自動車

【2020】家族連れ必見!車中泊におすすめのミニバンを大紹介!ミニバンで快適に車中泊をするためのコツも大紹介!

近年、施設の充実した高速道路のサービスエリアやRVパークと呼ばれる道の駅の増加により、車で宿泊しながら旅を楽しむ車中泊が注目を集めています。時間に縛られずに旅費まで節約できる車中泊はお子様のいる家族連れにはうってつけの方法です。

ファミリーカーといって一番最初に頭に浮かぶのがミニバンですよね。実はミニバンは車中泊を行うにあたって最も最適な車なのです。今回は快適に車中泊できるおすすめの最新ミニバンの紹介と、車中泊を快適にするためのコツを徹底解説していきます。

ミニバンが家族連れの車中泊に向いている理由

出典:HONDA公式サイト

車中泊に向いているミニバンは、中型のサイズミニバンとスーパーハイトワゴンと呼ばれる軽ミニバンがあります。4人家族以上なら中型ミニバン、3人家族なら軽ミニバンでも車中泊は可能です。

ミニバンは何故、家族連れの車中泊に向いているのか、その理由を紹介していきます。

理由①シートアレンジが豊富

出典:日産自動車公式サイト

ミニバンのシートアレンジは様々です。写真は就寝時によく使われるシートアレンジ(フルフラットモード)です。家族4人がくつろげる室内の広さはミニバンならではです。

ミニバンでは2列目と3列目のシートをつなげる形が多いですが、最近人気のスーパーハイトワゴンなどの軽ミニバンは1列目と2列目のシートをつなげる形が多いです。シートをフラットにできる機能は車中泊に必須です。

写真はフルフラットシートを就寝時にアレンジしたものです。まるで寝室のようですね。

理由②車中泊向けのグッズが多い

出典:西尾張三菱自動車公式サイト

車中泊の普及により、各自動車メーカーが専用ベットキットや遮光カーテンなどのオプションを展開しています。さらにネット通販でも様々な車中泊グッズを手に入れることができます。

出典:日産自動車公式サイト

このシートテーブルの機能はミニバンならではです。子供連れには嬉しい機能ですね。ミニバンは他の車種に比べて、特に車中泊グッズが多く展開されているのです。

理由③使いやすい車両サイズ

出典:Flickr

ミニバンは車両サイズが大きいイメージがありますが、運転席からの視界の広さや最小回転半径が小さく、実は女性でも運転がしやすい車です。軽ミニバンなら、さらに使いやすいです。家族連れの奥様が日常でも使いやすいのは大きなメリットです。

車中泊におすすめのミニバン7選


それでは早速、車中泊歴7年の私が車中泊におすすめのミニバンと軽ミニバンを紹介させていただきます。

おすすめミニバン①日産セレナ

出典:日産自動車公式サイト

マイナーチェンジによりフロントグリルのデザイン変更と、自動ブレーキや自動運転追従型オートクルーズなどの先進の安全装備が追加されたセレナは、燃費の良いハイブリットタイプも選ぶことができ、家族層に絶大な人気をほこる車種です。

日産セレナが車中泊に向いているポイント

出典:AUTECH JAPAN公式サイト

セレナはミニバンクラス1位の室内の広さと家族向けの快適装備が充実しています。シートアレンジも豊富ですが、フルフラットシートには多少の段差が発生します。その段差を解消できるベットキットのオプションがあります。

段差があるのと無いのでは寝心地が格段に違います。家族連れや車中泊初心者にはおすすめの装備です。

おすすめミニバン②日産NV200

出典:日産自動車公式サイト

意外と知られていないNV200。実は車中泊ユーザーに人気の高い車種なのです。元々が商用車なので荷物の積載能力が高く、価格も他のミニバンより価格もリーズナブルです。7人乗りの3列シート仕様も発売されています。

日産NV200が車中泊に向いているポイント

出典:AUTECH JAPAN公式サイト

 

NV200にはAUTECHからマルチベットワゴンというモデルが発売されています。5人乗車でテーブルなどのキャンピングカー顔負けの装備も充実しています。家族連れや車中泊初心者におすすめです。

おすすめミニバン③三菱デリカD5

出典:三菱自動車公式サイト

悪路走破性の高いデリカD5、アウトドアユーザーに絶大な人気があります。自動ブレーキや追従型オートクルーズなどの先進の安全装備も充実。家族連れのオートキャンプでの車中泊でも活躍します。

三菱デリカD5が車中泊に向いているポイント

出典:三菱自動車公式サイト

デリカD5には車中泊向けの「コンフォートパッケージ」というオプションが選べます。シートの段差を解消するクッションとサイドカーテンと専用のワンタッチシェードがセットになっています。家族連れや車中泊初心者におすすめです。

おすすめミニバン④ホンダフリード

出典:HONDA公式サイト

「絶メシロード」という車中泊グルメドラマにも登場したホンダフリード。燃費の良いハイブリットタイプも人気があります。コンパクトな車両サイズで日常使いにも非常に便利です。5ナンバーで維持費も経済的です。

車の見た目より広い室内空間や自動ブレーキや追従型オートクルーズなどの先進の安全装備も充実しています。

ホンダフリードが車中泊に向いているポイント

出典:HONDA公式サイト

フリードは2列目と3列目のシートを倒すと完全なフルフラットになります。完全に段差の無い形にできるのは、車中泊での就寝時には大きなメリットです。マットや寝袋を使えば寝心地は格段に上がります。家族連れや車中泊初心者におすすめです。

