寝具

/

キャンプの眠りを快適に!コンパクトで優秀なキャンプ用枕7選!

のんたん

キャンプの睡眠をサポートしてくれるキャンプ用の枕。

荷物も増えるし、気になるけどまだ使っていないという方も多いのではないでしょうか?

今では様々なタイプの枕が販売されており、心地よく眠れる工夫がされています

自分に合う枕をゲットして、キャンプでも睡眠の質を高めていきましょう。

今回はそんなキャンプ用枕をご紹介します。

キャンプ用枕を選ぶポイントは?

出典:pixabay

キャンプ用の枕の購入を検討する場合、自分の中での優先順位を決めておくとスムーズです。

収納時のサイズ

枕には様々な種類がありますが、収納時にサイズがコンパクトになるかどうか素材によって変わってきます。

出来るだけ荷物を軽くしたいというキャンパーさんは収納時のサイズを事前にチェックしましょう。

中身の素材

キャンプ用枕の中の素材には大きく分けて3つのタイプがあります。

空気を注入するもの、スポンジ素材のもの、タオル等を詰めるもの。中身の素材によって使用時の寝心地が大きく変わってくるので、素材選びも重要です。

洗濯できるかどうか

枕によって洗濯可否が変わってきます。

丸洗いできるのか、カバーだけ取り外して洗うのか。

子供やペットがいて汚れが気になる方は購入前に確認しておきましょう。

キャンプ用枕の種類は?

出典:amazon

キャンプ用枕には素材や膨らませ方などいくつかのタイプがあります。

自分にあったものを選んで快適なキャンプを楽しみましょう。

エアピロー

エアポンプや自ら空気を入れる事で膨らませるタイプの物です。

紹介する種類の中で最もコンパクトに収納可能で軽量なので、荷物を増やしたくない方に向いています。

ただ穴が開いてしまうと使えなくなるのが難点です。

インフレータブルタイプ

中にカットされたスポンジが入っていて、開口部を開ける事で自然に膨らんでくる枕です。

空気を入れる手間がかからないのも魅力です。

エアピローほどコンパクトにはなりませんが、寝心地も重視したいキャンパーにおすすめです。

スポンジタイプ

中身にスポンジや低反発素材が使用されています。

自宅で使っている枕の寝心地に一番近いのがこちらのタイプです。

空気を抜くわけではないので収納時のサイズはそこまで小さくなりませんが、使用感を求める方に向いています。

スタッフサックタイプ

袋に衣類などを詰めて使うタイプです。

普段は荷物入れとして使用し、寝るときは枕になる優れモノです。

詰める物の硬さや量で好みの高さに調節が可能です。

袋さえあればあとは手持ちの荷物を活用できるので手軽に持ち運びできます。

おすすめキャンプ用枕7選!

それではおすすめのキャンプ用枕を紹介していきます。

MAGGHEV エアピロー

出典:amazon

人間工学に基づいた形と空気の調節により、頭と首をリラックスさせた状態で眠りにつけます。

エアピローで懸念される使用時の空気の抜けを防ぐため、気密性を長時間維持できるよう開発されています。

出典:amazon

枕カバーにはストラップが付いてるのでエアベッドやコットに固定すれば睡眠時に枕がずれる事がありません。

長距離移動や作業の腰痛対策としても活用できます。

MAGGHEV エアピロー 製品仕様

使用時サイズ 45cm×34cm
収納時サイズ 8.5cm×12cm
重さ 160g
主な素材 コットン、高品質ポリエステル
種類 エアピロー

MAGGHEV エアピロー レビュー

ストラップでコットに固定できるのが良かった。柔らかく寝心地も良いです。

しっかり空気を入れて固めにしたほうが自分には合っていました。自由に空気の調節ができるので、好みに合わせられるのが嬉しいです。

DANISH BLUE®(デニッシュブルー) ラクマクラ

出典:amazon

日本のブランド「DENISH BLUE」の商品。

3~5回空気を吹き込めば膨らみ、逆止弁付き高機能バルブの搭載で簡単に高さ調節も可能です。

人間工学に基づいた頭部を包み込む形状で、キャンプ好きのメンバーが寝心地を追求して作られた枕です

DANISH BLUE®(デニッシュブルー) ラクマクラ 商品仕様

使用時サイズ 46cm×32cm
収納時サイズ 8cm×13cm
重さ 180g
主な素材 ポリエステル, 熱可塑性ポリウレタン, ポリウレタンフォーム, コットン
種類 エアピロー

