ファッション

/

【2021年】レディース必見!この夏おすすめのキャンプで履くおしゃれで機能的なスニーカー10選!

しま子
しま子

真夏のキャンプ場での履物に悩んだことはありませんか?

「ガンガン動き回りたいけれど、暑くて蒸れるような靴はできれば避けたい」と思ってしまいますよね。

そこで今回は、夏にこそおすすめしたい、おしゃれで機能的なスニーカーを10選ご紹介

「通気性」「透湿性」といった夏にうれしい性能のほか、「着脱のしやすさ」「防水性」といったキャンプシーンに欠かせない性能にも着目したラインナップでお届けします。

夏キャンプにぴったりなおしゃれで機能的なスニーカー10選

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) 「HONEY COMB」

出典:Flower MOUNTAIN公式サイト

2015年に誕生したシューズブランド「フラワーマウンテン」。

アウトドアに適したサンダル展開で注目を集めていますが、キャンプシーンにぴったりなスニーカーも多数登場しています。

この「ハニカム形状」をモデルとしたシリーズは、すっぽりと足を包み込む伸縮性の効いたメッシュ素材が特徴

出典:Flower MOUNTAIN公式サイト

十分なホールド力を保ちながら、通気性のよさと快適さを実現しています。

吸湿性の高いコルクを使用したインソールも特徴的な一足です。

出典:Flower MOUNTAIN公式サイト

価格 17,600円(税込)
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、マーブル、ダークベージュ
サイズ 23.0~29.0

Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン) 「CAMP FM67012」

出典:Flower MOUNTAIN公式サイト

ストレッチニット素材でできた、柔らかなスニーカー。

ニットは通気性の良い特殊構造のものが使われているので、夏場でも蒸れにくくなっています。

その名が表している通り、活発に動き回るキャンプシーンを想定して製作されたモデルです。

かかとの部分を踏めばサンダルのようにも使用できるので、テントからの出入りなどで着脱する機会が多いキャンプでもストレスなく着用できますよ。

出典:Flower MOUNTAIN公式サイト

価格 16,500円(税込)
カラーバリエーション ホワイト
サイズ 23.0~28.0

KEEN(キーン) 「ジャスパー ロックス エスピー」

出典:KEEN公式サイト

KEENのオリジナルアウトドアスニーカーとして、ロングセラーを続けている「ジャスパー」シリーズ。

そのジャスパーがさらに進化し、より脱ぎ履きしやすい仕様として登場しました。

新たなソールユニットの搭載で防滑性能も向上しているほか、全体的な耐久性までパワーアップ

吸湿性に優れたライニング素材が使われているため、夏の着用も快適ですよ。

出典:KEEN公式サイト

価格 14,080円(税込)
カラーバリエーション ダークブルー×グリーンレイク、ブラック×ストーン、タオストープ×エバーグリーン(メンズ:ダークブルー×グリーンレイク、クワイエットシェード×ディナブルー、タオストープ×エバーグリーン、オリーブドラブ×ビビッドブルー、ブラック×セーフティオレンジ)
サイズ 22.5~26.0(メンズ:25.0~31.0)

Danner(ダナー) 「WRAPTOP LIGHT3」

出典:Danner公式サイト

人気モデルの「WRAPTOP」を、より軽量に、より蒸れにくい造りへとアップデートしたモデル。

甲から履き口の部分にはネオプレーン(ウエットスーツなどにも使われる合成ゴム)を採用しているため、脱ぎ履きが楽なだけでなく、伸縮性や防水性、柔軟性にも優れています

出典:Danner公式サイト

また、ソールが足を包むように広く設計されているため、雨上がりなどのぬかるみにも強い一足です。

カラー展開は独特な配色が楽しい3種のほか、「ブラック」や「オリーブ」といったシンプルなものもあります。

出典:Danner公式サイト

価格 7,700円(税込)
カラーバリエーション クラシックタン、スーペリアブルー、ミント×ブラック、グレー×ブラック、ブラック、オリーブ、ツリーカモ
サイズ 22.0~29.0

Snow Peak(スノーピーク) 「W’s TRAIL 2650 GTX SP 5H」

出典:Snow Peak公式サイト

先ほどご紹介したDannerと、Snow Peakとのコラボレーションアイテム

既存の「TRAIL 2650 GTX」モデルをベースとし、アッパーにメッシュ素材を採用、さらに防水透湿性に優れたゴアテックスを取り入れることで、アウトドアシーンでの快適性を向上させています。