おすすめミニバン⑤ホンダステップワゴン

出典:HONDA公式サイト

老舗のミニバンであるステップワゴンの5代目のモデルです。燃費の良いハイブリットタイプも選ぶことができます。自動ブレーキや追従型オートクルーズなどの先進の安全装備も充実しています。

低床による室内空間の広さや収納性能を兼ね揃えており、相変わらずミニバンの中でもトップクラスの人気ぶりです。家族層に絶大な人気のある車種です。

ホンダステップワゴンが車中泊に向いているポイント

出典:HONDA公式サイト

 

ステップワゴンは3列目のシートが床下に収納できるので室内空間を広く使えます。さらにオプションにシートの段差を解消する連結クッションがあります。

オプションで専用カーテンやプライバシーシェード、ハンモック型のテーブルなどの車中泊グッズも充実しています。家族連れや車中泊初心者におすすめです。

おすすめミニバン⑥ダイハツウェイク

出典:ダイハツ工業公式サイト

ウェイクだよ!のCMでおなじみの軽ミニバンのダイハツウェイク。自動ブレーキなどの先進の安全機能を装備。アウトドアに似合うビジュアルと軽自動車とは思えない室内空間の広さやアウトドアの快適性を追求した装備が盛りだくさんです。キャンパーやアングラーに根強い人気のある車種です。

ダイハツウェイクが車中泊に向いているポイント

出典:ダイハツ工業公式サイト

ウェイクのシートアレンジは段差がほとんどないのと2215ミリの長さがあり、大人でも足を伸ばして横になることができます。室内高1455ミリと高いため、圧迫感を軽減してくれます。小さな子供のいる家族3人でならギリギリ就寝できる広さです。

段差を解消するオプションのジョイントクッションを使えばさらに快適に就寝できます。おすすめです。

おすすめミニバン⑦ホンダN-BOX

出典:HONDA公式サイト

N-BOXは軽ミニバンスーパーハイトワゴンの元祖とも言える車種です。室内空間の広さはもちろん、自動ブレーキなどの先進の安全機能を装備。シートバックテーブルなどの快適装備も充実している人気の車種です。

ホンダN-BOXが車中泊に向いているポイント

出典:HONDA公式サイト

N-BOXは1列目と2列目と荷室のシートアレンジで段差のないフルフラットを実現。長さは2000ミリと大人も十分足を伸ばせるサイズで幅も1120ミリと軽自動車とは思えない十分な広さを作り出すことができます。小さな子供のいる3人家族ならギリギリ就寝できる広さです。

車の維持費を押さえたい、でも車中泊に使いたいという人におすすめの車です。

車中泊を快適にするコツとおすすめグッズ

車中泊におすすめのミニバンはいかがでしたでしょうか?さらに車中泊を快適にするコツをおすすめグッズと共に紹介していきます。

おすすめ車中泊グッズ①ポータブルバッテリー

車中泊時には車のエンジンを止めなければなりません。ポータブルバッテリーがあればパソコンやDVDプレーヤーなどの家電製品を使うことができたり、ゲームやスマートフォンの充電の心配がなくなります。

最近では電気ポットや車載冷蔵庫などの消費電力の高い電気製品が使えるバッテリーも発売されています。夏場は扇風機、冬場は電気毛布なども使えます。車中泊を快適に過ごすには必須のグッズです。

おすすめ車中泊グッズ②寝袋

出典:Flickr

車中泊をするときは準備に時間をかけないようにするのが快適に過ごすコツです。そのため寝袋は必須です。封筒型やマミー型があり、キャンプなどのアウトドアで使われることが多いです。

メリットとしては、小さく収納でき、準備も楽に素早くできることです。さらに保温性も抜群です。まさに車中泊向けのグッズですね。

おすすめ車中泊グッズ③マット

出典:楽天市場

シートアレンジでフルフラットして専用のベットキットを使っても、寝床が硬いと寝心地が悪くなります。車中泊で疲れてしまっては意味がありません。快適な就寝を導くコツはネット通販などで手に入る車中泊マットを使用することです。インフレータブルタイプのマットは特にやわらかく寝心地も良いです。

布団でもいいのですが、マットの方が収納が小さくできるメリットがあります。車中泊にはぜひ用意しておきたいグッズです。

おすすめ車中泊グッズ④遮光カーテンとプライバシーシェード

出典:HONDA公式サイト

車中泊中の安全性を確保するために、車内を完全に見えなくする遮光カーテンは1番大事な車中泊グッズです。遮光性が高いものを選ぶのが大事です。プライバシーの確保は快適に車中泊を過ごすためには最優先です。

出典:HONDA公式サイト

写真はプライバシーシェードです。吸盤でガラスに貼り付けるタイプのものが多く、カーテンに比べて断熱性があるので冬場の車中泊などにおすすめです。

家族で車中泊旅行に出かけよう!

車中泊を快適に過ごす方法をミニバンに注目して書いた記事でしたが、いかがだったでしょうか?車中泊ができれば多くの経費や時間を節約できます。余ったお金をおいしい食事に回したり、余った時間を他の観光スポットに使うことができれば更に充実した楽しい旅行になることでしょう。ぜひ家族連れで快適な車中泊の旅にでかけましょう。

ABOUT ME
yusan camp
yusan camp
東京都在住のおじさんキャンパーです。愛車のポップアップルーフ付きのデリカD5でアウトドアや釣りや車中泊を楽しんでいます。アウトドアの魅力をたくさん伝えていきたいです。