DANISH BLUE®(デニッシュブルー) ラクマクラ レビュー

他のエアピローだと柔らかすぎてしまうことがあるが、適度な反発がありとちょうど良い。朝までぐっすり寝られます。

類似商品に比べサイズが大きいので、寝返りを打っても違和感がありません。持ち運びの際コンパクトなのも嬉しいです。

WAQ(ワック) RELAXING CAMP PILLOW

出典:amazon

クッション素材にウェーブ状のウレタンを使用し、首から頭までをしっかりサポート。

枕本体を広げエアバルブを開放すれば自動で空気を取り込み膨らみます。

丸洗い可能な専用シーツも付属しているので睡眠時の汗をしっかり吸収し衛生的です。

色はオリーブとタンの2色展開で、どちらもナチュラルで馴染みやすい色合いです。

WAQ(ワック) RELAXING CAMP PILLOW 製品仕様

使用時サイズ 47cm×31cm
収納時サイズ 37cm×10cm
重さ 430g
主な素材 ポリウレタン
種類 インフレータブル

WAQ(ワック) RELAXING CAMP PILLOW レビュー

硬すぎず柔らかすぎず、家の枕のように快適です。持ち運びの際少しかさばりますが、寝心地が良いので満足です。

空気の開口部が広く、膨らます時も収納時もスピーディーです。

NatureHike(ネイチャーハイク) 自動インフレーターピロー

出典:amazon

スピーディーに膨張、圧縮ができ、空気が足りなければバルブより注入もできます。

背骨をサポートしリラックスして眠れるように設計されています。

複数のカラーが用意されているので、好みに合わせて選びましょう。

家族で色違いにするのもいいですね。

NatureHike(ネイチャーハイク) 自動インフレーターピロー 製品仕様

使用時サイズ 46cm×27cm
重さ 250g
主な素材 TPUコーティング、ポリエステルポンジー、スポンジ
種類 インフレータブル

NatureHike(ネイチャーハイク) 自動インフレーターピロー レビュー

中のスポンジがたくさん入っているため、バルブを開けただけですぐに膨らみます。エアーの抜けも問題なく使用できてきます。

バイクでキャンプに行くのですが、限られた積載量の中にも積みやすく使いやすいです。

Mozambique(モザンビーク)  フリースピロー

出典:amazon

寝心地重視で製作されたウレタンを用いた枕。

程よい弾力で頭全体を包みこみ、外出先でのストレスのない睡眠を目指します。

カバーは肌触りの良いフリース素材。本体もカバーもどちらも洗濯可能です。

中のスポンジの位置を調整する事で好みの高さに合わせられます。

Mozambique(モザンビーク)  フリースピロー 製品仕様

使用時サイズ 34cm×44cm
収納時サイズ 34cm×15cm
重さ 480g
主な素材 ポリエステル、ウレタンフォーム
種類 スポンジタイプ

Mozambique(モザンビーク)  フリースピロー レビュー

1度洗濯するとふわっと膨らみます。キャンプでの使用も朝まで起きる事なくぐっすり眠れました。

中身のウレタンは1枚ではなくブロック状のものが入っているので、曲げたり寄せたり自在に変えられます。すごくコンパクトにはなりませんが、寝心地はとても良いです。

TSGarden キャンプ用ピロー 

出典:amazon

低反発ウレタンを使用し抜群のフィット感を実現しました。

カバーには綿と毛を配合したビエラと呼ばれる素材を採用し、通気性と肌触りのよさを追求。

空気で膨らませる手間がないので、広げたらそのまま使えます。

TSGarden キャンプ用ピロー 製品仕様

使用時サイズ 27cm×35cm
収納時サイズ 14cm×25cm
重さ 462g
主な素材 高品質ポリエステル 、高品質ビエラ
種類 スポンジタイプ

TSGarden キャンプ用ピロー レビュー

低反発枕は値段が高い印象ですが、手ごろで寝心地も良く満足です。

程よい高さで朝までへたる事なく使用できます。カバーと袋が一体化しているので袋を無くす心配がないのも嬉しいです。

THERMAREST(サーマレスト)  スタッフサックピロー

出典:amazon

衣類を中に詰め込んで使用するタイプの枕です。

1972年に創業されアウトドア用品の開発に優れたTHERMAREST社製で、肌触りが良いのが特徴です。ほぼ荷物の場所を取らないのが嬉しいですね。

THERMAREST(サーマレスト)  スタッフサックピロー 製品仕様

使用時サイズ 19cm×43cm
収納時サイズ 12.7cm×15.2cm
重さ 80g
主な素材 ポリエステル
種類 スタッフサックタイプ

THERMAREST(サーマレスト)  スタッフサックピロー レビュー

サイズが以外と大きいので、高いほうが良い場合は詰め物が必要です。

これがあれば別で枕を持っていく必要がないので助かっています。

枕があればキャンプの睡眠もストレスフリー!

出典:amazon

1つあるだけで睡眠の質が格段に上がるキャンプ用の枕。

マストアイテムではないですが、1度使ったらもう手放せなくなるのではないでしょうか。

様々なタイプが発売されているので、自分に合った枕を選んでアウトドアでの快適な睡眠を手に入れましょう。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

のんたん

幼少期から両親に連れられてキャンプをしていました!結婚してからは自分たちで道具を揃えてファミリーキャンプを楽しんでいます。一番好きな時間は朝日を眺めながらのコーヒータイム。最近は燻製にもハマっていて色々な食材を試しています。丁寧で分かりやすい記事を心掛けています。ブログも運営中(https://nontanblog.org/category/camp/