カラフルながらも落ち着いた雰囲気のカラーリングは、1990年代を中心にSnow Peakのギアに使用されていた紫などのクラシックカラーをアレンジしたもの。

靴ひもはアジャスター仕様となっているので、着脱も簡単です。

出典:Snow Peak公式サイト

価格 26,400円(税込)
カラーバリエーション パープル、ブラック
サイズ 22.5~25.0(メンズ:25.0~28.5)

CONVERS CAMPING SUPPLY(コンバースキャンピングサプライ) 「QAK CP」

出典:CONVERS公式通販サイト

スニーカーの大定番「CONVERS」が展開している、キャンプにフォーカスした新カテゴリー「CONVERS CAMPING SUPPLY」

耐久性、撥水性、防汚性などに優れた「QAK CP」から、2021年春夏の新色として「ダークベージュ」と「ダークネイビー」が登場しました。

色を極力減らしてワントーンでまとめたデザインは、テントやタープなどのギアともコーディネートが楽しめそうです。

出典:CONVERS公式通販サイト

価格 12,100円(税込)
カラーバリエーション ダークベージュ、ダークネイビー
サイズ 23.0~29.0

HI-TEC(ハイテック) 「AMACRO 3L OX」

出典:HI-TEC公式サイト

イギリス生まれのアウトドアシューズブランド「ハイテック」。

雨の日も快適に過ごせるレインスニーカー「AMACRO」モデルを数多く生み出していますが、その中でも「adapter」シリーズは普段使いできるクラシカルなデザインが魅力です。

出典:HI-TEC公式サイト

アウトドアに適用するタフな機能性と街中でも違和感なく履けるビジュアルを両立しているので、スポーティー過ぎないアウトドアスニーカーを探している方におすすめ。

ベースがレインスニーカー仕様なので、突然の雨が多い夏のアウトドアにも最適ですね。

出典:HI-TEC公式サイト

価格 9,350円(税込)
カラーバリエーション ブラック、ホワイト
サイズ 22.5~29.0

HI-TEC(ハイテック) 「HT HKU16 EASTEND WP」

出典:HI-TEC公式サイト

今年トレンドのボリューミーなソールと、90年代のアウトドアディティールを融合させたデザインが目を引く一足。

湿気を逃がしながらも高い防水機能を持つ「ドライハイストーム」が搭載されています。

高性能でありながら、1万円を切るコストパフォーマンスの良さも魅力です。

出典:HI-TEC公式サイト

価格 8,690円(税込)
カラーバリエーション レッド、ブラック
サイズ 23.0~29.0

Columbia(コロンビア) 「サーフサンドブリーズスリー」

出典:楽天市場

優れた通気性、通水性、速乾性を持つメッシュ素材を使用した、スリッポンタイプのスニーカー。

全体が柔らかい素材でできているため、かかとを踏んでサンダル感覚で着用することもできます。

また、中敷には軽くてクッション性のある「テックライト」を採用。

自宅で洗うこともできるので、常に清潔に、長く愛用することができる一足です。

出典:楽天市場

価格 9,130円(税込)
カラーバリエーション ブラック、ブラックマルチ、カリージャトネイビー、オートピンクマルチ
サイズ 23.0~29.0

Teva(テバ) 「GATEWAY SWIFT」

出典:Teva公式サイト

Tevaらしさのあるくすみカラーがかわいい、2021年春夏の新作モデル。

靴ひもは強いホールド力を持ちながらも、ワンタッチで着脱できる仕様です。

出典:Teva公式サイト

また、クッション性の高いソール部分には抗菌加工が施されており、気になる足の臭いを緩和してくれる仕組みに。

ちなみに、メンズの「GATEWAY SWIFT」は、レディースとは異なるカラー展開となっています。

カップルや夫婦で色違いを楽しむのもおすすめですよ。

出典:Teva公式サイト

※画像はすべてレディース

価格 12,980円(税込)
カラーバリエーション アラゴン、ブラック、セージグリーン(メンズ:ドリズル、ブラック、ダークオリーブ)
サイズ 22.0~26.0(メンズ:25.0~30.0)

夏のキャンプは足元から快適に!

Danner公式サイト

靴ズレすると1日ずっと気が滅入ってしまうように、足元に抱えたストレスは意外とその日の気分を左右してしまうもの。

夏の大敵である「湿気」や「暑さ」にも対応するストレスフリーなスニーカーを履いて、真夏のキャンプを快適に楽しんでくださいね。

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

しま子

しま子

キャンプとお酒と離島旅を愛する兵庫県民。お酒にあう料理・景色・シチュエーションを日々探求している。主なフィールドは関西一円と瀬戸内海沿岸エリア。エンタメ系雑誌の編集部勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。いつか猫と暮らしたい。