焚火台

/

超軽量&コンパクトな焚火台「3FULLGEAR(スリーフルギア)」が先行販売を開始

campballoon
campballoon

焚き台・コンロ・網焼きが1つになった3in1BBQコンロ「3FULGEAR(スリーフルギア)」がGREEN FOUNDINGで先行販売を開始しました。

昨今ブームとなっているキャンプ。キャンプにはそれぞれのスタイルがありその中でもソーシャルディスタンスを意識したソロキャンプがブームになっています。

更にはソロキャンプの中でもそれぞれがキャンプギアを用意して人との距離を保ちながら楽しむグループソロキャンプもその中の一つです。

ソロキャンパーの中でも需要のあるコンパクトサイズの3FULGEAR(スリーフルギア)は1人3役の調理器具として重宝すること間違いなし。

折りたたみサイズが厚さ2cmに

1枚1枚分解することが出来、その収納サイズはたったの2cm。

コンパクトに収納することが出来るのでバックパックの隙間に忍ばせて持ち運ぶことが可能なため様々な移動手段でも大活躍してくれることでしょう。

全てが耐久性を確保しつつ薄く作られており重ねても厚みが2cmに満たないサイズ感でその重さは470gと500mlのペットボトルよりも軽くツーリングやサイクルキャンプに最適。

3方向をブロックして強風から守ってくれる

小さいサイズの焚火台では火のおよぶ範囲が狭いため風は大敵となります。

3FULGEAR(スリーフルギア)は3方向からの風をシャットアウトしつつ穴の開いた底板から風を取り込み火力を損なうことなく焚火を楽しむことが出来ます。

目的に合わせて使える耐久性のあるステンレスor軽量チタン

3FULGEAR(スリーフルギア)では、2つのサイズ(M・L)と2つの素材(ステンレス・チタン)の全4種類が販売されます。

ソロキャンプや2人など少人数で楽しみたい方はMサイズを、家族や友人たちと楽しみたい方はLサイズと目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

上質な304ステンレス製

一般的に売り出されている430ステンレスよりも上質な304ステンレスを使用。

よりツヤや強度、保温性、サビにくさがUPし、さらに快適な使い心地となっておりこれまで以上に長く使えるようになっております。

最上位チタンもラインナップ

安価なステンレス製焚火台に加え、最上位モデルとなるチタン製焚火台もラインナップ。

チタンは鉄やステンレスと比べると軽く、強度もよりUPした素材となり携帯性を求める方には最適なモデルとなっております。

ステンレス製・チタン製どちらもコンパクトで軽量ですが、耐荷重はなんと15kg。
焚火台の上にダッチオーブンを載せて食材をたっぷり入れても大丈夫な耐久性を誇っています。

1枚1枚分解できるから掃除が楽に

薪や炭を長時間使用する焚火台は後片付けも大変になります。

しかし3FULGEAR(スリーフルギア)では1枚1枚分解することが出来るので隙間の汚れを漏れなく掃除することが出来ます。

分解できることのメリットの一つに隙間に水分が付着しないことが挙げられます。
金属製なので水分が表面に付着した状態が長く続くとサビが発生しそこから脆くなってきます。

分解できるということはメンテナンス性にも収納性にも富んでいると言えるでしょう。

組み立てもそれぞれの板を合わせるだけなのでとても簡単。
固定ピンがついているのでグラつきも防止してくれます。

豪華な7つの付属品もついてくる

収納用ナイロンバッグ

1000Dの厚めのナイロンバッグ。上部には取っ手がついているので掛けることも可能。

2種類の焼き網

スタンダードな長方形の焼き網でBBQや焼き鳥を取っ手付きの長方形焼き網で焼き魚を楽しむことが出来ます。

安全に楽しむための軍手

やかんの蓋など素手で触るには熱い時に重宝する軍手で安全にキャンプを楽しむことが出来ます。

アルミホイル・紙袋

アルミホイルを使ったホイル焼きを作ったり、紙袋はゴミ袋や焼き芋を保管するのに重宝しそうですね。

専用トング

BBQでの必須アイテムであるトングも付属しています。

購入方法はこちらから

高品質でコンパクトな焚火台は長く使えるため1台は持っておきたいもの。

軽量コンパクトで高品質な焚火台でキャンプライフのお供としてご愛用するのはいかがでしょうか?

購入方法はこちらから

https://greenfunding.jp/afustore/projects/4621

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

campballoon

campballoon

編集部です。 インスタでは「#キャンプバルーンフォト」をつけて投稿してみませんか?当サイトやインスタ内でご紹介させていただきます♪ ツイッターでは、更新情報やキャンプに関する豆知識を定期的に発信していきます。 フォローお待ちしています。