ファッション

/

雨の日のキャンプが楽しくなるレインブーツおすすめ7選!選ぶポイントもご紹介!

ZEEN

雨で足元がビシャビシャに濡れるとせっかくのキャンプもテンションガタ落ち。

そんなときレインブーツがあれば雨の日のキャンプも快適に楽しめます。

そこで今回は、キャンプにおすすめのレインブーツを厳選してご紹介

「長靴タイプ」や「折りたたみタイプ」など、種類別でピックアップしていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

雨の日のキャンプを快適にするレインブーツの選び方とは?

出典:フィールドア公式サイト

レインブーツには、タウンユースモデルからビジネスでも履けるおしゃれなタイプなど種類はさまざま。

雨の日のキャンプを快適に楽しむためには以下の3つのポイントに注目して最適なレインブーツを選ぶようにしましょう。

  • 雨や土の侵入を防ぐ長靴タイプ
  • 持ち運びに便利な折りたたみ(パッカブル)タイプ
  • ぬかるんだ路面でも滑らないグリップ力

それぞれのポイントをひとつひとつ解説していきます。

ポイント①:雨や土の侵入を防ぐ長靴タイプ

出典:楽天市場

タウンユースでは脱ぎ履きしやすいショート丈が便利ですが、キャンプで使用するには長靴タイプが最適

雨や土などが簡単に侵入しないよう防止することができます。

履き口が絞れるドローコードがあればより効果的です。

ポイント②:持ち運びに便利な折りたたみ(パッカブル)タイプ

出典:楽天市場

雨に備えて自宅からレインブーツを履いていったけど、脱ぎ履きが面倒でテントの出入りが超大変…といった経験はありませんか?

そんなことがないように、コンパクトに収納することができる折りたたみ(パッカブル)タイプがあれば、荷物もかさばらずバッグに詰めて持ち運ぶことができます。

ポイント③:ぬかるんだ路面でも滑らないグリップ力

出典:楽天市場

歩きやすく舗装された路面とは違い、未舗装のキャンプ場は一度雨が降れば地面がぬかるんで滑りやすくなります。

滑って怪我をしないためにも、溝が深くてしっかり地面をグリップするソールを採用したレインブーツを選びましょう

それでは次より、3つのポイントに注目して実際にキャンプに最適なレインブーツをチェックしていきましょう!

おすすめレインブーツ【長靴タイプ】

それではここから、長靴タイプのおすすめレインブーツを紹介していきます。

長靴タイプは足元を雨からしっかりガードすることができます。

ハンター:オリジナルトールレインブーツ

出典:ハンター公式サイト

ハンターオリジナルブランドを代表するロング丈ブーツ。

天然ラバー素材を使用し、28ものパーツを3日かけて仕上げられたハンドメイドブーツです。

メンズ・レディースともにアイテムがラインナップ。

幅広いシーンで雨から足元を保護してくれます。

サイズ レディース:3(22.0cm)〜9(28.0cm)
メンズ:6(25.0cm)〜12(31.0cm)
材質 表地:100%ゴム製、裏地:100%ポリエステル製
カラー レディース:ブラック・ミリタリーレッド・ネイビー・イエロー・スウィートゲールグリーン・オリーブグリーン
メンズ:ダークオリーブ・ネイビー

口コミ・レビュー

可愛らしい!膝下まで長さがあるので雨の日も安心です。

エーグル:パークル ラバーブーツ

出典:エーグル公式サイト

耐久性に優れたエーグル伝統のナチュラルラバーを使用したロング丈ラバーブーツ。

衝撃を吸収し優れた履き心地が特徴の3密度ラバーソールを採用しています。

アウトドアライクなソールやおしゃれなシルエットが特徴。

ブロンズとブラウンの2カラーがラインナップしています。

サイズ 41(25.5cm)〜44(27.0cm)
材質 天然ゴム
カラー ブロンズ・ブラウン

口コミ・レビュー

エーグルは高品質のブーツで履き心地がよく、重すぎず寒い日にも十分暖かいです。

おすすめのレインブーツ【折りたたみ(パッカブル)タイプ】

ここからはコンパクトに収納して持ち運びに便利な折りたたみ(パッカブル)タイプを紹介します。

Kiu(キウ):パッカブルレインブーツセカンド

出典:Kiu公式サイト

フェスやイベントで大人気のレインアイテムを数多く展開する「Kiu(キウ)」のパッカブルレインブーツ。

クルクルとコンパクトに丸めて持ち運びすることができます。

履き口まわりのドローコードを絞ることで水の侵入を防止し、低反発素材の中敷きを採用。

雨の日でも快適な履き心地でアウトドアが楽しめます。

サイズ S・M・L・LL・3XL(23.0〜28.5cm)
材質 本体:合成ゴム、裏地:ポリエステル100%、履き口:ポリウレタン
カラー ブラック・ブラウン・レッド

