイモ・・・1/2
  • ウインナー・・・2~3本

作り方

  1. ニンニクはみじん切り、ジャガイモとウインナーは一口大にカットする
  2. ジャガイモは下茹でしておくか、レンジで柔らかくするのでもOK
  3. オリーブオイルをスキレットに入れ、ニンニクの香りが移るまで炒める
  4. 香りが移ってきたら塩、ジャガイモとウインナーを入れ、弱火で煮込む(この時、お好みで唐辛子を入れても美味しいですよ)
  5. 5分程度煮込んだら完成

具材は自分の好みのものに変えていいですし、追加でパンと一緒に食べるととっても美味しいですよ。

クリームリゾット

クリームリゾットもスキレットでおしゃれな見た目に!キャンプではお米を炊く手間がなくなるので、嬉しいですね。

今回は、キューピーのパスタソース「クリームパスタの素」を使ってみました。

材料(1人分)

  • キューピー3分クッキング フライパン1つで!「クリームパスタの素」・・・1袋
  • 米・・・0.5合
  • 玉ねぎ・・・1/4コ
  • ウインナー・・・1本
  • 水・・・適量(250~500mlくらい?)
  • パセリ・・・適量

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りに、ウインナーは小さめに輪切りにする
  2. 熱したスキレットにオリーブオイルを引いて、1を炒める
  3. 玉ねぎが透明になってきたら米を洗わずに入れて炒める
  4. お米が透明になってきたら水50mlとクリームパスタの素をいれ、時々混ぜながら弱火で煮込む。
  5. お米が水を吸って、少なくなってきたら都度25mlづつ水を追加していく。
  6. お米が少し芯が残るくらいのアルデンテになったら、最後の水を追加して煮込み、フォークですくっても落ちないくらいの粘り気まで水分を飛ばしたら完成。
  7. パセリで飾り付け

餃子

オンライン飲み会のおつまみにぴったりの餃子も、スキレットで作ればパリパリの羽根つき餃子が簡単に作れちゃう♪スキレットは熱を逃がしづらいので、出来立て熱々の餃子をいつまでも楽しめますよ。

材料(1人分)

  • 大阪王将 羽根つき餃子・・・6コ

作り方

  1. スキレットに餃子を敷き詰め、底に火が触れるくらいの火力焼く。
  2. 水分が減って焦げ目がついたら完成

最近の餃子は、油、水、蓋が無くても作れちゃうらしいです。技術の進歩がすごい…!失敗する心配がどんどんなくなっていきますね。

今回16cmのスキレットを使用していますが、このサイズだと餃子を同時に6コ焼くことが出来ます。オツマミにちょうどいい数ですね♪

ジャーマンポテト

同じくおつまみにぴったり、ジャーマンポテト。シンプルだけどお箸が止まりません。

材料(1人分)

  • ジャガイモ・・・1/2コ
  • ベーコン・・・60g
  • 玉ねぎ・・・1/2コ
  • 塩コショウ・・・適量
  • コンソメ(顆粒がおすすめ)・・・適量
  • パセリ・・・適量
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • ニンニク・・・1欠片

作り方

  1. 玉ねぎは薄切り、ジャガイモとベーコンは一口大にカットする
  2. ジャガイモは下茹でか、電子レンジで柔らかくする
  3. 熱したスキレットでオリーブオイルとニンニクを炒めて香りを移す
  4. オイルに香りが移ってきたら、具材を入れて炒める
  5. 玉ねぎが透明になってきたら、コンソメと塩コショウを振ってさらに炒める
  6. 最後にパセリを絡めて完成

ミートドリア風

出典:筆者Twitter

パスタソースを作ってミートドリアも作れます。自宅なら、魚焼きグリルやオーブンを使用することで簡単に作れちゃいますよ♪

材料(1人分)

  • ご飯・・・茶碗一杯分
  • キューピー あえるパスタソース「ミートソース フォン・ド・ボー仕立て」・・・1袋
  • シュレッドチーズ・・・適量
  • パセリ・・・適量

作り方

  1. 熱したスキレットにオリーブオイルを引く。
  2. 一旦火を止め、ご飯を敷き詰める
  3. ご飯の上にミートソースを均等にかけて、チーズを上から振りかける
  4. 魚焼きグリルでチーズがとろけて、軽く焦げ目がつくまで焼く
  5. 最後にパセリで飾り付けて完成

パスタソースを使うので簡単!しかも悪魔的な美味しさです。

とろけるチーズは食欲をそそりますよ。

スキレット一つで簡単!へやキャンプでもアウトドア気分を楽しもう!

今回紹介したものは、どれも簡単なものばかりですが、スキレットを使うだけでなんだか豪華なおつまみやご飯に見えてきませんか?

キャンプではもちろん、へやキャンプでも大活躍なスキレット、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。紹介したレシピもぜひ作ってみてくださいね!

ABOUT ME
もめ
もめ
ゆるキャン△のしまリンに憧れて、2019年冬にキャンプデビュー。ソロキャンプや一人旅が大好きです。バイクの免許を取ってキャンプツーリングの旅に出るのが直近の目標。キャンプや一人旅についてのブログも運営中(https://momesolo.com/)。