口コミ・レビュー

持ち運びに便利で大変気に入りました。身長158cmだと膝裏いっぱいまでくる長さがあります。

FIELDOOR(フィールドア):レインブーツ

出典:フィールドア公式サイト

自然を楽しむキャンプ用品を展開している「フィールドア」のレインブーツ。

履き口から雨や土が侵入しないように調整できるドローコードやぬかるみでも脱げにくい形状が特徴です。

折りたたんでコンパクトに持ち運べる収納ケース付き。キャンプやフェス、ガーデニングなど幅広く活躍します。

サイズ 23・24・25・26・27・28cm
材質 天然ゴム・ポリウレタン・ポリエステル
カラー ブラウン・ネイビー・カーキ・ブラック・ワインレッド

口コミ・レビュー

軽くて歩きやすい!脱げもしないのでおすすめです。

日本野鳥の会:バードウォッチング長靴

出典:Amazon

2004年に初代バードウォッチング長靴が発売されて以来のロングセラーモデルである「日本野鳥の会」のレインブーツ。

コンパクトに折りたたみができ、ぬかるみでも歩きやすいアウトソールを採用しています。

その日の気分で付け替えることができるカラフルなコードロックが付属。

迷ったらコレ!というほど人気の高いおすすめブーツです。

サイズ SS(23)・S(24)・M(25)・L(26)・LL(27)・3L(28)・4L(29cm)
材質 ゴム
カラー ブラウン・グレー・グリーン

口コミ・レビュー

コードを絞れば雨が侵入する心配もなく、折りたたんでコンパクトになるので使い勝手や携帯性ともに大変満足です。

おすすめのレインブーツ【グリップ力に優れたタイプ】

ここからはグリップ力に優れたレインブーツを紹介していきます。

ザ・ノースフェイス:ベースキャンプブーティーショートWPスペシャルエディション

出典:ゴールドウィン/ザ・ノース・フェイス公式サイト

ザ・ノースフェイスが展開する「高機能ブーティーBACE CAMP」シリーズの限定カラーモデル。

透湿防水素材を採用しフィット感に優れているのが特徴です。

あらゆる路面に安定したグリップ力を発揮するアウトソールを採用。

キャンプをはじめ日常の普段履きとしても使用できます。

サイズ 5(23)・6(24)・7(25)・8(26)・9(27)・10(28cm)
材質 アッパー:PUソフトレザー、TEKWPROOF防水メンブレン、カップインソール
ボトムユニット:EVANSミッドソール、AMPHI-GRIPラバーアウトソール
カラー TNFカモプリント×TNFブラック

口コミ・レビュー

夏に履いたら蒸れるか心配だったけど、蒸れも少なく雨にも濡れないからとてもよかった。

コロンビア:ラディ リーフ

出典:コロンビア公式サイト

軽量に仕上げられたコロンビアの定番レインブーツ。

折りたたんで持ち運びできるほどソフトなラバー素材を使用しながら自立する強さも兼ね備えています。

クッション性の高いEVA素材のインソールを内蔵しグリップ力に優れたアウトソールが特徴。

高機能でありながらお財布に優しい値段もポイントです。

サイズ 23・24・25・26・27・28・29cm
材質 ラバー、シンセティックレザー
カラー ハイカーグリーン・ブラック

口コミ・レビュー

想像以上にソールが柔らかく、足部の可動域を制限しないので長靴の中では歩きやすい方だと思います。

 

まとめ

今回は、キャンプにおすすめのレインブーツをタイプ別に紹介してみました。

舗装されていない道を雨のなか歩くと足元をビショビショに濡らしたり滑って転倒したりして危険がいっぱい。

そのため、しっかり足元をガードしてくれる長靴タイプでグリップ力に優れたレインブーツがおすすめです。

折りたたみできるレインブーツなら荷物もかさばらず持ち運びできるのでキャンプに最適。

ぜひ今回紹介したおすすめモデルを参考に、雨の日も快適なキャンプライフを楽しんでみてくださいね!

\ "いいね"と思ったらシェアをお願いします! /

ZEEN

元アウトドアショップスタッフのZEENです。人類が月面着陸した時代に大阪の橋の麓で生まれました。山の魅力にどっぷりハマって早15年。山頂キャンプをこよなく愛し、浅く・広く・ゆる〜く♬アウトドア活動に励んでいます。接客経験や実体験を元に、役立つアウトドア情報を発信していきます!